ローディング中

Loading...

納豆に生卵をかけて食べると美味しいですよね!朝ごはんにはぴったりの組み合わせ!だと思いきや、実は相性が悪い食べ合わせだということを知っていますか?なぜ納豆と生卵はダメなのでしょうか。今回は納豆と生卵の関係についてご紹介します。

意外と知らなかった!納豆と生卵の関係

食べ物には、食べ合わせというものがありますよね。ある食べ物同士を一緒に食べることで、体にいい効果が出ることもあれば、その逆の効果もあります。意外と身近な食品で、悪い食べ合わせをやっていた!なんてこともよくありますよね。今回は、日本人にとって身近な食品である納豆についてご紹介します。
納豆は、苦手な人もいますが、好きな人は毎食でも食べたいですよね。でも実はそんな納豆にとって食べ合わせの悪い食品は、生卵なんです。生卵も、卵がけご飯に使われたり、ビビンバのトッピングに使われたりと、ご飯とセットになっているメニューがありますよね。「納豆に卵をかけて食べるのが好き!」なんて人も多いのではないでしょうか。
でも、納豆と一緒に食べるのはNGなんです。なぜ納豆と生卵は相性が悪いのでしょうか。今回は、そんな納豆と生卵の関係についてご紹介します。

納豆と生卵はお互いによくない?

納豆は体にいい栄養素がたくさん含まれていますが、その中に「ビオチン」という美肌効果のあるビタミンBの一種があるのをご存じですか?ビオチンはコラーゲン生成を助ける作用や頭皮の血行促進などの効果があると言われており、「皮膚のビタミン」とも呼ばれているものなんです。髪や爪の主成分であるケラチンはコラーゲンから作られているため、ビオチンを摂ることで髪や爪が健康に保たれます。また皮膚の炎症を改善して新陳代謝をアップしてくれるため、美肌効果も期待できます。
一方、生卵には「アビジン」というタンパク質の一種が含まれています。アビジンにはビオチンと強く結合する性質があります。このふたつが結合してしまうとビオチンの吸収が妨げられてしまうのです。アビジンによって、せっかくのビオチンの効果が吸収されることなく体外へ排出されてしまいます。
納豆のビオチンは、生卵と一緒に食べると吸収率が減ってしまうためというのが、納豆と生卵の食べ合わせがNGな理由です。

NGなのは卵白だった!

ただ、生卵すべてがNGというわけではありません。卵には卵黄と卵白がありますが、アビジンが含まれているのは、卵白の部分だけなんです。卵黄には含まれていないため、どうしても納豆には生卵をかけて食べたい!という人は、卵白を取り除いて食べれば大丈夫です。

半熟卵にすれば卵白もOK!

さらに、生の卵白に含まれるアビジンは、熱に弱いんです。加熱することでアビジンの働きを抑えることができるため、加熱して食べるようにすれば、納豆との食べ合わせに卵白を入れてもOKなんです。加熱も、半熟くらいになれば大丈夫です。とろりとした卵の食感も残しつつ、美容効果も損なわない食べ方をおすすめします。
とはいえ、ビオチンは腸で作ることのできる栄養素です。生卵をよほど食べ過ぎるなんてことがなければ、絶対に食べてはいけないというわけではありません。たまに食べるくらいはいいのではないかと思います。

まだある!食べ合わせNGな組み合わせ

食べ合わせの悪い組み合わせは、まだ他にもいろいろあります。日頃一緒に食べていないか、チェックしてみましょう!

トマト×きゅうり

サンドイッチやサラダの定番ですが、きゅうりに含まれるアスコルビナーゼという酵素がトマトのビタミンCを酸化させてしまいます。

ラーメン×ライス

好きな人にとっては、とてもおいしい組み合わせかと思いますが、どちらも炭水化物をエネルギーに変えてくれるチアミン(ビタミンB1)が含まれていないため、糖質の代謝が悪くなり、疲れやすくなります。見た目からわかるように、肥満の原因にもなりますね。

わかめ×ネギ

どちらもお味噌汁の定番とも言える食品ですが、ネギに含まれるリンはわかめに含まれるカルシウムの吸収を阻害してしまいます。

しらす×大根

しらすに含まれるリジン(アミノ酸の一種)の吸収を大根のリジンインヒビターが阻害してしまいます。リジンが不足すると脱毛の可能性もあるので、要注意です。

ほうれん草×ゴマ

こちらも昔からの定番メニューですが、ほうれん草に含まれるシュウ酸がゴマのカルシウムと結合して、カルシウムの吸収を阻害してしまいます。

ひじき×れんこん

レンコンに含まれるタンニンの吸収をひじきに含まれる鉄分が阻害してしまいます。タンニンには血圧降下や脂肪を分解してくれる効果が期待できます。

カニ×柿

カニも柿も体を冷やす食べ物なので、一緒に食べると体が冷えすぎてしまいます。特に冷え症の人は気をつけたい食べ合わせです

ドリアン×アルコール

ドリアンは胃の中でアルコールと混ざり合うと急激に発酵し、発熱・膨張します。大量に摂取すると激しい嘔吐が起こる場合もあると言われています。あまり身近ではありませんが、海外に行った時などに注意しておきましょう。

食べ合わせ次第で美容効果もUP!

生卵と納豆の食べ合わせに衝撃を受けた方、ネギはいかがですか?ネギに含まれるアリシンが納豆のビオチンの吸収を助ける働きがあります。また、キムチのカプサイシンは脂肪分解や整腸作用もあるため納豆との食べ合わせにはおすすめです。
身近な食べ物でも、実は知らずに一緒に食べていたことってありますよね。すぐに体に害があるというわけではないので、あまり過敏になる必要はありません。せっかくなら、おいしく美容効果も高い組み合わせで食べてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和食 六本木 東京

“WASHOKU RE DESIGN”をテーマに、既成概念にとらわれない和食を提供する「808 TOKYO(ハチマルハチ トウキョウ)」が六本木にオープン!和の伝統を深く重んじつつも、変わりゆく時代の中での、…

レシピ 調味料 和食 まとめ

青柚子に同色の青唐辛子をミックスした、舌をピリリと刺激する柚子胡椒を使ったレシピをご紹介。手作りの柚子胡椒レシピやパスタ、ドレッシングへの応用法も含めて、使い方をまとめてみました。これから夏に向けての必須アイ…

和食

作りすぎてしまった肉じゃがは、どんな保存方法が適しているのでしょうか?冷凍?冷蔵?上手な保存方法のご紹介と共に、リメイクレシピもご紹介します。肉じゃがを保存するときのコツを覚えて、無駄なくおいしく食べましょう。

大根 和食

大根を調理する際、面取りっておこなっていますか?そもそも面取りする意味って何でしょうか?大根の面取りのやり方から自宅のアレを使った簡単な方法まで、和食の重要な調理法についてご紹介します。試したことがない方、必…

レシピ 和食 まとめ

カレーの付け合わせとしておなじみの福神漬け。名前の由来ってご存じですか?カレーの必需品なのに、そもそも材料は何だったかな?という方、お家での作り方や手軽なアレンジレシピをお伝えしますので、ぜひ試してみてくださ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

クロワッサン ティラミス スイーツ

クオリティーが高く、コスパが高いことで人気なコストコのフード。中でも、フランス産の小麦粉やバターを使用した「ラグジュアリーミニクロワッサン」と、プライベートブランドである「カークランドシグネチャー」のティラミ…

パン屋 まとめ

長い間営業を続けるパン屋さん。変わらず親しまれる理由は、ロングセラー商品にあるようです。時代に左右されないシンプルなパンがそこにはありました。創業60年を超えるパン屋さんの、老若男女から人気が絶えないロングセ…

ページTOPに戻る