ローディング中

Loading...

じゃがいもの芽には毒があって危険、という認識がある方は多いと思いますが、では、皮が緑色に変色したじゃがいもはどうなのでしょうか?食べても大丈夫なのか。なぜ緑色に変色してしまうのか。今回は、じゃがいもの変色について紹介したいと思います。

緑色のじゃがいもは危険!?

あなたは、皮が緑色になったじゃがいもを見たことありませんか?皮が緑色のじゃがいもは、腐っているのでしょうか?

じゃがいもの芽には「ソラニン」という毒が含まれていることは一般的に常識となっていますが、実は緑色に変色してしまった部分も毒なのです。じゃがいもの毒は加熱しても減らないため、食べないほうがいいんです。実際に変色したジャガイモを食べて体調を崩した例はいくつもあります。

じゃがいもが緑色に変色してしまったら、しっかりと取り除いてから調理するようにしましょう。

なぜ緑色になってしまうのか?

じゃがいもの芽や、芽の根元、光に当たって緑色になった部分には、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれています。つまりじゃがいもの皮が緑色になってしまうのは、太陽にあてすぎてしまうことが原因のひとつになっています。

じゃがいもは光をあてると毒素が増えるので、涼しくて暗い場所で保存するようにしましょう。また、家庭菜園などで作られた未熟で小さいじゃがいもは、全体にソラニンやチャコニンを多く含んでいることもあるので、注意が必要です。

毒性物質ソラニン・チャコニンについて

ソラニンやチャコニンは天然毒素の一種で、じゃがいもの芽や緑色になった部分に多く含まれます。通常のじゃがいもは、100gあたり平均7.5mgのソラニンやチャコニンを含んでいて、そのうち3~8割が皮の周辺にあります。一方、光にあたって緑色になったところは100gあたり100mg以上のソラニンやチャコニンを含んでいるといわれています。

摂取した際の症状と、危険な摂取量

それらをたくさん含むじゃがいもを食べると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。症状は、早いときには数分後から出始めます。遅いときには数日後に出ることも。

体重50kgの大人の場合、ソラニンやチャコニンを50mg摂取すると症状が出る可能性があり、150mg~300mgで致死量となり、死亡してしまう可能性が格段に上がってしまうのです。

ソラニン・チャコニンの食中毒の防ぎ方

栽培時の注意点

毒素は太陽にあたると増殖しやすいので、じゃがいもの芋の部分が地面から外に出ないよう、きちんと土寄せをしましょう。収穫したじゃがいもを太陽の下に放置しておくのもよくありません。また、育ち切っていない未熟なじゃがいもに毒素がたくさん含まれるため、十分に熟して大きくなってからじゃがいもを収穫するようにしましょう。

調理時の対処法

じゃがいもに芽や緑色のところがあったら、皮を厚めにむき芽や緑色のところだけでなく、そのまわりも多めに取り除きましょう。 緑色になっているかどうか判別しにくく、食べてよいものか迷った場合は、食べないようするのが無難です。

じゃがいもは、皮をむいて食べましょう。特に未熟なじゃがいもを皮ごと食べることは、避けたほうがいいですね。じゃがいもを茹でてもソラニンやチャコニンは分解されないので、量は減りません。

ただ、じゃがいもを170℃以上で揚げると、ソラニンやチャコニンが分解されるので、量が減ります。とは言え、緑色の部分を取り除かなかった場合には体調を崩したという前例もあるので、芽や緑色の部分は必ず取り除いてください。

保存の注意点

芽が出ていたり、緑色になったところがあるじゃがいもは、買わないようにしましょう。じゃがいもは暗くて涼しい場所に保管するのが原則ですが、冷蔵庫で保存する必要はありません。

揚げたり炒めたりすると、じゃがいもに含まれる糖とアミノ酸の一部が反応して、アクリルアミドという化学物質が生成します。じゃがいもを冷蔵庫で保存した場合は糖の濃度が高くなるので、揚げたり炒めたりすると、アクリルアミドの生成量が増える可能性があるからです。なので、冷蔵保存したじゃがいもでフライドポテトなどはやめたほうがいいですね。

長期の保存を避けるために、大量購入を避け、その都度必要な量を購入しましょう。購入後は、かごや通気性の良い袋に入れて、光のあたらない暗くて、涼しい場所で保存しましょう。りんごと同じ袋に入れておくと、りんごからエチレンガスが発生して、じゃがいもの発芽防止になります。20℃くらいになると発芽や腐敗がしやすくなりますので、10℃くらいの涼しい場所が好ましいですね。

調理するまで、水洗いはしないようしましょう。傷も傷みの原因になるので、保存時に害虫に食べられないよう注意が必要です。カットしたじゃがいもはラップをしたり密封袋に入れたりして冷蔵庫で保存し、できるだけ早く使い切りましょう。

緑色のじゃがいもを食べてしまったら

皮が緑色のじゃがいもが危険だということは、よく分かりましたね。皮が緑色の場合は、厚めにむき、中まで緑色の場合は食べてはいけません。もしも食べてしまった場合は、吐き気やめまいなどの症状がないかよく観察し、少しでも異常があればすぐにお医者さんにかかりましょう

じゃがいもの芽と違い、あまり知られていない「緑色のじゃがいも」ですが、じゃがいもを食べるときには「色」にも注意したいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

海の宝石・桜エビ。目がないという人も多いと思いますが、その旬がいつかご存知ですか?よりおいしい桜エビを食べたいと思うなら、これはもう必須の知識。この記事を読んでしっかり覚えて、駿河湾で獲れる旨みたっぷりの桜エ…

グラタン じゃがいも おつまみ

寒くなると食べたくなる、とろとろホワイトソースのグラタン。でもソースを作ってマカロニやペンネを茹でて…と手順を考えるとちょっと面倒です。もっと手軽に楽しむために、フライパンとオーブンで簡単に作れ…

シチュー

子供から大人まで人気のシチュー。作った次の日の味の方がおいしいと感じるかもしれませんが、シチューの保存は実は危険もいっぱい。正しく保存して、おいしく食べられる冷凍保存の方法をご紹介。あわせて解凍の仕方や、リメ…

食べたらわかる、固いやつや……!というコンビニアイスの定番あずきバー。食べたことがある人も多いですよね。初めて食べたとき、想像以上の固さではなかったでしょうか?なぜあんなに固いか気…

湯上りにちょっと一杯、もしくは雪見風呂で雪見酒……。魅力的なのですが実はとても大きな危険が潜んでいるんですよ。お風呂前、お風呂のあとなど何気なく飲んでいた人は注意が必要かもしれませ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考に…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

バター まとめ

最近は深刻なバター不足...スーパーの棚からバターがなくなったなんて話も耳にしますが、じゃあバターの代用品になる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバター代わりの食材についてお話したいと思います。

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

レシピ まとめ お弁当

レシピブログのユーザーであるkotoriさんの「男子中学生弁当」。ガッツリだけどとってもキレイな盛り付けが参考になります。今回は、kotoriさんの「男子中学生弁当」のお弁当のアイデアをまとめました。

レシピ 豚肉

ジューシーな豚のショウガ焼きは、アツアツの白ご飯と相性ピッタリ。玉ねぎの旨味が加わって、食欲がない時でもついつい食べられてしまう一品。濃い味がお好きな方は、少し長めに豚肉と玉ねぎを煮詰めてください。

sakura

可愛い雑貨と綺麗なスイーツを見ると、つい買ってしまいます。あとコー...