ローディング中

Loading...

味噌汁や煮物、大根おろしなど・・・日々の食卓に欠かせない大根の賞味期限、ご存じですか?また、大根はどのように保存されていますか?今回は、常温・冷蔵・冷凍の場合の賞味期限と、それぞれの保存法も併せてご紹介します。

大根の賞味期限ってどのくらいなの?

お味噌汁や煮物、サラダなど、幅広い料理に使える野菜、大根。価格も比較的安定していることから、ついつい購入してしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな家計の味方、大根。皆さんはどのように保存していますか。また、大根の賞味期限の目安をご存じですか。今回は、状態別の大根の保存法や賞味期限、新鮮な大根の選び方などについてご紹介します。これを知っておけば、もう冷蔵庫の中で残念な姿になった大根を目にしなくて済みますよ!

気になる賞味期限は?

実は、大根に限らず、野菜などの生鮮食品は明確な賞味期限が定められていません。これは、出荷までの状態などによって異なり、販売側は出荷までの状態まで把握しきれないからのようです。そのため、基本的には「なるべく早く」を推奨し、最終的には購入者が見た目や触り心地で判断することになります。

それでは、どのような状態になったら食べるのをやめた方が良いのでしょうか。まずは、食べるのを控えるべき大根の特徴からご紹介しましょう。

このような大根を食べるのには要注意!

見た目やニオイなどはもちろんですが、その他にも食べるのを控えた方良いポイントがいくつかあります。順番に見ていきましょう。

触ったときに柔らかく感じる

大根を触った際、柔らかく感じたときは食べるのをやめた方がよいでしょう。中が腐っている場合もありますし、何より柔らかくなっていることは、水分が抜け、食べ頃を過ぎて悪くなっている証拠です。

変色・カビが生えている

どの野菜にも言えることですが、変色をしていて明らかに元の色と違っていたり、カビが生えている場合は、加熱しても料理に使うなどはせず、処分をしましょう。

異臭がする

大根本来のニオイと異なっていたり、腐っているようなニオイがする場合も食べるのを控えましょう。大根に限らず、食材から異臭がするなどの状態は、何かしらの変化があったという指標になります。

切った断面が透明やパサついている

大根を切った際、断面が透明であったりパサついていたりする場合も賞味期限切れの可能性が高いです。パサついた状態は水分が抜け、旨みも抜け出している証拠です。

常温での保存は可能なの?

大根の常温保存は可能なのでしょうか?冬場であれば常温保存も可能です。次に、常温保存の仕方や期間の目安をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

どのように保存すればよいの?

大根をそのまま保存する場合には、まず葉を切り落としましょう。なぜ、葉をはじめに切り落とすかというと、葉の部分から栄養成分が取られてしまうためです。葉が付いたままだと、栄養がどんどん葉の部分にいってしまい、身がしわしわになってしまいます。

また栄養だけでなく、水分も取られてしまい、すかすかになってしまいます。カットする際は、葉の部分はギリギリを切るのではなく、2cmほど上で切ると保存がしやすくなるそうですよ!

新聞紙でくるんで、風通しのよい冷暗所で立てて保存することがおすすめです。泥が付いている場合は、洗い落とさずにそのままの方が長持ちしますよ。

保存期間について

冬場であれば約1ヶ月ほど保存できるようです。夏場の場合は1週間程度持つそうですが、極力気温・湿度が上がらない場所を選ぶようにしましょう。冬場であっても暖房が効いていたり、気温はそれほど高くなくても湿度が高いと傷みやすいため、できれば冷蔵保存に切り替えることをおすすめします。

冷蔵保存ではどのくらいもつの?

大根は低温での保存に適した野菜です。先述の通り、常温保存も可能ではありますが、冷蔵庫に余裕があるときには冷蔵保存をするのがよいでしょう。

保存の仕方について

常温保存の場合と同じように、葉っぱは切り落としておきましょう。大根に泥が付いている場合は洗って綺麗にしておきましょう。

軽く湿らせた新聞紙を用意し、そちらで大根をくるみます。立てて保存が望ましいのですが、入らない場合には横に寝かせて保存しましょう。

保存期間について

冷蔵保存の場合の保存期間は1週間〜10日ほどです。夏場であれば、冷蔵保存される方がおいかと思いますが、冬場の場合もすぐに使う予定がないのであれば冷蔵保存をおすすめします。

カットした大根の保存は?

1本丸ごと保存となると、冷蔵庫の場所も取ってしまいます。また、調理時のことを考えると、やはりあらかじめカットしておけば便利ですよね。そこで次に、カットした大根の保存についてご紹介します。

どのように保存すればよいの?

カットした大根は湿らせた新聞紙でくるむか、ラップで全体をくるんで保存しましょう。この時、切り口だけでなく大根全体をきっちりとラップで覆うのがポイントです。切り口を上にし、立てて冷蔵庫にて保存をしてください。

保存期間について

カットした大根の保存期間は約4〜5日です。カットすることによって、切り口から乾燥していくため、まるごと保存する場合と比べると少し短くなりますね。調理時のことを考えると便利なカット後の保存ですが、その分、保存できる日数は短くなることを覚えておきましょう。

冷凍する場合はおろして保存!

おろして保存が賢い!

大根おろしといえばおろしたてが1番おいしいですよね。食感が変わってしまうのでは?と冷凍保存を避ける方もいらっしゃるかもしれませんが、実は冷凍保存ができるのです!もちろん冷蔵での保存も可能ですが、栄養面を考えると冷凍保存の方がおすすめです。

保存方法としては、余分な水分を軽く切ってから、フリーザーバッグに入れて、できるだけ空気を抜いた状態にして密閉します。できるだけ平らにならした状態にしてから冷凍庫へ入れてください。この時、1回分ごとに筋を入れておくと、使用するときに割りやすくなるので良いですよ。

また、もしご家庭に金属製トレイがある場合はぜひ活用しましょう。金属製トレイの上に置いて凍らせた方が早く凍り、それだけ酸化を遅らせることができますよ。

もう一つの方法としては、まず製氷皿に大根おろしを入れていき、上にラップをかけて一度凍らせたら、ジップ付き袋や密閉できる容器に入れます。それをできるだけ重ならないように、空気を抜いて密閉をして冷凍庫で保存します。使いたいときは、使いたい分のブロックをとって、冷蔵庫に移して自然解凍するのがよいでしょう。

ポイントとしては、すりおろしてから時間がたったものを冷凍するよりも、作りすぎてしまったなと思ったときにすぐに冷凍保存してしまうことがよいです。

保存期間について

冷凍保存した大根おろしの保存期間は約1ヶ月です。ただし、これはあくまでも目安ですので、なるべく早くいただきましょう。

葉っぱは別で保存しよう!

ふりかけにしたり、佃煮にしたりと何かと使える大根の葉っぱ。皆さんは大根の葉っぱは普段どのようにしていますか?

どうやって料理したらよいか分からないので捨ててしまっているという方がいれば、それはもったいない!次にご紹介する保存法を参考に、葉っぱまで賢く活用しましょう。

どのように保存すればよいの?

常温保存や冷凍保存の場合、葉っぱは切り落としてから保存すると説明しました。ですが、切り落とした葉っぱの保存方法については、一度洗ってから細かく刻み、フリーザーパックやタッパーにいれて冷凍保存がおすすめです。

保存期間について

冷凍した大根の葉っぱの保存期間は約1ヶ月です。ですが、こちらもあくまで目安です。使用する際は、必ず見た目やニオイで判断するようにしましょう。

新鮮な大根を選びたい!

せっかく大根を買うのであれば新鮮なものを選びたいですよね!どのような点に気をつければ新鮮なものをえらべるのでしょうか?次に、新鮮な大根を選ぶ際のポイントをご紹介します。

・葉っぱ付きのもの
・葉っぱは緑色のもの
・芽があまり大きくなっていないもの
・ひげ根の毛穴の数が少ないもの
・まっすぐ伸びて丸みを帯びているもの
・カットされているものは切り口をチェック
・白い根の部分がみずみずしいもの


大根を購入する際は、上記のポイントを参考にしてみてくださいね。

上手に保存して賞味期限をキープ!

常温保存、冷蔵保存、冷凍保存の3つをご紹介いたしました。私たち日本人にとって身近な野菜である大根。きちんと保存しておいしいまま食べていただければと思います。冬の甘みのある大根はもちろんのこと、夏場のピリッと辛みのある大根もまた別のおいしさがあるもの。

一言で大根と言っても様々な種類があり、その種類によって、どの料理に適しているかなどが変わってきます。用途に合わせた大根の種類選びができるようになると料理上級者といえるかもしれませんね!

今後、大根を購入する際は、ぜひ今回ご紹介した選び方や保存法を参考にしてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

渋谷 カフェ

キユーピーが、『キユーピーとヤサイな仲間たちカフェ』を2017年8月24日の「ドレッシングの日」や8月31日の「野菜の日」に合わせて期間限定でオープン!野菜の楽しみ方が広がるメニューを提供してくれます♩

チャーハン レシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、失敗知らずのパラっと黄金チャーハンの作り方を伝授します。べちゃっとなりがちなチャーハンが、たった一手間加えるだけで、お店で食べるような、本格的なチャーハンに!

サンドイッチ パン ランチ お弁当

今ツイッターで話題になっている、美味しいサンドイッチを作るコツってご存知ですか?なんでも、とある3つのポイントが共感を呼んでいるんですって。いったいどう味に差が出るのか…気になる作り方や違いを実食レビューでご…

プリン レシピ スイーツ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、100%のたまごまるごとプリンの作り方を伝授!あるものを使って、簡単に殻を割らずに作る方法を教えちゃいます!ついでに、まるごとプリンをさらにおいしくしてくれるソース…

まとめ 肉料理 スイーツ

今回は、2017年に開催される「フジロック」「ロッキン」「サマソニ」 のおすすめフェス飯をまとめてみました!過去の人気メニューから毎年行列のできる名物まで、当日食べるフェス飯を今からチェックしておきませんか?

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ まとめ

馴染みはないけど、実は栄養がたくさん含まれる優秀な野菜「ユリ根」の簡単レシピを下処理の方法も併せてご紹介します。おせち料理や茶碗蒸しによく使われる食材ですが、それ以外にもおいしい食べ方がたくさんあるんです!

スイーツ

セブンイレブンで惜しくも発売終了してしまった「くりぃむわらび」。しかし遂に、その後継となる商品「ふわっとろてぃらみすわらび」が新登場しました!とろけるわらび生地で包んでいるのは、ほろ苦い味わいが絶妙なティラミ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る