ローディング中

Loading...

日頃からなじみのある人参。人参は冷凍保存すれば、とても長持ち。毎日のお弁当のおかずに、食事の準備の時短にもなりますよ。人参の上手な冷凍、解凍方法をご紹介!常備菜に使えばとっても便利。もう一品追加したい時や彩りを添えたい時の参考にもなります。

人参は冷凍保存で長持ち

人参は、煮ても炒めても、もちろん生でもおいしく食べることができ、栄養いっぱいの野菜。明るいオレンジ色は食卓に彩りを添える役目もしてくれます。

よく使う野菜なので、多めに買ってしまうという方も多いかもしれませんね。使いやすい野菜とはいえ、痛む前に全部使い切ることは難しいですよね。人参は比較的長持ちする野菜ですが、保存の仕方によってはシワシワになったり、色が変色してしまったり、本来の保存期間よりも早く腐ってしまいます。そんな時は冷凍保存がおすすめですよ。

人参の冷凍保存方法

手順

1 人参をよく使うお料理に合わせてカットします。

2.カットした人参を熱湯の入った鍋に入れ、少し芯が残るくらいまで茹でます。煮物調理に使う場合は、再度火を通すことになりますから、少し固めに茹でておくとよいですよ。

3.茹で上がったら、キッチンペーパーなどで人参の水気をしっかり取っておきます。

4.水気が取った人参は小分けにして、密閉できるフリーザーバッグなどに入れて冷凍します。なるべく平らにして保存することで、急速冷凍ができ、長持ちさせられます。急速冷凍は、金属のトレイの上かアルミ箔を敷いた上に置いて冷凍するよいですよ。

熱湯を使わない方法

生のまま保存することで人参の食感を残すことができるメリットもあります。その場合は、薄切りや細切りにして保存するようにしましょう。

手順

1.人参を洗って皮を剥きます。

2.キッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取り、細切り、またはスライスします。大きめにカットするよりも、すこし細かめにカットした方が解凍したときの食感がよくなります。

3.サイズごとに分けてラップで包み、保存袋になるべく平ら入れます。空気が入らないようにしっかり密閉して保存しましょう。

4.冷凍する際は、こちらも急速冷凍がおすすめです。

熱湯にくぐらせたものと比べると少し風味が落ちるものの、よい状態のままで長期保存できます。

保存期間

冷凍した人参の保存期間は、切った状態で1~2ヶ月です。

人参の保存期間は冬場は常温で2~4週間ほど、夏場は野菜室に入れて1~3週間ほどです。カットした場合は、3~4日程度、細かく切った場合は2日程度と短くなります。空気に触れる部分が多ければ多いほど、傷みやすいので注意してくださいね。

解凍方法

解凍は、レンジなどで加熱せず、凍ったまま料理に使いましょう。自然解凍や電子レンジでの解凍をしてしまうと、水分が出てぶよぶよとし、食感を悪くしてしまいます。

大きめにカットした人参を煮物やカレーなどで使う場合には、一旦レンジで軽く温めてから使うことで、調理時間を短縮することもできます。生のままで使いたい場合は、半解凍の状態にし使用しましょう。出てきた水分はしっかり除いて使ってくださいね。

お弁当のおかず用に冷凍

すでに火を通した人参の冷凍もできます。あらかじめ茹でたり炒めたりして味付けしたものをお弁当用カップに入れて冷凍すれば、そのまま詰められて便利です。

例えば人参のきんぴらごぼうは、作ったあと粗熱を取って小分けしてお弁当ようトレーに入れラップに包みます。さらにフリーザーバッグなどに入れて冷凍しておけば、使う時に必要な分だけ取り出して使うことができますよ。

キャロットラペを冷凍

お弁当に便利な、キャロットラぺの冷凍をご紹介。手間をかけずもう一品というときに、大活躍。

ボウルにオリーブオイル、レモン汁を混ぜ合わせ、細切りにして塩もみした人参と合わせます。フリーザーバッグなどに合わせたものを薄く平らに入れ冷凍します。調味液と一緒に人参を保存することで、酸化や乾燥から守れます。人参のシャキシャキ食感を維持することもできます。使う時はパキパキと手で割って使う分だけ使えます。

解凍したら水気を切って、パセリ、レーズン、ナッツなどのお好みの食材と混ぜ合わせてお皿に盛り付けます。お肉やお魚の付け合せにもなりますし、お弁当のおかずにもなりますよ。

新鮮な人参の選び方

見た目・感触

表面に凹凸が少なく、なめらかでつやのあるものを選びましょう。表皮が荒れているものは甘みが少なく、また、ひげが生えているものも人参の味が落ちていることが多いでしょう。色は濃く、赤みが強いものほどよいです。触ったときに実が締まっていて、重量感のあるものがおすすめです。

形は太めで、全体的に丸みがあるものがよいです。先の尖ったものは避けましょう。

葉が付いていた部分の断面

断面が黒ずんでいるものは収穫から時間がたっていて古く、甘みや味が落ちています。葉付きのものは、収穫してまだ時間がたっていないものなので、おすすめですが、葉を付けたままにしておくと栄養が葉に摂られてしますので、葉は早めに切り落としましょう。

人参を冷凍してお弁当の準備もぐっと時短!

人参の冷凍保存についていかがでしたか?新鮮な生の人参も、もちろんおいしいですが、一度に全部食べられない時には、ぜひ冷凍保存を活用してみてくださいね。炒めものにもスープにも便利な人参の冷凍保存。上手に活用すれば、家事の時短に役立ちます。

今回の内容を参考に、よかったら日々のお料理で試してみてくださいね。
▼冷凍した人参でサッとひと品♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ そうめん まとめ

7月7日は「七夕」。今回は、そんな七夕にぴったりな定番の作り方や、簡単に作れる人気アレンジレシピをご紹介します。そうめんやちらし寿司などのご飯もの、おかず、七夕ゼリーやフルーツパンチ、ロールケーキなどのデザー…

お弁当 レシピ まとめ

今やキャラ弁はお子さんだけのものではありません。SNSでも話題のひまわり弁当は、多くの方が取り入れて注目を集めています。ひと口にひまわりと言ってもバリエーションはとっても豊富!ひまわりウインナーの作り方などア…

おやつ レシピ

本日ご紹介するのは料理家・ヒグッチーニさん考案の「おはぎトースト」の作り方です。おはぎでも小倉トーストでもないユニークなこのおやつは、一度食べたらハマること間違いなしのおいしさ!材料やレシピもいたってシンプル…

お弁当 レシピ

そろそろあちこちで花火大会が話題になる季節になってきました。そんな夏の風物詩、花火をモチーフにした花火弁当をご存知でしょうか。今回は、お弁当箱の中で打ち上がる花火とはどんなものなのか、その詳細や作り方、アレン…

レシピ まとめ

近年、ファミマで販売されているファミチキを使った料理がSNSで人気ですね。じつはサンドイッチ以外にも、さまざまな料理をファミチキで再現できるんですよ。そこで今回は簡単すぎるファミチキのアレンジレシピを10種ま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

カレー カフェ

白ごはんを雑穀ごはんに置き換えるだけでいつものカレーライスの栄養価がグンと上がる 「#雑穀カレーボウル」を作ってみませんか?カフェ風のおしゃれプレートが手軽に作れちゃいますよ♩人気のテーブルウェアが当たるイン…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

チャーハン レシピ まとめ

簡単に作れる人気メニュー「ツナチャーハン」。今回はツナチャーハンの作り方のコツと人気レシピをご紹介します。冷蔵庫の余りものを加えるだけで、味に深みが出て、いつものツナチャーハンがおいしく激変!レパートリーを増…

お弁当の具でおなじみの鮭。みなさんは鮭の種類が何に当たるかご存じでしょうか。赤身魚?白身魚?それとも青魚?そこで今回は魚の種類についての謎に迫ってみました。この機会にぜひ、魚の種類に目を向けてみてくださいね♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る