ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

今年の年末年始、アメリカンポークで絶品ローストポークはいかが?

Photo by 木下誠

みなさん、今年の年末年始の予定はもう決まっていますか?お出かけする人やおうちでゆっくり過ごす人……さまざまな予定があると思いますが、おうちでちょっと豪華なごはんを作ろうと思っている方必見!

今、おもてなし料理や特別な日のメイン料理に一番おすすめしたいのが、アメリカンポークで作るジューシーなローストポークです。アメリカンポークは、旨味をしっかり感じる肉質が最大のポイント。これがシンプルでダイナミックな料理に最適なんです。

なぜ、そんなにおいしいのか?アメリカンポークのおいしさの秘密をお教えしましょう。そしておすすめの「超簡単!絶品ローストポーク」の作り方も後ほどご紹介するのでお楽しみに!

おいしさの秘密は、じっくり寝かせる“熟成”の時間

Photo by 米国食肉輸出連合会

アメリカンポークというのは、名前からもわかるように米国から日本へやってくる豚肉すべてを指しています。スーパーなどでラベルに米国産、アメリカ産と表記がされているものは、すべてアメリカンポークなんです。

アメリカンポークの主な産地はアメリカ中西部。コーンベルトと呼ばれる大穀倉地帯になります。そこで収穫された、大豆やとうもろこしなどの栄養豊富な穀物を食べて育っているのが特徴のひとつ。そして、おいしさの秘密は日本へ運ばれてくる輸送の時間。この期間、チルド状態でじっくり寝かせて低温熟成されることで、旨味が濃いのにクセはなく、肉質が良い状態に仕上がります。

この上質な肉質がローストポークなど、素材の味をダイナミックに味わう料理におすすめの理由。

また、アメリカンポークは国産の豚肉などに比べて脂身が少ないことも特徴のひとつです。そしてビタミンB群を多く含み、良質なたんぱく質が豊富なうえに低脂肪・低カロリーなので、体にもうれしいこと尽くしですね。

超簡単!旨みがギュッと詰まった、肉汁溢れるローストポーク

ぎゅっと旨みが凝縮されたアメリカンポークで作る、「超簡単ローストポーク」レシピをさっそくご紹介します!

Photo by 木下誠

<材料(6〜8人分)>
アメリカンポーク ブロック肉(ロース)…1Kg
塩…小さじ4杯
天板にいれる水…2カップ

<作り方>
1. 120℃に温めたオーブンの天板にお湯を入れ、網をのせます。
2. アメリカンポーク全体に塩をよくすり込み、120℃で80〜90分を目安にゆっくり火を通します。
3. オーブンから出したら、肉汁を閉じ込めるためアルミホイルにくるみ、20分ほど休ませれば完成!
※ 今回は低温でじっくりしっとり焼き上げた後、フライパンで表面を香ばしく焼きました。

<ポイント>
お肉は必ず加熱する30~40分前に出して常温に戻しておきましょう。
調理時間は目安になります。ご家庭のオーブンに合わせて調整してください。

Photo by 木下誠

こちらが完成したローストポークです。アメリカンポークと塩と水だけというシンプルな材料で作られていますが、果たして味わいはいかに……?

さっそくひと口食べてみると、思わず「おいしい!」と声が出てしまいました。しっとりとした食感と、肉本来の旨みが口の中いっぱいにじゅわっと広がります。また表面に刷り込んだ塩が肉汁と相まって、ほどよい塩気を感じました。余計な調味料などはいらず、このままいくらでも食べられてしまいそうなおいしさです。

とても簡単なのにこんなにおいしく仕上がる理由は、焼き終わったあとアルミホイルに包んで時間を置くこと。肉汁がローストポーク全体にじっくり染み渡り、冷めてもおいしい仕上がりになるんです。何かと忙しい年末年始、まず先に作っておくのもおすすめですね。

今回ちょっと多めの1kgサイズで作りましたが、当日はそのままのおいしさを楽しみ、翌日はアレンジするのもおすすめ。そこでローストポークを使ったアレンジレシピをふたつご紹介します。

120℃かんたんローストポークと豆のさっと煮スープ

Photo by 米国食肉輸出連合会

まずご紹介するのは、しっとりジューシーなローストポークとおうちにある野菜や豆の水煮缶さえあれば簡単に作れる具材たっぷりのトマトスープです。ポイントは少しすし酢を加えること。こうすることで、後味がスッキリした味わいに仕上がります。

ローストポークや野菜などの旨みを丸ごと食べられる嬉しいスープですね。そのまま食べるのはもちろん、チーズやバゲットを入れたり、ごはんを入れてリゾットにするのもおすすめです。

120℃かんたんローストポークのじゃがいものグラタン

Photo by 米国食肉輸出連合会

続いてのアレンジレシピは、じゃがいもとローストポークで作る簡単グラタンレシピ。ホワイトソースはレンジで作れる時短レシピなので、料理初心者の方でも簡単にグラタンが作れそうですね。

旨味が凝縮されたローストポークとホクホクのじゃがいもは、ホワイトソースとの相性抜群!たっぷりチーズものっていて、子供から大人まで大好きな味わいのグラタンです。

絶品ローストポークで最高の2022年を迎えよう!

Photo by 木下誠

思わずお腹がすいてしまいそうな魅力たっぷりのアメリカンポーク、いかがでしたか?ぎゅっと凝縮された旨みとやわらかい肉質、脂身の少ない赤身は、日本人なら誰もが喜ぶ味わいです。

そして、年末年始のメイン料理として活躍してくれるローストポークは、素材本来のおいしさが重要。この味わいを出すためには、アメリカンポークで作ることをぜひおすすめします。

ふだんの生活のなかで意識をして見てみると、私たちのまわりのスーパーなど至るところでアメリカンポークは売られているはずなので、ぜひ見つけてみてくださいね。

Photo by 米国食肉輸出連合会

Photo by 米国食肉輸出連合会

商品紹介

Photo by 木下誠

商品名:アメリカンポーク ロースブロック肉(1kg)

※ アメリカンポーク(米国産豚肉)は全国の各スーパーでご購入いただけます。店頭でブロック肉が販売していない場合は、精肉売り場の方にお問い合わせください。また、オンラインでも購入できます。Googleショッピングなどで「米国産豚肉」と検索ください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ