ローディング中

Loading...

みなさんはブロッコリーをどのように洗っていますか?きちんと洗っているつもりでも意外ときちんと洗えていない。そもそもどう洗うのがいいのかよく分からない。そんなブロッコリーについて正しい洗い方を徹底解説致します。

ブロッコリーの正しい洗い方がある!

栄養価も高く、彩りも良くなることから日々の食卓に欠かせないブロッコリー。お弁当にも便利ですよね。そんなブロッコリーですが、ブロッコリーを食べようとした際、「虫がついてた!」や「ゴミがついてた!」という経験をしたことはありませんか?

どんな種類の野菜でも虫やゴミがついてた!なんてことはよくある話です。むしろ、本来は虫もゴミもつかずに野菜を作る方が難しいもの。葉物野菜や、皮をむいて使う野菜などは、虫がついていたとしても取り除きやすく、比較的洗いやすい野菜なのですが、ブロッコリーに関しては、中までよく見えないですよね。

意外と見えないところに虫やゴミ、ほこりが入り込んでいることが多く、その事に気づかず口にしてしまうこともあります。ここではブロッコリーの正しい洗い方についてご紹介したいと思います。

塩を使ってきれいに洗う方法

まずは、きれいに洗って虫やゴミ、ほこりを落とす方法をご紹介します。
【用意するもの】
・ビニール袋(スーパーなどでビニール袋に入れて持って帰って来ればその袋でよい。)
・塩 小さじ1程
・水
【手順】
1.ブロッコリーをビニール袋に入れる。
2.花蕾(カライ)がつかる位まで水と小さじ1程の塩を入れ、ビニールを少し膨らませてシャカシャカ振る。
3.再度、塩抜きの為に水のみをいれて【2】を繰り返す。
※茎の部分を持ちながら振ると、振りやすくなります!

20分放置してゴミを取り除く

次は、忙しい方におすすめの方法です。準備するものもビニール袋と水のみ!放置している間に他の料理を進められるのでよいですね。
【用意するもの】
・ビニール袋(スーパーなどでビニール袋に入れて持って帰って来ればその袋でよい。)
・水
【手順】
1.ブロッコリーをビニール袋に入れる。    
2.花蕾(カライ)がつかる位まで水を入れ、そのまま20分放。
3.20分後、ビニールを少し膨らませてシャカシャカ振って水を捨てれば終了。

遠心力を利用した洗い方

次は、遠心力を利用して虫やゴミを排除する方法です。
【用意するもの】
・鍋やボール
・水
【手順】
1.鍋やボールに逆さに花蕾(カライ)部分が浸かるくらいの水を張る。
2.茎を持ち、逆さにして花蕾を水に浸けて、グルグル回転させる。
3.水を張り替えて2~3回繰り返せば遠心力でゴミやほこりが勝手に取れていきます。

カットして洗う方法

次は、カットしてから洗う場合の方法についてご紹介します。隅々までチェックできるため、離乳食などにブロッコリーを使う際はこちらがおすすめですよ。
【小房に分ける手順】
①ブロッコリーの太い茎と花蕾(カライ)の境目を包丁でカットします。
②花蕾に刃を入れないよう、花蕾のついた枝分かれの部分に刃を入れて、小房にしていきます。茎の部分に軽く切り目を入れてそこから手で割けば、花蕾が傷つかずに切り分けることができます。
③小房に切り分けた花蕾の部分は20分程水につけて置いておくか、しっかり水洗いをしてください。

【茎の切り方】
捨ててしまいがちな茎の部分も緑の皮を厚めに切り取れば美味しく食べる事が出来ます。茎の部分は炒め物やスープに使うと良いですよ!
①茎の部分の皮を切りおとしやすいように立てて、緑の皮の部分を厚めに切りとっていきます。(緑色の部分には繊維があるため、火を通しても固いので切り取ってください。)
②食べられる白い部分を料理の用途によってカットしていきます。(細切り、短冊切り、輪切り等。さいの目切りでもいいですね。)

【茎がついたまま小房に分ける手順】
①太い茎に縦半分の切り込みを入れ、手で半分に割ります。
②花蕾に刃を入れないよう、花蕾のついた枝分かれの部分に刃を入れて、茎の部分を切っていきます。茎の部分にしっかり切り目を入れれば、後は手で割いても大丈夫です。
③太い茎の部分は緑の皮を厚めに切り剥がします。
③切り分けたブロッコリーは20分程水につけて置いておくか、しっかり水洗いをしてください。

重曹を使ってしっかり洗う

先ほどご紹介した洗い方よりもさらにしっかりと洗いたい場合は、重曹を使用してブロッコリーを洗ってください。重曹は掃除や洗濯の際に用いたりするので、食用品に使用してもいいの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、重曹は口に入っても全く問題はありません。しかも重曹を使用することで、農薬まで落とすことができます。

洗い方はとても簡単です。ブロッコリーを洗う時に使う、ビニール袋やボール、鍋に水を入れ、そこに重曹を適量入れるだけなのです。後はつけ置き洗いでも良いですし、振り洗いでもOK。前述した洗い方+重曹で洗うことにより、よりしっかりと汚れを落とすことができます。

お湯なら50℃で洗うのがおすすめ

『野菜の50℃洗い』はよく耳にしますよね。50℃のお湯で洗うことにより、ゴミやほこりなどの汚れが驚くほどよく落ちるようになります。また、50℃のお湯で洗うことにより、鮮度も取り戻すことができ、色鮮やかになり、食材のおいしさを引き出す効果があるのです。

また、50℃のお湯で洗った場合、水で洗った場合よりも洗った後の鮮度の持ちが良いのも特徴です。

洗い方もとても簡単です。ボールや鍋に50℃(48℃~52℃位ならOK)のお湯を張り、そこにブロッコリーの花蕾(カライ)の部分をつけ洗うだけです。つけ置き洗いの場合も水洗いと同様、20分程放置しておくだけで汚れはしっかり落ちてくれます。

ブロッコリーは洗った後に加熱して食べる食材なので、つけ置き洗いの場合でも放置時間をあまり気にすることなく洗うことができますね。

きれいにしたブロッコリーを正しく保存

ブロッコリーは傷みやすい野菜なので、買った後は出来るだけ早めに食べることをおすすめしますが、すぐに食べない場合は冷蔵保存や冷凍保存をすることもできます。保存方法をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

冷蔵保存

生のまま冷蔵保存する方法です。

生のままブロッコリーを保存する場合は、まず、余分な葉を全て取り除いてください。次に少し湿らせた新聞紙やキッチンペーパーで包み、ビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存します。冷蔵庫に入れる時はブロッコリーを立てるようにして保存してください。ブロッコリーの保存の適温は0~5℃です。

ゆでてから保存

ゆでてから保存する場合は、ブロッコリーを小房に分けてから、塩を少し入れた熱湯で軽くゆでます。ザルにあげて、しばらく冷まし、しっかり水気をとります。余熱が取れたら、タッパー等の密閉容器に入れて冷蔵庫で保存します。その際の賞味期限は2~3日です。

ブロッコリーに余熱が残ったまま、保存してしまうと変色や腐敗の原因となりますので、注意してください。また、十分に水気を切ってから保存をしても、ブロッコリーは水分が出やすい食材。密閉容器の中の水分が気になる場合は密閉容器の底にキッチンペーパーを敷いておくと余分な水分を吸い取ってくれますので、変色や腐敗を防ぐ効果もあります。

冷凍保存

冷凍保存する場合は、ブロッコリーを小房に分けてから、塩を少し入れた熱湯で固めにゆでます。(30秒程でOK。)そして、ザルにあげて、しばらく冷まし、しっかりとキッチンペーパーで水気をとります。

余熱が取れたら、ジッパ―付きの保存袋や密閉容器にいれて冷凍庫で保存します。冷凍保存する際、金属製のトレー等があれば、その上に乗せ急速冷凍します。休息冷凍をすることによって、解凍後のおいしさや食感を保つことができます。完全に凍ってしまえば、金属製のトレーは必要ありません。

解凍する場合は、凍ったままのブロッコリーを再度、熱湯で軽くゆがいてください。冷凍保存の場合の賞味期限は約1ヶ月です。

正しい洗い方でおいしく食べる!

ブロッコリーの正しい洗い方、意外と知らないことも多かったのではないでしょうか。お恥ずかしい話、今まで私自身もブロッコリーはゆがいてから食べる事がほとんどだったので、「ゆがく=洗う」と勝手に思い込み、きちんと加熱処理の前にブロッコリーを洗う事も行っておりませんでした。

サラダや炒め物、スープ、そしてお弁当など色んな場面でよく使われ、皆さんも使う頻度の高い野菜のひとつではないでしょうか。

意外と目に見えない所にゴミやほこり、虫が入り込んでいることの多い野菜なので、虫たちに遭遇しないためにも、ゴミやほこりを口にしないためにも、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

かぼちゃ まとめ

かぼちゃの上手な保存法を知っていますか?そのままでも長持ちするイメージの強いかぼちゃですが、上手に保存すると期間を延ばすことができます。ここでは、おすすめの保存方法と保存期間の目安を詳しく説明します。

きゅうり

きゅうりは水分量の多い野菜です。また比較的、賞味期限が短いことでも知られていますね。家にあるきゅうりを使おうと思ったら萎びていたということも多いのではないでしょうか?今回は、きゅうりの賞味期限と保存方法をご紹…

にんにく

にんにくを使った料理は、油跳ねしたり、焦げてしまうこともしばしば。でも、レンジを使えば簡単においしいにんにく料理を作ることができるんですよ。ホクホクに仕上がってレシピにも大活躍!にんにくをレンジで賢く調理しま…

アヒージョ レシピ まとめ

おうちバルやホムパで人気のアヒージョ。今回は、そんなアヒージョのおすすめレシピを10選ご紹介します。じゃがいもやミニトマト、マッシュルームなどをたっぷりと使った作り方に、エビやタコ、牡蠣などを使ったレシピまで…

れんこんをたくさんいただいた時、無理して食べなくても適切な保存方法を知っていれば便利です。特に冷凍で保存すれば保存期間は数倍長持ちする上、新鮮なれんこんが味わえるんですよ。今回は、れんこんの上手な保存方法をお…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

ちくわ ポテトサラダ レシピ

ちくわサラダを知っていますか?身近な食材、ちくわとポテトサラダを掛け合わせて作る熊本発祥のお惣菜です。じゅわっとジューシーなおいしさは今や全国区にまで広がる人気メニュー。基本のレシピからアレンジレシピまでちく…

ソーセージ

「ウインナー」と「ソーセージ」の明確な違いを聞かれたら、あなたは答えられますか?色?食感?味?果たして何がどう違うのでしょうか。今回は知っているようで知らない、ウインナーとソーセージの違いや由来に至るまで、徹…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る