ローディング中

Loading...

彩りに加えると料理が一気にオシャレになるパセリは、新鮮なうちに使い切るのは結構大変。そのため冷凍で保存する方法をぜひ覚えましょう!そこで今回は、少しの手間で賢く保存する方法や解凍方法、パセリのおすすめレシピをご紹介します!

パセリは冷凍して保存しよう!

トマトソースやホワイトソース、お肉料理などの仕上げに、パセリをパラっと振りかけるだけでぐんと彩り豊かになり、料理が一段とおいしく見えますよね。彩りとしてサンドイッチやコロッケなどに添える名脇役の存在です。

古来パセリは、食用としてだけでなく薬用にも用いられていた食材で、ビタミンやβカロテン、カルシウムや鉄なども豊富に含まれています。そのため、食べずに捨てるなんてもったいないのです!せっかく買ってきた食材という意味でも、捨てられたら寂しいですよね。パセリの購入を躊躇してしまう方、また、家庭菜園で作ってみたけれど最後は枯らしてしまった、なんて方もいるのではないでしょうか。
ちなみに、パセリと一口に言っても、付け合わせなどでよく目にする葉が縮れたパセリと、葉が平たいイタリアンパセリがありますよね。このふたつ、実はどちらも香り成分はほとんど変わりません。食感が全く違うので生のまま食べると別物のように感じるのが不思議なところです。冷凍保存はどちらでも可能なのでお好きなパセリでお試しください。

いずれにしても使い切れずに冷蔵庫で保存すると、保存方法によってはすぐに萎れてしまうのがパセリの特徴でもあります。通常冷蔵保存だと、日持ちは1週間から長くても2週間というところです。今回は、そんなパセリを長く日持ちさせられる冷凍保存と使い方について紹介します。

パセリの冷凍保存の仕方

冷凍パセリは、生のまま冷凍する方法と、ドライパセリにしてから冷凍する方法の2つの方法があります。ビタミンなどの栄養素も丸ごと保存したい場合は、生のまま冷凍がおすすめです。より長く日持ちさせたい場合は、ドライパセリを冷凍するのが良いですよ!

準備するもの

・新鮮なパセリ(好きなだけ)
・キッチンペーパー
・フリーザーバック(冷凍保存できる袋なら何でも)

生のまま冷凍する場合、ドライパセリにして冷凍する場合、いずれの方法も保存に大切なのは、「水気を切ること」と「空気に触れさせないこと」です。それでは、順番に手順を見ていきましょう。

”生のまま冷凍”する手順

1. 新鮮なパセリをよく洗います。
2.キッチンペーパーでよく水気を切ります。ここで水気を残さないのがポイント!
3.一番太い茎から葉を摘み、フリーザーバックに入れて冷凍します。
4.一晩ほどしっかり冷凍したら、パリパリになるのでフリーザーバックの上から揉んで粉砕すれば出来上がり。

とっても簡単ですよね!3で残った太い茎も、捨てずにスープなどに入れるとおいしく食べられますよ。

”ドライパセリにして冷凍”する手順

1.新鮮なパセリをよく洗います。
2.キッチンペーパーでよく水気を切ります。ここで水気を残さないのがポイント。
3.一番太い茎から葉を摘み、キッチンペーパーを敷いた耐熱皿の上に重ならないように並べ、電子レンジ500ワットで2分ほど加熱します。
4.カリカリになっていればOK。まだならば30秒ずつ追加してカリカリにします。
5.フリーザーバックに入れて、上から揉んで粉砕して出来上がり。

パセリの量やレンジの熱の通りかたで、加熱の時間が変わってきます。一気に追加加熱せずに30秒ずつ追加してくださいね。

保存期間

生のまま冷凍したもので1か月程度ドライパセリにして冷凍したもので数か月日持ちします。ですが、これはあくまで目安であり、冷凍保存している間も常温や冷蔵に比べるとゆっくりとはいえ、少しずつ劣化は進んでいきます。風味も色味も落ちてしまう前に使い切りましょう。

解凍方法

冷凍したパセリは、自然解凍でOKのため、そのまま調理が可能です。市販のドライパセリと同じように使えますよ。

スープやグラタンなど料理のトッピングはもちろん、ポテトサラダや卵焼き、フライの衣に入れたりしても彩りは良くなり、おなじみのメニューもより一層おいしく見えますね。我が家ではバターに練りこんでサンドイッチのパンに塗ったりもしています。目にも鮮やかでワンランク上のお料理が作れますね。

新鮮なパセリの選び方って?

パセリの冷凍保存法についてご紹介したが、どれだけ正しい方法で保存していても、買ってきた時点で傷んでいたのでは意味がありません。そこで、次に新鮮なパセリを選ぶ際のポイントをご紹介します。パセリは鮮度が落ちてくると、葉が萎れてきたり黄色味がかってきます。

そのため、パセリを選ぶ際は、
・葉や茎がハリのよいもの
葉が密集しているもの
・色が濃い緑色のもの

上記の点に注意しながら選んでみましょう。

悪くなっているパセリとは?

「冷蔵庫の野菜室で眠ったままになっていた!」「冷凍保存したものの、1か月以上放置していた!」など、うっかりパセリの存在を忘れてしまう場合もあるかと思います。そんな時のために、食べられないパセリの状態も知っておきましょう。

特に家庭菜園などで作ったパセリは下記の特徴がみられた場合は、病気の可能性もあるため要注意です。1つでも下記の状態が見られた場合は食べない方がよいでしょう。

・葉の色が緑ではない(茶色、黄色、黒色など)
・葉に白いカビのようなものがはえている
・異臭がする(腐ったような臭いで、いつものパセリの臭いではない)
・ぬめっている


スーパーマーケットなどでは、悪くなっているパセリを販売していることはまれだと思いますが、念のため確認してから買うことをおすすめします。

パセリが主役のレシピ!

パセリは飾りだと思っていませんか?いえいえ、主役としても活躍できるのです!パクチーブームに続いて、パセリブームがくる時代も近いかも?今回はそのなかでもおすすめの4種類のレシピをご紹介します。

1 パセリのピラフ風

パセリをメインに、キヌアを使ったレシピです。キヌアには食物繊維やカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などの栄養素が豊富に含まれており、近年話題の食材ですね。販売するお店も急激に増えてきました。一見難しそうなメニューですが、材料をそろえてしまえば切って全て投入し煮るだけと、とても簡単に作れます。パセリの香りが食欲をそそりますよ!

2 パセリのナムル

こちらはパセリが完全主役のナムルです!材料はパセリと鶏ガラスープの素、白すりごま、ごま油の4つを和えるだけ!一度に大量消費できるので、買ってきたら冷凍保存する前に作ってください。パセリのもそもそする食感が苦手な方も、火を通すとしんなりして食べやすいのでぜひお試しを!

3 パセリのサンドイッチ

写真ではイタリアンパセリを使っていますが、普通のパセリでも代用可能です。ヘルシーながら、ちゃんとお腹にたまる一品です。こんなオシャレなランチが作れたら一目置かれそうですね!休日の朝食メニューとしてもおすすめです。

4 パセリの天ぷら

そのままのパセリは苦いしもそもそするから苦手という方はこちらがおすすめ。パセリのいい香りと、カリッとした食感がやみつきになるはず。大葉の天ぷらに近い感覚ですね。そのままか、もしくはシンプルにお塩でいただきましょう。

冷凍パセリでワンランク上の食卓を!

レストランの料理に比べると、どうしても地味になりがちな家庭料理。その理由のひとつは彩りにあります。

普段の家庭料理に冷凍パセリをちょっとだけ振りかけてみてください。パセリの緑が加わっただけで、いつものスープが、いつものグラタンが、いつものパスタが、プロ顔負けのオシャレな一品に早変わりします。

パセリを使い慣れていないと、「そんなに使い道なんてあるの?」と思いがちですが、実はいろいろな料理に邪魔することなく彩りを添えてくれますよ。ぜひお試しください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

バター レシピ

さまざまな輸入食品を扱うセレクトショップ「カルディ」。中でも「たらこスプレッド」というたらこを贅沢に使ったバターが爆発的に売れているのをご存知でしょうか?今回は、「たらこスプレッド」を使った時短×…

小松菜 レシピ パスタ まとめ

クセのない小松菜は青菜野菜の代表選手。食べやすさだけではなく栄養価も高く、いろいろなレシピに応用できるところも魅力です。今回は人気の小松菜パスタレシピを紹介します。トマト系やクリーム系、ペペロンチーノ、もちろ…

レシピ まとめ 韓国料理

韓国料理の定番、ビビンバを自宅で作った場合、献立は何にしますか?ビビンバ1皿だけでは、物足りませんよね。今回は、ビビンバに合う献立、スープに副菜、魚料理、揚げ物などおすすめレシピを厳選15品ご紹介します。ぜひ…

タコライス エスニック レシピ まとめ

おしゃれで作るのも難しくないタコライス。でも、一緒に食べる献立に悩んだことはありませんか?今回はタコライスに合うスープや副菜、サラダ、揚げ物、焼き物などをレシピ付きでまとめてご紹介します!ぜひ参考にしてくださ…

レシピ お弁当 鶏肉

あっという間に彩り豊かな3色弁当のできあがり!全ての工程がレンジのみでできる「鶏そぼろ三色弁当」のレシピをご紹介します。甘い味付けの卵と、甘じょっぱい鶏そぼろの相性が抜群で、ご飯がどんどん進みます。忙しい朝の…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ 焼きそば アレンジレシピ

スーパーで3食入りで販売されている焼きそば。そこに一緒についてくる粉末ソースの元。液体ではないので麺が柔らかくなりすぎずちょうどいいんですよね。でも、困るのが余ってしまったとき・・。今回はその余った粉末ソース…

クグロフ レシピ まとめ お菓子

ドイツやフランスで愛されているお菓子、クグロフ。あの、マリー・アントワネットも好んで食べていたと言われています♪そんなクグロフの、アレンジレシピをご紹介します。

レシピ サラダ まとめ

メインの料理に合わせる脇役の野菜達にもしっかり存在感を持たせたいですよね。でも手間暇はかけたくない。そんな時に役立つ海外のアイデアレシピ10選をご紹介します。栄養豊富な野菜でサイドを固めてヘルシーな食事を心が…

レシピ まとめ

暑いと体力が落ちて、ついエネルギーも消耗しがち……。そんな日本の夏を乗り切るためのスタミナ料理をご紹介します。にんにくや豚肉など取り入れたい食材を使った簡単レシピは、すぐに真似でき…

レシピ まとめ

辛味や香りの強い玉ねぎは、すりおろしてドレッシングにすることでいろいろなお料理のアクセントになりますよ。血液をサラサラにし整腸効果も高い玉ねぎは、ダイエットにもおすすめ。お野菜にもお肉にもおすすめの玉ねぎドレ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

レシピ レモン

あの大人気?の「レモンジーナ」のレシピ。そのルーツはフランス版のレモネード“シトロネード”なのだそう。フランスで広く飲まれているシトロネードを、お家でも作っちゃいましょう!フレッシュ果…

まとめ

1864年にイギリスで創業したCORNISHWARE(コーニッシュウェア)。ホワイト&ブルーのボーダー柄のものが人気で、モダンなデザインなのにどこかレトロさがあるのが魅力です。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...