ローディング中

Loading...

今日の食卓の汁物は味噌汁ですか?ワンパターンになりがちな人気メニューですが、具材や味噌を変えると、違った味で楽しめますよ。今回は、合わせ味噌や赤味噌で分けて、定番の豆腐やわかめを使った簡単レシピを紹介します。

味噌汁の作り方をおさらいしよう

お味噌汁、毎日飲んでいますか?お味噌はお味噌には良質のたんぱく質やビタミン類がたっぷり含まれています。「味噌の医者殺し」ということわざもあるくらいなので、毎日食べておきたいものですね。

簡単に作れる身近なものだからこそ、作り方にはこだわりたいですよね。出汁粉末、煮干し出汁など色々な作り方がありますので、これからたっぷりご紹介していきます。

味噌汁作りの基本、ポイントは5つ

①粉末ダシで簡単に

ダシをとる時、粉末ダシを使えば、簡単においしいダシができますよね。ただし、あさりなどの貝類や、豚肉などの肉類を具材に使う際は、粉末ダシを使わず、貝や肉からダシが出るので、粉末ダシを使う必要はありません。

②味噌の量は水に対して1/10が基本

味噌の量は水に対してどれ位入れればいいのでしょうか。基本的に、水の量の1/10が適当な量とされています。
・1ℓ→10g
・2ℓ→20g

しかし、味噌には辛口や甘口などのさまざまな味があります。また個人のお好みもありますから、味噌の種類や好みによって味噌の量は変えてみましょう。

③味噌を入れるタイミング

味噌汁の元となるお湯ががグツグツと沸騰したら弱火にします。具材を入れ、芯まで火が入っているのを確認したら、火を弱火にしましょう。お湯が鎮まっている時にお味噌を溶き入れます。

④具材は沸騰してから入れる

具材を入れるタイミングは、出汁が沸騰し弱火にしてから加えましょう。火をしっかり通す肉や魚類は水から、白菜の葉の部分、キャベツ、小松菜、きのこ類など、火が通りやすい食材は味噌を入れる直前に入れましょう。

⑤味噌を入れたら沸騰させない

ポイントは、味噌を入れてから火を入れる際、沸騰させないことがとても重要です。お味噌汁などの汁物は煮立ち始めた時が最も香りがいい時のため、『にえばな』が大事と言います。お味噌汁は煮え端で火を止めましょう。

味噌汁は、沸騰させることにより、風味が飛んでしまいます。味噌汁を飲むときに、香りはとても大切です。中火で温めるようにし、鍋から目を離さないようにして沸騰させないことが大切です。

食材別!ダシのとり方はコレ!

ダシと言ってもさまざまですが、使う材料によって仕上がりが変わります。だし汁から手作りをすると手間がかかるイメージですが、仕上がりに差ができるのでひと手間がとっても大切です。ここでは、時間のない人もおいしいダシがとれるやり方もご紹介するので、参考にしてください。

かつおダシ

かつおダシとは、かつおと水でとる、香り高く澄んだ色の上品なダシです。すまし汁、椀盛りなどに最適です。

かつおダシの取り方は、かつお30gに対して水1ℓを用意します。鍋に水を入れ、火にかけて沸騰させたら火を止め、かつお節を入れます。かつお節が鍋底に沈むまで数分おき、ふきん等を敷いたザルで静かにこしてください。これで1番ダシを取ることができますよ。

昆布ダシ

昆布ダシは、上品な旨みが楽しめるだしです。具の香りや素材の味わいを大切にする料理に向いています。

【煮出しの場合】
昆布10gに対して、水1ℓを使います。ぬれ布巾で昆布の表面を軽くふいたら、鍋に水と昆布を入れ、約30分~1時間つけ置きして中火にかけます。沸騰直前で昆布を取りだせばOKです。

【水出しの場合】
昆布20gに対して、水1.5ℓを使います。水に4時間以上つけ置きすればOK。使うときは、加熱してください。

煮干しダシ

煮干しダシは、独特のコクと濃い味わいで、シンプルな具材の汁物によく合います。

煮干し20gに対して、水1ℓを使います。頭と内臓を取り除いた煮干しを鍋に入れて、30分以上浸しておきます。そのあと、中火で加熱していきますが、途中アクをとりつつ、弱火に変更して5分煮だして火を止めます。煮干しを取り出して、できあがり。

【合わせ味噌】におすすめの具材と人気レシピ5選

1. 豆腐と玉ネギの合わせみそ汁

玉ねぎの優しい甘みが感じられる定番のお味噌汁です。玉ねぎと白ネギは食べやすい大きさにカットします。鍋にかけ、しんなりしてきたら豆腐とお味噌でしあげましょう。シンプルだからこそ、合わせるおかずを選ばない、素朴な味わいの味噌汁です。

2. くずし豆腐のゴマみそ汁

いつもの味噌汁に練り白ゴマと合わせ味噌を入れると、コクがありおいしくなります!大きめに崩した豆腐は食べ応えがあるので、朝ごはんにはこのお味噌汁とオニギリで十分です。豆腐以外の具材は、お好みで冷蔵庫にあるものを入れれば良いですよね。

3. 大根と油揚げの合わせみそ汁

油揚げのほか、大根、にんじん、白菜が入った彩り豊かな味噌汁です。野菜は食べやすい大きさにカットし、鍋でゆでます。透明になったら油揚げと味噌を溶き入れて仕上げましょう。仕上げに小葱をふれば見た目もよくなり、食卓が華やぎますよ。

4. ナメコの合わせみそ汁

トロトロのナメコが胃にやさしいみそ汁です。お酒を飲み過ぎたなと思った夜や、二日酔いの朝にも胃にすっと入る味ですね。

ナメコは使う前にさっと水洗いします。ナメコとほうれん草はすぐに火が通るので、味噌を溶いたあとに入れましょう。

5. じゃがいも根菜味噌汁

じゃがいも、さつまいも、サトイモの3種のおいもが入ったボリューム満点のひと品です。豚肉はだし汁で煮立て、野菜は食べやすく一口サイズにカットします。芋類が柔らかくなったら味噌を溶き入れ、仕上げにネギをちりばめればできあがり!これだけで立派なおかずになりそうです。

【赤味噌】におすすめの具材と人気レシピ5選

1. 卵たっぷり、かき玉みそ汁

ちょっと珍しい、赤味噌と卵を合わせたシンプルな味噌汁です。鍋にだし汁を煮立て、豆腐と味噌を溶き入れます。卵をまわしかけ、天かすとねぎを加えればできあがり!天かすのサクサク食感がいいアクセントになっています。

2. シジミのみそ汁

シジミは栄養満点。シジミにはオルニチンやタウリン、ビタミンB群、カルシウム、鉄分、亜鉛など、さまざまな栄養素が含まれています。旨味も加わりますし、積極的に食べたい食材です。朝ごはんのメニューにすると嬉しい一品ですね。

3. ナスの赤だし

ひと口サイズに切ったナスには赤味噌の旨みがたっぷり含まれています。玉ねぎの甘みとマッチして体がポカポカに温まりそうです。赤味噌は最後にいれ、風味を楽しみながらいただきましょう。

4. ナメコの赤だし

ナメコには合わせ味噌だけではなく、赤味噌もよく合います。ナメコのツルツルッとした感じとネギのシャキシャキ感がたまりません。赤味噌のみそ汁は、見た目よりも味が薄く感じる事もあるのでお好みで調節して下さい。

5. ジュンサイの赤だし

白でつるんとした食感のジュンサイは、赤だしとの相性も抜群です。お魚料理との相性もいいので、おうちでお刺身は定食いかがでしょうか。

三つ葉を手に入れることができるなら、ぜひ使うことをおすすめします。香りがとってもいいので食欲をそそりますよ。

【白味噌】におすすめの具材と人気レシピ5選

1. 大根じゃがいものおかず味噌汁

炒めたじゃがいもや玉ねぎ、下ゆでした大根を中火で煮ます。具材が柔らかくなったら白味噌をこしながら溶かし、青ネギや卵を落としいれます。半熟の卵と一緒に食べる、新感覚のお味噌汁です!

2. 白菜の白みそ汁

白菜がたっぷり入った優しい味わいの味噌汁です。まろやかな白みそと甘みのある白菜の相性は抜群!鍋に白菜を入れ、白菜が柔らかく透明になってきたらわかめと味噌を入れて仕上げましょう。白みそを多めに入れることがポイントです。

3. 具沢山の豚汁レシピ

じゃがいも、にんじん、さつまいも、きのこ、豚肉が入った食べ応え抜群の逸品です。野菜は食べやすい大きさにカットし、しんなりとするまで炒めます。味噌を溶き入れ、最後に牛乳と生クリームを入れてできあがり!乳製品を加えることでまろやかになり、まるで和風シチューのような味わいになります。

4. ピリ辛!白みその豚汁

いつもの合わせ味噌を白味噌に変えるだけで、甘みがやさしく広がる豚汁です。寒い日のメニューにすると、体が温まってポカポカになれそうなレシピですね。

最後にお好みで七味を振ることで、味にぴりっとアクセントが付きますよ。多めに作っておくと、うどんを入れて食べるとママのお昼ご飯にも役立ちます。

5. そら豆キャベツの白味噌汁

新玉ねぎ、キャベツ、ソラマメを使用した春の訪れを感じさせるひと品です。ソラマメはあらかじめ茹でておきましょう。鍋に、新玉ねぎ、キャベツ、ソラマメを入れ、味噌と甘酒を溶き合わせればできあがり!甘酒を加えることで甘みが増し、まろやかな味わいに仕上がります。

味噌汁で家庭の味を築き上げよう

日本人にとっては欠かせない味噌汁。味噌汁の匂いは心をほっとさせてくれます。近頃は、パン食が多くなったり、多忙でなかなかじっくり出汁をとる時間がなかったりしますよね。

しかし、今回ご紹介したように、できる限り和食の時にはお味噌汁をいただき、我が家の味噌汁の味を子ども時代から染み込ませておきたいものです。無理はせず、自分が作れる一番簡単なダシの取り方で、冷蔵庫にある野菜をいれて味噌を溶き、1日1回お味噌汁を飲む習慣を始めませんか?
▼味噌を入れるともっとおいしくなる料理!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ケーキ おやつ まとめ

ケーキは手間と時間がかかるイメージが……しかし!今回ご紹介するレシピを参考にすれば、簡単にチーズケーキやロールケーキが作れるんです。ホットケーキミックスを使った材料少なめのレシピや、時短で作れるレシピなどを参…

ヨーグルト まとめ

カレーと一緒に出されることの多い「ラッシー」。お店で飲むイメージが強いかと思いますが、実はお家でも簡単に作れるんですよ♩今回は、プレーンラッシーとマンゴーラッシーの作り方に加え、人気のアレンジレシピ10選もご…

上野 カフェ おしゃれ まとめ

広々とした公園、美術館や博物館に囲まれた街、上野。上野は、アートだけでなく、おしゃれなカフェも堪能できる場所です。今回は、上野駅周辺のおすすめカフェを18店舗ピックアップしてご紹介。いずれも魅力的なお店ばかり…

まとめ

タイカレーの一種、グリーンカレー。使用される具もインドカレーや日本のカレーとは異なるようです。グリーンカレーの具は、どんなものが合うでしょう?基本的な作り方は?今回は、人気のグリーンカレーにぴたりの具、作り方…

ほうれん草 スープ まとめ

スープの具材に、ほうれん草をチョイスしてみましょう!濃厚なポタージュや、やさしい味わいの卵入りなど、人気者のレシピをまとめてみました。どの献立にも合うようさまざまなレシピがあるので、ぜひチェックしてくださいね!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

マグカップ レシピ まとめ

おうちにあるマグカップ、もし飲み物を飲むことにしか使っていなかったらもったいないですよ!簡単レシピで小腹を満たしてくれる料理が作れてしまうんです。朝の忙しいときや、お夜食などに活用してみてはいかがでしょうか?

レシピ おしゃれ 和食 まとめ

有名なブロガーで、レシピ本も多く出版している「JUNA」さん。彼女の作る家庭料理が素敵すぎると大人気なんです♡家族の幸せを考えているのがとってもよくわかるお料理はどれも美味しそう!今回は和食料理のレシピをご紹…

もちきび レシピ まとめ

テレビでも紹介され話題になっている「もちきび」。雑穀初心者でもたべやすい「もちきび」ですが栄養価が高いのにヘルシーなのでダイエットや美肌効果も期待できるとか♪そんな「もちきび」を使ったおすすめレシピをご紹介し…

レシピ まとめ

身近にある食材を使った家庭料理をベースに、センスのいいアイディアが光り、多くの年齢層から注目される料理家の飛田和緒さん。今回は飛田さんの常備菜レシピを集めてみました。東京から相模湾の近くに移り住みその生活スタ…

レシピ まとめ

「ゆうこりん」こと小倉優子さんの手作り料理が人気のようです。意外にも料理教室やパン教室に通うほどの料理好きなのだとか!月間1億ページビューの大人気ブログで紹介されたレシピを中心にした本も出版しています!さっそ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

ラーメン 道頓堀 大阪 すき焼き

大阪府大阪市中央区道頓堀にあるラーメン屋「ラーメン東大 道頓堀店」に行ってきました。

日本酒 まとめ

日本酒は色々種類もあってどう頼んでいいのかわからない事ありませんか。どのような種類があるのか、また日本酒に合う料理はどんなものかなどご紹介したいと思います。ある程度の知識を頭に入れておけば安心ですよ!是非頼み…

ちかこ

元銀行員。現在は子育てをしながら、趣味の料理を楽しんでいます。簡単...

ページTOPに戻る