ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコではどんなバターが買えるの?

Photo by akiharahetta

料理に欠かせないバター。トーストに塗ったり、お菓子作りに使ったり、さまざまな使い道がありますよね。本記事ではコストコで購入できるバターを3つご紹介。コストコというと輸入品のイメージですが、国産もあるんですよ。

国産商品1つと輸入商品2つを織り交ぜ、それぞれの特徴や、価格、おすすめの食べ方を詳しく解説します。次回購入の際、ぜひ参考にしてくださいね。

1. 森永乳業「北海道バター」3パック

Photo by akiharahetta

998円(税込)
1つめにご紹介するのは森永乳業「北海道バター」。スーパーやドラッグストアなどでお馴染みのブランドですよね。

コストコでは200gを3箱セットで販売中。メーカー希望小売価格410円(税別)の商品なので、200円以上お得ですよ。3個となると食べきれるか不安ですが、筆者が購入した商品の消費期限は6ヵ月あり、これなら大丈夫そうです。

軽くてフレッシュ。国産の白いバター

Photo by akiharahetta

森永乳業「北海道バター」は、北海道産生乳100%で作られています。見てください!この白い色。なんとも綺麗ではありませんか。搾りたての牛乳を連想させるフレッシュさです。

味わいは軽くてミルキー、なめらかでクセがありません。国産だけあり、日本人の舌によく合う味ですよ。

シンプルなバタートーストがおすすめ

Photo by akiharahetta

おすすめの食べ方はバタートースト。まろやかでなめらかなおいしさを味わうにはシンプルなアレンジが1番です。ミルキーな「北海道バター」を思う存分堪能できます。

パンに染みこませてもいいですし、冷たいバターをのせて食べてもOK!筆者的にはどちらかというと、固形のまま食べるのがおすすめです。軽いので胃もたれせずにいただけますよ。

2. イズニー サントメール「AOP 無塩バター」

Photo by akiharahetta

1,548円(税込)
2つめはIsigny Ste Mere(イズニー サントメール)の「AOP 無塩バター」。フランス産の発酵バターで、ちょっと贅沢なひと品といった感じです。AOPは優れた酪農品のみに与えられるEU共通の制度。高い品質であることを証明された商品ですよ。

本品の特徴はなんといっても独得な筒状の形。高級スーパーなどで見かけることもありますよね。通常はもっと小さいのですが、コストコは500gの大容量サイズ。筒も長~い!

風味抜群!おいしすぎると評判のバター

Photo by akiharahetta

パッケージは包装紙1枚。破らないよう注意しつつ開封すると、なかから黄色いバターがお目見えしました。先ほどの国産のものよりかなり黄色味が強いですね。

ヨーロッパでは発酵バターが主流で、本品もそのひとつ。べたつくような脂っぽさとは無縁、爽やかな風味でおいしいバターです。やわらかくて塗りやすいのも特徴。ファンが多いのも納得の味わいです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ