ライター : macaroni トレンド

macaroni 編集部のトレンドチームアカウントです。食と暮らしのトレンドに関する情報をお届けします。

Twitterで51万いいね!アイデアの天才現る

2021年12月15日、Twitterに投稿されたあるツイートが猛烈なスピードで拡散。現在リツイート数は9.4万、いいねは51万を獲得しています。

注目の的になっているのは、クリエイターのミチル(@mitiruxxx)さんが考案した、お好み焼きの形を模した鉛筆削りのアイデア。「ただただ、すごすぎる」「天才はここにいたか……」と、そのアイデアを絶賛する声が殺到しています。

一見すると「ミニチュアのお好み焼きか、かわいいな」と思うくらいかもしれませんが、ここまで話題になる要因はその先にありました。

鉛筆の削りカスがかつお節風に変身する

Photo by ミチル @mitiruxxx

ただのお好み焼き型ではありません。鉛筆を差し込んで削ると、その鉛筆の削りカスが “かつお節” のような姿になるというのが最大のポイント。なるほど、この発想はありませんでした……脱帽です。まさに天才としか言いようがありません。

赤と緑の鉛筆で紅しょうがと青のりに!?

コメントには「なにこれ欲しい」「あまりに削るのが楽しくて、家中の鉛筆がなくなりそう」「小学生のころにこれがあったら、勉強する気になったかもしれない」などの声が。

「仕上げに赤鉛筆を削って紅生姜、緑鉛筆で青のりにする」
というナイスアイデアもありました。なお同ツイートは海外でも拡散され、返信コメントには英語コメントもあふれかえっていますよ。

今のところ商品化はなし

Photo by ミチル @mitiruxxx

「え、架空なんですか? Amazonを開くとこだったー!」とのリプライがあるように、残念ながら商品化はされておらず、あくまでもこちらはグラフィックイメージ。

ただテレビ番組でも紹介され、番組のスタッフさんがサンプルを作成したそうですよ。いつか商品化が実現されたら、爆発的なヒット商品になりそうな予感がしますね。

ミチルさんの過去の作品も素晴らしかった…

今回「お好み焼き風の鉛筆削り」で注目を浴びたミチルさんですが、じつは過去に投稿したツイートも何度も話題になっていたのです。

粉吹きがリアルな「干し芋ガム」

今年の秋に投稿された干しいも風の板ガムのアイデア。「ちょっとしたおやつが食べたいときに、こういうのがあるとありがたい」「登山やピクニックとか、荷物を少なくしたいときによさそう」と商品化を望む声が集まりました。

「天日乾燥」の商品説明が描かれたパッケージをめくると……。

Photo by @mitiruxxx

なんともリアルな質感の干しいも風板ガムがお出まし!もともと板ガムはくっつき防止のために粉がついていますから、その構造を活用したナイスな発想ですね。
Photos:4枚
鉛筆削りのカス
鉛筆削り
包み紙に入った干し芋ガム
ねぎの飴
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ