ライター : o_suzu

食を誰かと楽しむ時間がすきな会社員。得意分野は、ビストロ・餃子・カフェ・パン。思いがけない食材の掛け合わせにときめきを感じます。

東京初進出!和歌山の果物専業農家のフルーツパーラー

Photo by 観音山フルーツパーラー

明治44年創業、和歌山県で6代ものあいだ続く果物専業農家が営む観音山フルーツパーラーが、2021年10月18日(月)に東京の銀座にオープンしました。

観音山フルーツパーラーのフルーツは、1年を通して温暖な気候に恵まれている環境のもとで高品質に生産されています。この新鮮なフルーツをより多くの方に届けたい、という思いからパフェを中心としたスイーツを展開しているそう。

このたび開店したのは、記念すべき東京進出の第一号店。和歌山県の農園に併設されている観音山フルーツパーラー本店は、連日満席となるほどの観光名所です。この記事では、そんな産地直送のフルーツを味わうべく、お店にお伺いしました。

東京・銀座「観音山フルーツパーラー」

Photo by 観音山フルーツパーラー

観音山フルーツパーラーがあるのは、東銀座駅から徒歩で約3分、ビルや商業施設が立ち並ぶ大通りに面した「東急ステイ銀座」の1階です。

ガラス張りの入り口を潜ると、色とりどりのフルーツやフルーツを使用した食品が立ち並ぶ様子が見て伺えます。店内の座席はカウンターやテーブル席の用意があり、カウンター席では、パフェを作る様子を目の前で見ることもできますよ。

また1階に加え、小上がりになった場所にもテーブル席があり、この空間の壁には観音山フルーツガーデンでフルーツを生産する方々の様子がわかる写真とメッセージが書かれたパネルが展示されています。生産者のみなさんのフルーツへの想いを感じ取ることができ、ほっこりとした温かい気持ちになりました!

和歌山県産ふわトロいちじくパフェ

Photo by 観音山フルーツパーラー

1,890円(税抜)
今回筆者がいただいたのは、旬のいちじくを使用した「和歌山県産ふわトロいちじくパフェ」です。

実は、同店で使用されているフルーツの生産地、和歌山県紀の川市はいちじくの生産量が日本一!旬でもぎたて、完熟のいちじくがたっぷりとトッピングされた贅沢なパフェです。

いちじくが旬の8月ごろ〜10月ごろまでの期間で提供です。

いちじくのふわトロ食感がたまらない

まずはパフェのトップにある、ドライいちじくがトッピングされた焼き菓子のチョコがけからいただきます。やさしい食感の焼き菓子とパリッとしたいちじくで、ひとくち目からおいしさが広がりますね。

パフェの中身は、生いちじくや自家製のいちじくアイス、観音山フルーツパーラーの自社工房で生産されたいちじくジャム。口に入れると、爽やかな生いちじくの味わいとクリームのまろやかさが融合し、まさにふわトロ食感です。どこを食べてもいちじくづくしですが、全体的にさっぱりとした味わいなので、ペロリといただくことができました。

いちじく好きにはたまらない逸品ですね。

和歌山県産4種の柿のフルーツパフェ

Photo by 観音山フルーツパーラー

1,890円(税抜)
いちじくだけでなく、柿の生産量も日本一の和歌山県。

「和歌山県産4種の柿のフルーツパフェ」は、その名の通り、和歌山県の4種の柿を使用した贅沢なパフェです。盛り付けはシンプルながらも、オレンジや白、グリーンの色合いが鮮やかで目を惹かれます。

本商品は、柿が旬の10月ごろ〜12月ごろまで提供されます。

個性豊かな柿の風味を楽しめる

Photo by 観音山フルーツパーラー

パフェのまわりを彩るのは、柿の王様とも言われる「太秋柿」と黒みがかかっためずらしい見た目の「紀ノ川柿」、柿らしいオレンジ色の「平種無柿」の3種類。パフェの中央には、半生のドライフルーツにした「あんぽ柿」がのっています。

それぞれの柿ごとに、食感も甘みも変わるため、口に運ぶたびに異なる味わいを楽しめるのが魅力的。

柿の下へ食べ進むと、サクサクのパイや観音山フルーツパーラーで作られた抹茶とほうじ茶のマーブルアイス、抹茶のクッキー、抹茶のプリンなど、抹茶を中心としたスイーツをたっぷりと味わえますよ。

ぜひ、種類豊富な柿と抹茶のスイーツの組み合わせを楽しみながらいただいてみてください。
Photos:10枚
「観音山フルーツパーラー」の外観
「観音山フルーツパーラー」の店内
いちじくのパフェ
いちじくパフェのアップ
柿のパフェ
柿のパフェのアップ
いちごやみかんのパフェ
キウイやリンゴのパフェのアップ
ぶどうとみかんのフルーツサンド
フルーツパフェやフルーツサンド
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ