4. センス抜群のカフェ「浅煎りコーヒーと自然派ワイン ティピカ」

「浅煎りコーヒーと自然派ワイン」と店名に謳うカフェ「Typica(ティピカ)」は、その名の通り、コーヒーや紅茶、ワインなどをスイーツとともに楽しむことができるイタリアンカフェ&ビストロ。

カフェやランチだけでなく、夜も営業しているので、はやりの「シメパフェ」をいただくことができるのも特徴的。大人の嗜好品をぎゅっと詰め込んだようなお店です。

シメパフェとしても最高「季節のパフェ(シャインマスカット)」

1,540円
おすすめは、「季節のパフェ」です。シャインマスカットの甘みを存分に味わうために、アイスはバジルやローズマリーといったハーブ系に統一。さらにクリームチーズのアイスで、全体がまろやかな味わいになっています。

グラスの底にはぶどうのジュレが敷かれており、さっぱりとした後味に。店内の内装、外観、そして器やグラスのセレクトから統一感があり、訪れるだけでわくわくしますよ。

5. 芸術的でフォトジェニック「ラトリエ ア マ ファソン」

Photo by @shannon527527

世田谷区上野毛にある「L'atelier à ma façon(ラトリエ ア マ ファソン)」は、芸術的で美しいパフェが食べられるパフェ専門店。浅めのグラスに飾られるように盛られたパフェを、目でも舌でも楽しむことができます。

駅からも約60mとアクセスが良く、電車でも訪れやすいお店。記念日や誕生日などの特別な日はもちろん、自分へのご褒美としても親しまれています。

見た目にキュンとする「旬の洋梨と葡萄をふんだんに使った晩夏のピュイダムールキャラメルアイス入り」

3,520円(税込)
グラスをぐるっと囲むように敷き詰められたぶどう、クリームの隙間を埋めるかのように飾られたフルーツやエディブルフラワー。見ているだけでうっとりしてしまいますね。

どの方向から眺めても美しく、おいしいパフェは、パフェ専門店ならではの魅力。特別な日に、なんでもない日に、訪れてみてはいかがでしょうか。

6. 北海道産、シメパフェの専門店「イニシャル 表参道」

シーズンごとにパフェのメニューが入れ替わる「INITIAL(イニシャル)表参道」は、北海道からきたシメパフェ専門店。旬のフルーツを贅沢に使ったパフェが食べられると人気のお店です。

パフェによって使うグラスも分けられており、そのパフェが一番映えるグラスに盛り付けられています。何層にも重なるパフェを横から見ると、食べるのがもっと楽しみになりますね。

ワイングラスを彩る「パルフェ ポム」

丸めのワイングラスに盛り付けられた「パルフェ ポム」。りんごをメインに季節のフルーツを合わせ、モンブラン仕立てで構成されています。

数多くのフルーツが使われているため、ディナーのあとでもぺろりと食べられてしまう軽さも魅力的。お酒を嗜んだあとに、ふらっと寄りたくなりますね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ