2. こぼれ海老のチリソース

Photo by china0515

890円(税込)
麻婆豆腐と同じこぼれメニュー。海老チリはこぼれるとマグマのような見た目ですね。こぼれ海老のチリソースのえびは有頭えび2匹を合わせ、全部で4つ入っており、迫力がすごいですね。トマトベースで仕上げられているので、色も鮮やか。

Photo by china0515

すくってみると、なかから大きな海老が出てきました!ひとくちでは食べれないほどの大きさに思わず驚き。えびの衣もふんわりとしていてソースとも絡みやすく、プリっと食感で濃厚な味わい。

ソースは口に入れた瞬間はトマトの風味が広がりましたが、食べ進めるうちに辛味が増してスパイシーな味わいに。これは食べ始めると止まらないやつです……。

どんぶりの下には卵と千切りキャベツが入っています。海老のチリソースが結構濃いので、卵と千切りキャベツがうまく中和してくれますね。

3. 台湾の母の味 魯肉飯

Photo by china0515

790円(税込)
台湾グルメと言ったらやっぱり魯肉飯は定番中の定番。次次の魯肉飯は豚肉がごろごろと入っていて、見た目からも味がしみ込んでいるのがわかるほど。シンプルながらも現地の味を楽しめる味付けです。

Photo by china0515

噛めば噛むほど、脂の甘みや旨みを味わえます。やわらかく、ホロホロとほどけていきますね。豚肉がこれでもかとはいっているのもうれしいところ。

ふわっと香辛料の香りも広がり、味は現地の味わいそのものです。そしてまた、タレがしみ込んだご飯がおいしいこと……!

Photo by china0515

魯肉飯にはゆで卵がついてくることが多いのですが、卵黄がのってきます。珍しい組み合わせですが、卵黄と一緒に食べると濃いタレの角が取れたように、まろやかな味わいになりますね。

たまごのコクが加わって、さらに豚肉の旨みが引き立ちます。

4. 氷結レモンサワーとおみくじカクテル

Photo by china0515

氷結レモンサワー:550円(税込)/おみくじカクテル550円(税込)※ノンアルコールは500円(税込)
ドリンクメニューも種類豊富にそろっています。グラスもロゴ入りでかわいいですね。氷結レモンサワーは人気No.1メニュー。レモンをまるごと1個使用し、キリっとした後味で爽快感抜群です!

おみくじカクテルも人気メニューのひとつ。木製のマドラーの先におみくじが書いてあるのですが……。

Photo by china0515

中吉でした!大吉や凶は数が少ないとのことなので、凶が当たっても意外とラッキーかもしれませんね♪ おみくじカクテルはノンアルコールでも楽しめますよ。

5. レトロ&トレンドクリームソーダ

Photo by china0515

レトロ&トレンドクリームソーダ:550円(税込)
インスタ女子たちがこぞって注文するのが、カラフルクリームソーダ!メロン、ブルー、ピンク、イエローの4種類で、アルコールとノンアルコールで楽しめます。カラフルで映えますね~!レトロ感があって雰囲気が出ます。

※緊急事態宣言期間はアルコールの提供を停止しています。

映えるだけじゃない本格派の味

お店の雰囲気から料理まで、すべて台湾の魅力が次次にギュッと詰められているように感じました。若い人が行きたくなるような映える料理やドリンクが多いですが、なんといっても味が本格的……!筆者自身も大好きな台湾のことを思い出しました。

お店の方の “台湾の味を日本人にも伝えたい” という想いが感じられる、素敵なお店でした♪ 気軽に海外旅行できる日が来る日はまだ遠そうですが、同店で少しでもその気分を味わってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
Photos:20枚
有楽町の台北餃子次次の料理集合
有楽町の台北餃子次次の外観
有楽町の台北餃子次次の内観看板
有楽町の台北餃子次次の内観壁
有楽町の台北餃子次次の壁紙
有楽町の台北餃子次次のお店の呼び鈴
有楽町の台北餃子次次のメニュー
有楽町の台北餃子次次の台北鍋貼焼棒餃子
有楽町の台北餃子次次の台北鍋貼焼棒餃子を醤油につけているところ
有楽町の台北餃子次次で餃子を作っている手元
有楽町の台北餃子次次のこぼれホルモン麻婆豆腐
有楽町の台北餃子次次のこぼれホルモン麻婆豆腐をすくっているところ
有楽町の台北餃子次次のこぼれ海老のチリソース
有楽町の台北餃子次次のこぼれ海老のチリソースをすくっているところ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ