ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

オーガニックお芋スイーツ専門店「有機さつま芋 芋菓」が学芸大学駅にオープン!

Photo by 株式会社MIDORIE BIO JAPAN

2021年8月27日(金)、有機さつまいも・無添加素材のみを使用したオーガニックお芋スイーツ専門店「有機さつま芋 芋菓」が、目黒区・学芸大学駅にオープン!

有機素材のさつまいもを使用したスイーツを販売

「有機さつま芋 芋菓」は、オーガニックレストラン野菜デリMidorieが手掛けるお芋スイーツ専門店です。体にやさしく害のない素材のみを使用した、さまざまなお芋スイーツが販売されていますよ。

保存料、着色料、香料、甘味料不使用の無添加素材を使用しているので、お年寄りや子どもも安心して食べられます。

また、メインとなるさつまいもはすべて、有機素材のさつまいもを使用。スイーツはすべて、工房内で手作りされています。

「有機さつまいも 芋菓」商品紹介

新食感「芋菓ふんわりスイートポテト」

Photo by 株式会社MIDORIE BIO JAPAN

さつま芋の素材本来の甘さと、素材そのものの色鮮やかな見た目をした新食感スイートポテト。こだわり抜いて作られた、なめらかで軽い食感が特徴です。

スイートポテトの上にはブリュレを施し、甘味と苦みの絶妙な味わいが堪能できますよ。今まで味わったことのない、ふわふわ食感のスイートポテト。

有機さつまいも(黄)、アントシアニンたっぷり有機むらさき芋(紫)、有機ビーツ(ピンク)、有機大麦若葉(緑)の4種類のフレーバーが販売されています。

自家製の蜜が特徴「有機黄金大学芋」

Photo by 株式会社MIDORIE BIO JAPAN

自家製のみりん蜜が使用された、こがね色の大学芋。自家製の蜜は、さつま芋本来の甘さを活かすために砂糖を一切使用せず、天然醸造みりんと醤油のみ使用されています。

食べた瞬間、口いっぱいに広がるみりん蜜と、お芋本来の甘さが堪能できる逸品。

さつま芋らしさを楽しめる「有機蜜焼き芋」

Photo by 株式会社MIDORIE BIO JAPAN

さつま芋 “らしさ” を最大限に楽しめる有機蜜焼き芋。じっくりと時間をかけてオーブンで焼き上げられた焼き芋は、凝縮されたお芋そのものの甘さを感じられます。

さつま芋の品種は、絹のようになめらかでねっとりと強い甘みを持つ「シルクスイート」と、昔ながらのホクホクした食感と野菜の甘みが際立つ「紅あずま」の2種類から選べますよ。

※季節によって、焼き芋のさつまいも品種は異なります。

クセになる「芋菓けんぴ」

Photo by 株式会社MIDORIE BIO JAPAN

「芋菓けんぴ」は、サクサク食感とさつま芋の甘さを楽しめます。無添加の揚げ油を使用しているので、食後も胃が疲れないのが特徴。

毎日でも食べたくなる、クセになるやさしい味わいですよ。有機プレーン、有機ジンジャーの2種類を販売。

甘みと塩気が絶妙「芋菓チップス」

Photo by 株式会社MIDORIE BIO JAPAN

カリッと香ばしく揚げたお芋チップスに天然塩、有機ブラックペッパーをまぶした「芋菓チップス」。さつま芋の甘みと旨みを存分に味わえます。

油も有機のものを使用しているため、より軽い食感ですよ。パリッとした食感、甘みと塩気のコラボレーションがクセになるひと品。

芋菓プリン~有機安納芋~

Photo by 株式会社MIDORIE BIO JAPAN

なめらかなのに濃厚でねっとりとした口あたりが特徴的な、安納芋を使用したプリン。ひとくち食べると、安納芋の風味を存分に感じられますよ。

素朴だけど洗練されている安納芋本来の食感とは異なる、プリン特有のなめらか食感が味わえます。

家族みんなで楽しめるスイーツ

無添加な素材にこだわった、安心安全のお芋スイーツが販売されています。どの商品も、お芋本来の味わいが堪能できますよ♪

自分へのご褒美スイーツはもちろん、家族で楽しむスイーツとして、または手土産としてもおすすめです。

店舗概要

Photos:7枚
お皿の上にさつま芋スイーツがのっておいてある
ピンクや紫のスイートポテトがおいてある
スティック状の大学芋がおいてある
焼き芋を両手で持っている
お皿の上に芋けんぴがのっておいてある
お皿の上にさつま芋チップスがのっている
瓶に入ったさつまいもプリンをスプーンですくっている
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ