ローディング中

Loading...

ジャガイモを大量に購入した時、みなさんはどのように保存していますか?常備しておきたい食材だからこそ正しい保存方法で、保存期間を長くしたいですよね!常温保存、冷蔵保存、冷凍保存の方法別に保存方法をご紹介していきます!

ジャガイモを長持ちさせる保存方法

常備しておくと何かと便利なジャガイモ。ホクホクして甘みがあるジャガイモは、煮物、炒め物、揚げ物といったどのような調理方法にでも合いますよね。子供も大好きなポテトフライ、女性が好きなマッシュポテト、母の味の肉じゃが……いつの時代も、どのような料理にも合うジャガイモは、万能食材。家に必ず常備しているという方も多いのではないでしょうか。

また、意外と知られていないのですが、ジャガイモは主成分であるでんぷんに加えて、実はビタミンCやカリウム、食物繊維も多く含まれています。特にビタミンCは本来加熱に弱いのですが、でんぷんによって保護されているため、壊れにくいと言われています。

栄養もある!保存が効く!どのような調理方法もできる!3拍子揃った万能なジャガイモをぜひきちんと保存して、常備しておきましょう。「常温で保存する方法」「冷凍して保存する方法」「冷蔵して保存する方法」をそれぞれご紹介していきます。

常温の保存方法

実はジャガイモは冷蔵保存には適していない野菜の1つで、常温保存が最も適していると言われています。常温保存のポイントをつかみましょう。

手順

1. ジャガイモを一つひとつ新聞紙に包みます
2. ジャガイモは湿気を嫌いますので、風通しの良い冷暗所に置きます

もし、一つひとつ新聞紙で包むのが手間な場合は、新聞紙を敷きつめた箱で保存するようにしましょう。また、4~5個くらいまとめて新聞紙に包むことも可能です。なお、新聞紙に湿気を含んできたら、新聞紙を変えてあげるようにしましょう。また、土が付いている状態だと湿気を呼び込んでしまうので、保存する際はよく土をはらうと良いでしょう。

光を防ぐ方法

ジャガイモに光が当たると、光合成をして皮が緑色になる「緑化」が進んでしまいます。箱に入れて保存する場合は、上から新聞紙を被せたり、穴をあけた黒いビニール袋を被せておきましょう。光を遮断するために何かを被せる時は、風通しを塞がないように気をつけましょう

冷蔵庫の保存方法

前述した通り、ジャガイモは常温保存の方が適しています。冷蔵庫にそのまま入れてしまうと、ザラザラとした食感になり、風味も変わってしまいます。しかし、暑い夏場だと常温保存も危険です。きちんとポイントをおさえて、正しく冷蔵保存しましょう。

なお、冷蔵庫の中の環境では、ジャガイモが持つデンプンが糖分へと変わり、甘味が増すという特徴があります。煮物に使うと甘さが引き立ちますが、ホクホク感は薄れます。また揚げ物にした場合は、揚げた際に色が濃くなりやすいので気をつけてくださいね。

野菜室で保存

冷蔵庫の野菜室で保存する場合は、そのままジャガイモを入れないでください。ジャガイモをそのまま冷蔵庫に入れると、乾燥によりしわしわになってしまいます。

もし、野菜室のスペースに余裕がある場合は、保存容器に新聞紙を敷き詰めてジャガイモを並べます。ぎゅうぎゅうには詰めずに、余裕がある程度に並べてください。上から、さらに新聞紙をかけて蓋をします。この際、容器を密閉しないように、蓋をする場合には少し緩めに閉めましょう。

温度の低すぎはNG

保存に適した温度は5℃前後で、温度が低すぎても、傷みが早くなるとも言われています。通常、冷蔵庫の冷蔵室は2〜5℃、野菜室は3〜8℃程度と言われています。もしお持ちの冷蔵庫に野菜室がついているならば、野菜室で保存する方がよいでしょう。

リンゴを一緒に入れる

ジャガイモを保存している時に、気になるのが発芽ですよね。芽には、天然毒素の一種であるソラニンやチャコニンという名前の成分が多く含まれていると言われています。芽が出てしまったら、必ず芽と芽の周りの部分はカットしてください。加熱しても毒素はなくなりませんので、特にお子さんが食べる場合は十分に注意するようにしてください。

出来れば出てきてほしくないジャガイモの芽、なんとジャガイモと一緒にリンゴをいれて保存することで、芽が出にくいという説があります。ただし、エチレンガスの濃度や温度の調節が難しく、効果がない場合もあるので、時折、芽が出ているか確認するようにしてくださいね!
▼エチレンガスについて、もっと知っておきたい!

冷凍保存はマッシュがおすすめ

もともと、ジャガイモは常温で長期保存が可能な食材なので、冷凍保存の必要はありません。もし、どうしても冷凍保存をしたいという場合は、以下の方法で行なってください。

保存方法

1. ジャガイモを茹でる、もしくは電子レンジで加熱します
2. 皮をむいて、フリーザーバックに入れます
3. フリーザーバックの上から、軽く潰してマッシュ状態にします
4. 金属トレーがある場合は、トレーにのせて急速冷凍をします

食品を冷凍する場合には、急速冷凍をするとより食品の鮮度が保たれると言われています。より伝導率の高い金属トレーにのせることで、急速冷凍をすることができます。

フリーザーバックの上から潰せば、洗い物も少なくて済むので楽チンですね!ただ、潰す際には、あまり力を入れすぎないように気をつけてください。力を入れすぎたり、叩きすぎたりすると、袋に穴が空いてしまう可能性があります。

生のままで保存はスカスカに

冷凍保存をしたい場合は、加熱してから保存することをオススメします。

生のまま冷凍保存をおこなうと、中身がスカスカのスポンジのような状態になってしまうのです。これは、冷凍すると組織が壊れ、解凍した際に水分が出てしまうためです。舌触りはザラザラ、噛んだ食感もスポンジを噛んでいるかのような悪い食感になります。

そのため、冷凍保存をしたい場合は、潰してマッシュ状態にしたり、小さくカットするなどの工夫が必要になります。こういった理由から、カレーを冷凍する場合には、ジャガイモは取り除いて冷凍する方がよいといわれています。

解凍方法

冷凍したマッシュポテトは、冷蔵庫に移して6~8時間ほどかけてゆっくりと自然解凍しましょう。調理をする際には、レンジで加熱すればホクホクになります。ポテトサラダやコロッケ、ポタージュに利用するとよいですよ。
▼冷凍保存について、もっと詳しく知りたい人は!

下処理して保存

切ってから保存

料理をしている最中に、「多く皮を剥きすぎてしまった」「カットしすぎた」と困ったことはありませんか?

すでに切ってしまったジャガイモが余ってしまった場合は、ボールかタッパーに入れて、水を張ります。この際、空気に触れないように、ジャガイモが水の上から出ないように気をつけてください。それを冷蔵庫に入れておきましょう。このようにすれば、1週間程度は保存が可能です。しかし、水につけることで栄養素が水に流れ出てしまうので、できる限り早く食べるようにしましょう。

「水につけて保存するのは手間だな」「冷蔵庫にボールを入れるスペースがない」という方は、ラップで包む方法も可能です。その際には、表面だけ加熱される程度に軽く茹でてラップをしてみてください。皮を剥いてカットしたジャガイモは、そのままにしておくと切断面が黒く変色することがあります。

これは、酸化により、でんぷんやポリフェノールの色素が変色するです。軽く茹でてからラップをすることで変色のスピードを落とすことができるので、気になる方は試してみてください。なお、変色した部分は食べても大丈夫ですが、気になる方は黒い部分をカットして調理してくださいね。

茹でて保存

茹でたジャガイモは、容器に入れて、ラップもしくは蓋をして冷蔵庫で保存します。なるべく、空気に触れさせないようにすることがポイントです。なお、皮がついている状態で茹でている方が、剥いて茹でたものより保存期間が多少長くなるので、皮をつけたまま茹でることをオススメします。

茹でて保存したジャガイモは、そのまま油であげて、フライドポテトにするとおいしいですよ!
▼ジャガイモのおいしさは茹で時間で変わる!

保存期間

常温保存の場合

冬場の常温保存での保存期間は2〜3ヶ月程度です。保存に適した温度は5℃前後と言われているので、暑い夏場は常温保存よりも冷蔵保存(野菜室)した方が長持ちします。

冷蔵保存の場合

1〜2週間程度の保存が可能です。おいしく食べるのであれば、数日以内に食べ切る方がよいでしょう。ただし、野菜室で保存した場合は、うまくいくと1ヶ月程度は保存ができる場合もあります。

冷凍保存の場合

2〜3週間程度の保存が可能です。マッシュしたものを冷凍保存しておけば、調理の時短に役立ってくれますね。
▼もし余りすぎたら大量消費レシピを試して!

新鮮なじゃがいもの選び方

保存がきく食材だからこそ、鮮度がいいものを選びたいですよね。ジャガイモは全国各地で収穫され、また輸入品もあるので、一年中いつでも食べることができる食材です。一般的には、5〜6月頃に収穫されたジャガイモは「新ジャガ」と呼ばれています。水分を多く含み、みずみずしく、皮が薄いのが特長です。では、一般的においしいとされるジャガイモの選び方をお教えします。

・ふっくらとして丸みがあるもの
・シワやキズがないもの
・触ってみて、硬くて張りのあるもの
・手に持ち、ずっしりと重量感があるもの
また、ジャガイモには多くの品種があって、品種によっても若干見分け方が異なります。

・男爵いも、キタアカリ
大きすぎず、中ぐらいの大きさが良いとされています。大きすぎるとスが入りやすく、中も空洞化して水っぽくなっている事が多いです。また、手に持った際にずっしりと重いものを選ぶこともポイントです。ポテトサラダやコロッケに適しています。

・メークイーン
多少サイズが大きくても問題ありません。表面がなめらかで萎んでいないものを選びましょう。煮物や揚げ物に適しています。

腐ったジャガイモ

なかなか腐りにくいジャガイモですが、以下のような症状がでてきたら食べるのはやめましょう。

・芽が大量に出て、ジャガイモがふにゃふにゃになっている
・中から液体が出て、グシャッとしている
・腐った臭いがする
・カビが生えている
・全体的に黒く変色している


前述した通り、芽が出てきたり、緑色になってきたりした場合は、食べる際にはより注意が必要です。芽や緑色に変色した部分には毒素を含んでいます。

これら毒素を多く含むジャガイモを食べると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。ジャガイモに芽が出てきたり、緑色の部分があったりしたら、皮を厚めに剥いて、芽や緑色の部分だけでなく、その周辺も多めに取り除きましょう。
▼きちんと知っておきたいジャガイモのこと。

賢く保存して、いつでもジャガイモを食卓に

ジャガイモの保存方法はお分かりいただけましたか?

日頃何気なく保存しているジャガイモも、適切な方法で保存すれば2〜3ヶ月以上持たせることができます。「野菜がない!」という時にも、ジャガイモが常備されていれば追加の1品を簡単に作ることができますよ。ジャガイモの調理方法は無限大で、どんどん新しいおいしいレシピもでてきています。ぜひご家庭で色々なレシピを試してみてくださいね!
▼加熱時間でおいしさが変わる!
▼意外!生で食べられるんだ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

近年では資格までが登場している焼酎。様々な焼酎を晩酌に飲んでいる方もいるでしょう。ところで焼酎には消費期限や賞味期限があるのでしょうか?焼酎の賞味期限や詳しい扱い方についてご紹介します。焼酎好きな方必見です。

まとめ

コンビニやスーパーでもらったレジ袋、適当にまとめて仕舞っていませんか?そこでご紹介したいのが、レジ袋のたたみ方。これを覚えておくだけで、レジ袋はさらに便利に!さらに収納にもこだわれば、あなたの部屋がおしゃれな…

生クリームの泡立て、上手にできていますか?ハンドミキサーがあれば比較的簡単な生クリームの泡立てもホイッパーを使ってやろうとすると上手に泡立てられないこともありますよね。ハンドミキサーなしでふわふわの生クリーム…

じゃがいも レシピ まとめ

じゃがいもは安価で一年中手に入るので、常備してなにかと料理に使う方も多いですよね。特にじゃがいもとひき肉は相性が良いのでとても多くのレシピがあります。チーズを使ったものやグラタン、あんかけ、煮物などのレシピか…

豆腐

いつでも買い求めやすい「豆腐」。ヘルシーで美容にも効果があり、使いやすい万能食材です。嬉しい栄養がたっぷりですが、気が付くと賞味期限が切れてしまった事もありますよね? 今回は、保存方法や長期保存可能な充填豆腐…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コロッケ レシピ

家でクリームコロッケを作るとき、どのように作っていますか?ほとんどの人が揚げて作っているかと思います。しかし、クリームコロッケは揚げずに作ることができるのです。気になりますね。では、一体どんな作り方があるので…

レシピ まとめ

かわいくてつい買ったけど、ずっと使ってないという方も多いのでは?そんな方に「タジン鍋」を使った人気レシピを20点ご紹介します。野菜や魚の旨味をそのまま活かした簡単レシピばかりなので、さっそく今夜作っみてくださ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る