ライター : 3_ori

グルメライター

旅行と美味しいものが大好きな都内在住のOLライター。休日はよく都内でパン屋さん巡りとカフェ巡りをしています。パン好きが高じて家でもパン作りに励む日々。

【イートイン】渋谷のおすすめスイーツ6選

1. 有名なコスメティックブランドから誕生!「ロクシタンカフェ」

Photo by @romita164

「L'OCCITANE Cafe(ロクシタンカフェ)」は有名なコスメティックブランド「ロクシタン」から派生したカフェです。渋谷駅ハチ公口を出てすぐのスクランブル交差点を渡った先にあり、イメージカラーである黄色の外観が目印。

1976年にオリビエ・ボーサンが蒸留したローズマリーのエッセンスオイルを、南仏プロヴァンスで販売したことが「ロクシタン」の始まりとされています。

それ以来、スキンケアやヘアケアといった製品を通じてプロヴァンスの生活を提案しており、「ロクシタンカフェ」でもプロヴァンスのエッセンスを加えたスイーツが味わえます。

クレームブリュレ ロクシタン

Photo by @koriaiesulu

880円(税込)
パフェやティラミスといったさまざまなスイーツメニューがあるなかで、ぜひ注文していただきたいのが、一番人気の「クレームブリュレ ロクシタン」です。

焦がされたほろ苦いカラメルを割って、濃厚なプリンといただきましょう。カラメルのパリパリした食感とプリンのしっとりとした食感が同時に楽しめます。苦味と甘みの相性が抜群で、食べる手が止まらなくなるひと品ですよ。
店舗情報

2. 自慢のパンを使ったメニューが豊富「パンとエスプレッソとまちあわせ」

Photo by @mi____gram25

「パンとエスプレッソとまちあわせ」は、大人気の「パンとエスプレッソと」の姉妹店。2020年8月にMIYASHITA PARK(宮下パーク)内にオープンしました。“渋谷の新たなまちあわせスポットになれたらといいな” という想いが店名に込められています。

「パンとエスプレッソと」は2009年に表参道に1号店をオープンしてから、今もなお行列ができる有名店です。毎日食べても飽きのこない味を日々追求しており、直営店とのれんわけを合わせて、なんと全国に23店舗を展開しています。

まちあわせのフレンチトースト

Photo by @kana__chic

900円(税込)
「パンとエスプレッソとまちあわせ」に訪れたら、このお店でしか味わうことができない限定メニューをいただきましょう!

「まちあわせのフレンチトースト」は、こだわりの食パンの上にのったカスタードを、バーナで焦がしていただく贅沢なフレンチトースト。口の中にパンとカスタードの甘さが広がります。

パンは店内で購入可能なので、買って帰ることもできますよ。フレンチトーストで使われている食パン「ムー」のほかに、変わり種のパンも多く用意されています。
店舗情報

3. 一日の締めに立ち寄りたい!「夜パフェ専門店 パフェテリア ベル」

Photo by @maruri__04

道玄坂の雑居ビルに店舗を構える「夜パフェ専門店 Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)」は、北海道発祥の夜パフェのお店です。“お酒を飲んだ後に楽しむ〆パフェ” をコンセプトにしています。

北海道の大自然をイメージした店内は白を基調としており、ナチュラルな木のテーブルとイスが温かみを演出。さらに、ドライフラワーやおしゃれな照明といったインテリアが、落ち着く空間を作り出していますよ。

ピスタチオとプラリネ

Photo by @cafe_toka_iroiro

1,600円(税込)
店内でいただけるのが、見た目もかわいらしいパフェです。季節ごとにメニューが変わるため、訪れる度に新しい味が楽しめますよ。何度でも訪れたくなってしまいます。

お酒を飲んだあとでもおいしく食べられるように、パフェは生のフルーツを使ったソルベや、さっぱりとしたジェラートを使って、甘さ控えめに作られています。

渋谷でディナーをしたあとに、〆にぴったりの絶品パフェを食べに訪れましょう!
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ