ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

あなたもフィンランド人のようにキノコが大好きに!

Photo by Visit Finland(フィンランド政府観光局)

フィンランドは秋になると、キノコ王国になります。国土の74%が森林なので、野生のキノコが自生しており、秋になるとフィンランド人の多くは週末にキノコ狩りに出かけます。

そのため、フィンランドのSNSは、自分たちで収穫してきた森の恵みの投稿で大盛り上がり!フィンランド人にとってもっともも人気のある秋の定番メニューにも、キノコが使われ、地元で採れたジャガイモにミキイロウスタケのソースを添えたひと品がよく食べられています。

今回は、国営の林野事業を営む組織、メッツァハリトゥス(Metsähallitus)からフィンランドの国立公園の指南役に選ばれ、また自身がレイクランドで営むプンカハルユ・ホテル(Hotelli Punkaharju)でキノコのコース料理を提供するキノコの専門家、Saimi Hoyer氏のキノコについてのアドバイスとおすすめレシピをご紹介します。

初めてでもキノコを楽しめる5つのポイント

食べられるキノコを見分けるために、何冊か本を読んで研究

Photo by Visit Finland(フィンランド政府観光局)

キノコは、本によって少しずつ映り方が違いますが、それは写真を撮る季節や気候が異なるからです。そのため、キノコを確実に見分けるためには、何冊か違う本で調べておく必要があります。

また、キノコを地面から掘りだすときは、柄と根本のツボを含め、全体を採ることも大切です。なぜなら、柄とツボの部分から、食べられるものとそうでないものを見分けることができるからです。確実に見分けることができない場合は、食べてはいけません。

仕切りを付けた通気性の良いバスケットとナイフを用意

Photo by Visit Finland(フィンランド政府観光局)

風雨に耐えられる服装とナイフのほか、通気性の良いバスケットを用意しましょう。キノコは絶対にポリ袋やリュックサックに入れてはいけません。密閉してしまうと汗をかき、傷んでしまいます。

かごの中に紙や小さな木片で仕切りを作り、違う種類が混ざらないようにしましょう。そうすることですぐに傷んだり、黒くなるのを防ぐことができます。

キノコをどこで、どのようにして見つけるか

キノコは森の湿ったあたたかい場所でよく成長しますが、前夜に雨が降った翌日、日差しのある晴れた日に摘むのがベストです。キノコがどこに生えているかは、種類にもよりますが、落葉樹や枯れ木の近くをよく探すと見つかるでしょう。手に二握りもあればひとり分の食事に十分な量です。なるべく地面から丸ごと切り取りましょう。

キノコはすぐに調理すること

Photo by visit Finland(フィンランド政府観光局)

採れたてのキノコは、森の中で葉っぱや虫、カタツムリなどを除去してきれいにします。そして帰宅したらすぐに調理しましょう。もし採りすぎた場合は、冷凍したり、乾燥させて保存することもできます。乾燥させるには、薄切りしたキノコをオー ブンの鉄板に並べ、40 度に熱したオーブンで、扉を少しだけ開けた状態で 4、5 時間焼きます。

キノコの味を知るため、試食をする

キノコはそれぞれ違った味わいがあるので、すぐに鍋の中で混ぜてしまわない方がいいでしょう。ひと口でも試食すること で、それぞれがどのような味なのか知り、自分はどれが好きか見極められます。例えば、ヤギタケはオリーブ油で炒め、パ セリ、タイム、レモン、そしてシナモンを少々加えて食べてみてください。
Photos:6枚
フィンランド キノコ狩り
フィンランド キノコを楽しめる5つのポイント
フィンランド キノコを楽しめる5つのポイント
フィンランド キノコを楽しめる5つのポイント
シャグマアミガサタケとラムソンのトースト レシピ
Visit Finland / Photographer Toni Panula
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ