ローディング中

Loading...

ボリューム感も栄養も満点で、お財布にも優しい「もやし」。炒めればシャキシャキとした食感が楽しめ、色々なお料理で活躍してくれる、とても優秀な食材です。でも、洗う派と洗わない派に分かれているそう。品質や味に関係してくるのでチェックしましょう!

もやし、洗ってる?

栄養価が高く、食物繊維も豊富なもやし。ボリューム感があるので、減量中の食材としても優れています。また、1袋数十円とリーズナブルな価格で購入できるため、お給料日前のお助け食材にもなる、万能な野菜です。
そんなもやし、皆さんは調理する前に洗っていますか?それとも洗わずに調理していますか?調べてみると、「洗う派」と「洗わない派」に大きく分かれるようです。

もやしは洗う?それとも洗わない?

調理する前に「洗う派」と「洗わない派」に大きく分かれるもやし。双方にしかるべき言い分があるようです。ここでは、双方のメリットに触れながら、本来もやしは洗うべきか、洗わないべきかを考えていきたいと思います。

もやしは洗わなくてもいい!?

もやしは調理前に洗わなくてもいいのでしょうか?
もやし生産者協会のホームページを見てみると、『もやしは出荷前に清浄な水で洗浄されているので、調理前の水洗いは必要ありません。』という記述があります。
また、大手の小売店であるイオンのサイトにも『もやしは昔からきれいな水を利用して栽培されてきました。そして豆自身がもっている養分で育っていきます。ですから、安全・安心・健康な野菜といえます。』とあります。
このように、もやしはきれいな水で洗われてから袋詰めされているので、基本的には調理前に洗う必要はないようです。
ただし、メーカーによっては、もやしの袋に「調理前に洗ってください」といった記載があることもあるので、そのような場合は指示に従って洗っておいたほうがよいでしょう。

洗っても問題はないの?

このように、基本的には調理前に洗わなくてもよいとされるもやしですが、他の野菜と同様、洗ったとしても特に問題はないのでしょうか?
もやしは出荷前にきれいな水で洗浄されてから袋詰めされていますが、保存状態のよし悪しなどによっては、臭いが出てくることがあります。また、もやしは袋の中で呼吸しているため、袋の中でその臭いがこもることもあります。このような場合は、調理前にさっと水洗いして臭いを除いてあげたほうが、かえって風味よく食べられるようになります。
なお、もやしを洗うときは、ザルなどに開あけて、流水でサッとひと洗いする程度で大丈夫です。水に浸けたまま放置してしまうと、もやしが変色してしまったり、栄養素が流出してしまうことがあるので、あまりおすすめできません。

洗ったほうがおいしくなる?

「洗う派」と「洗わない派」にきれいに分かれるもやし。もやしを洗う派には、「洗った方が美味しくなる」という意見も多くあります。もやしを洗うことで得られるメリットと、洗わないで得られるメリットには、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。以下、それぞれのメリットを紹介します。

もやしを洗うメリット

まずは、もやしを洗うメリットについて紹介します。
もやしを洗うメリットとして、まず「もやしは洗った方がおいしくなる」という点が挙げられます。もやしを洗うことにより、シャキシャキとした食感が一層味わえるようになるそうです。特に炒め物などにもやしを入れる際は、もやしの独特の歯ごたえがポイントになってくるので、ひと手間かけてもやしをさっと水洗いした方がよさそうです。
また、先述した通り、もやしを水洗いすることで、保存状態やもやしの呼吸によって生じた、袋内にこもった臭いをとることができます。その結果、もやしの風味がよくなり、料理全体の風味もよくなるといった利点もあります。
ほかにも、もやしの袋内に付着した水滴に雑菌が繁殖している可能性もあるので、雑菌を取り除くためにも洗った方がよいとも言われています。衛生面が気になる方は、洗ったほうがよいかもしれません。ただし、このような雑菌は、加熱処理をすれば死滅するものが多いので、洗わないからといって食中毒になる例はほとんど無いと考えられています。

洗わないメリット

次に、もやしを洗わないメリットを紹介します。
もやしを洗わないメリットとして、洗う手間を省くことで、より時短で料理ができるようになるといった点が挙げられます。もやしを洗い、水気を切り、そのあともやしを洗ったザルを洗うには、ある程度の時間と労力がかかってしまいます。些細なことではありますが、こうした手間を省けることは、忙しい主婦にとってはとても魅力的なことですよね。
また、もやしだけでなく多くの野菜が、洗う時に長時間水に浸しておくと、栄養素が流れ出てしまうことがあります。特に水溶性のビタミンCなどは流出しやすいので、洗わないことで大事な栄養素の流出を防げるという点も、もやしを洗わないことのメリットと言うことができます。

ひと手間かけて、おいしくもやしを味わおう

「洗う派」と「洗わない派」に分かれるもやし。洗うことで得られるメリットと、洗わないで得られるメリットを紹介してきました。基本的には洗わなくても安全においしく食べられるもやしですが、時間があるときにはひと手間かけてさっと水洗いして、よりシャキシャキとした食感を味わってみるのもよいかもしれませんね!
▼こちらの洗い方もチェック!
▼ちなみに、もやしが冷凍できるって知ってる?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とうもろこし

甘くておいしい茹でとうもろこし。みなさんはどのように茹でていますか?今回は、みずみずしくジューシーにする、とうもろこしの茹で方をご紹介。塩や水の量、茹で時間や茹でる際に皮はどうするかなど。とうもろこしのおいし…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

とうもろこし 北海道

ふだん、とうもろこしをどうやって食べていますか?実は今Twitterで、北海道ではよく知られているというとうもろこしの食べ方が大きな話題になっているんです。特徴は、とにかくきれいな食べ終わり!その方法を、詳し…

おつまみ

今が旬のゴーヤは、安くて栄養豊富で積極的に摂り入れたい野菜です。いつもの献立に飽きたら、サバ缶を使ったおつまみサラダはいかがでしょう?レモン醤油でさっぱりとしたおいしさです!ごろっとジューシーなサバ缶で、食べ…

プリン レシピ スイーツ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、100%のたまごまるごとプリンの作り方を伝授!あるものを使って、簡単に殻を割らずに作る方法を教えちゃいます!ついでに、まるごとプリンをさらにおいしくしてくれるソース…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

おつまみ

うすいえんどうをご存知ですか?関西では豆ご飯といえばコレ!という馴染み深いものですが、関東の方には知らない人も多いのでは。青臭さがなくて甘みがあるこの食材、素材の味をそのまま生かした翡翠(ひすい)煮にすると、…

ローソン限定で発売されたハーゲンダッツのミニカップ「日向夏のパンナコッタ~パイを添えて~」が好評!良い意味でコンビニアイスらしからぬ味わいだと評判になっています。小粋な商品名も気になるこのアイスの味わいを、実…

エターナルライス

はじめまして。エターナルライスと申します。 東京都在住、美味しいも...

https://eternalrice.cookpad-blog.jp/

ページTOPに戻る