ローディング中

Loading...

あまり知られていないモンブランの意味。実は、ヨーロッパにあるアルプス山脈のモンブランが由来していることをご存知ですか?見た目のインパクトが強いのが特徴的なモンブランの作られたルーツや、見た目のデザインなどモンブラン事情についてご紹介します。

みんな大好きモンブラン

みなさんはどんなケーキがお好きですか?ショートケーキ?チョコレート?あ、タルトもいいですね。そんな数あるケーキの中でも、モンブランが好きという方も多いのではないでしょうか。
そういえば、あの独特なフォルムってモンブラン以外には見かけませんよね。では、みんな大好きだけど、知っているようで知らないモンブランについて、いろいろとご紹介しちゃいます。

モンブランは栗じゃない!?

モンブランと言えば、秋のお菓子と思っている方も多いのでは?その理由は、モンブランに栗が使用されることが多いためですね。カップケーキ型の土台に螺旋状のクリーム、てっぺんにはマロングラッセや栗の甘露煮がのっているというのが一般的なイメージです。
しかし必ずしも、モンブラン=栗というわけではないということをご存知ですか?モンブランが栗を使ったケーキというイメージが付いたのは、日本で最初にモンブランを作った洋菓子店の店長さんが、栗を使用したモンブランを仕立てたためなんです。その際、モンブランが広く親しまれることを望んだ店長さんが商標登録をしなかったため、栗を使ったモンブランが日本全国に広まっていくことになりました。今ではどの洋菓子店にもある定番メニューですね。

モンブランとは?

モンブランの意味

モンブランはフランス語で「白い山」を意味します。フランスとイタリアの国境にある西ヨーロッパでは、最高峰の山の名前であるアルプス山脈のモンブランが、その由来です。高さは、実に4,810m。日本で一番高い富士山が3,776mですから、富士山より1,000mも高いんですね。
ちなみにイタリア語ではモンテ・ビアンコ(Monte Bianco)と呼ばれていて、こちらも同様に「白い山」という意味です。また、フランス語ではラ・ダーム・ブランシュ(La Dame Blanche)という異名もあり、こちらは「白い婦人」という意味です。その美しさが名前からでも想像できますよね。

モンブランの特徴

モンブランは、栗を使っているイメージがありますが、必ずしもそうではありません。モンブランの山をイメージし、細い麺状にしたクリームをあしらい、雪に見立てた砂糖がかけられているのが特徴。
山の形に似せて作られているモンブランの螺旋状に巻かれたクリームは、登山する道を表しているのかもしれませんね。
先述したように日本にモンブランが登場した際、その洋菓子店の店長さんが商標登録をしなかったので、その広がりと共にさまざまなモンブランが生まれることとなりました。みなさんもサツマイモや紫芋、かぼちゃのモンブランを見て「へえ、栗じゃなくてもモンブランて呼ぶんだ。」と思ったことがあるのではないでしょうか。他にも、抹茶やチョコレートのモンブランというのもあります。どのモンブランも見た目に凝り、とても美しいですね。

モンブランの発祥は日本?

黄色いモンブランの発祥自由が丘「モンブラン」

お菓子のモンブランの発祥には2つの説があります。
ひとつは東京自由が丘にある「モンブラン」という洋菓子店を始まりとする説です。前述の、商標登録をせずにモンブランを日本に広めた洋菓子店の店長さんとは、このお店の創業者である迫田千万億(ちまお)さんのこと。迫田さんが1933年、モンブランの登山口シャモニーを旅行した際に出会ったメレンゲベースのマロンケーキと、美しく白い山「モンブラン」に魅了されたことがきっかけで、今も多くの方に愛されるお菓子モンブランが誕生することとなりました。
実は、迫田さんが食べたマロンケーキは茶色だったそうで、黄色いクリームと黄色い栗のモンブランは日本独自の物です。迫田さんがモンブランを開発する際、ヨーロッパで主流の茶色ではなく、日本でなじみの深い栗の甘露煮の黄色を用いたそう。時代柄、まだまだ洋菓子が苦手な中高年が多かったころ、「栗きんとんに似ているから、モンブランなら食べられる。」という声も多かったようです。日本においてこれほどモンブランが広まったのも、迫田さんの工夫のおかげかもしれませんね。
■店舗名:モンブラン(TOKYO JIYUGAOKA MONT-BLANC)
■最寄駅:東横線 自由が丘駅 徒歩2分
■住所:東京都目黒区自由が丘1-29-3
■電話番号:03-3723-1181
■営業時間:10:00~19:00
■定休日:なし
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13003260/

モンブランの元祖パリ「アンジェリーナ」

モンブラン発祥のもうひとつの説は、モンブランを看板メニューとして持つパリの老舗カフェ「アンジェリーナ」を始まりとする説。ルーヴル美術館近くのリヴォリ通りにあり、ジョージ5世やマルセル・プルースト、シャネルも通ったという名店です。お店の創業は1903年と、迫田さんのフランス旅行よりも昔なことが発祥説の根拠です。しかしながら、このお店にモンブランのメニューが登場した時期が定かではありません。
■店舗名:サロン・ド・テ・アンジェリーナ プランタン銀座本店(Salon de The ANGELINA)
■最寄駅:JR山手線 有楽町駅中央口 徒歩5分、東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅4番出口 徒歩2分
■住所:東京都中央区銀座3-2-1 プランタン銀座 本館 2F
■電話番号:03-3567-7871
■営業時間:11:00~21:30(L.O./〜20:30,コースのL.O./〜20:00)
■定休日:なし
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13031188/

正式名称は「モン・ブラン・オ・マロン」

パリでのモンブランの正式名称は「モン・ブラン・オ・マロン」です。「栗を使ったモンブラン」という意味ですね。見た目は茶色ですが、パリのモンブランも栗を使ったものが主流のようです。
ただし、日本のモンブランと大きく違うのはその大きさ!! アンジェリ-ナ本店のモンブランは大人の拳ほどもある大きさで、ひとつ食べれば満腹になってしまうほど。さすがヨーロッパですね。
銀座のアンジェリーナでも、パリ本店と同サイズの「オリジナルサイズ」が販売されています。日本向けの物はオリジナルサイズの半分である「デミサイズ」。お腹に余裕がある時、モンブランをおなか一杯に食べたい時などに、オリジナルサイズを注文してパリで親しまれる味を堪能してみてはいかがでしょうか。
ちなみに、パリ・サンジェルマンにある「ジェラール=ミロ」というお店のモンブランは真っ白なドーム型をしています。最初はびっくりしますが、「白い山」という語源を考えれば納得ですね。

愛され、進化し続けるモンブラン

みんな大好きだけど、実は詳しく知らないであろうモンブランの秘密に迫ってみました。迫田さんの、モンブランが広まって欲しいという願い、そして日本発祥の洋菓子かもしれないという点には驚きですね!
改めて、身近に食べているものや存在しているものが誕生した理由やつくった人たちの思いなどのストーリーを知ることで、身近なケーキがすごいものに見えてきますね。
今ではさまざまなお店が、独自のモンブランを研究していますので、モンブランの食べ歩きをしても面白いかも!! みなさんも、自分の好みにぴったり合ったモンブランを探して食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

細巻きでおなじみの「かんぴょう」ですが、かんぴょうが一体、何からできているのか、ご存じでしょうか。スーパーで見かけるかんぴょうは、カラカラに乾いたひも状のもの。今回は、かんぴょうがどんな食材からどんな風に作ら…

スイーツ ケーキ

セブン-イレブンからまたまたキュートなケーキが登場!スイーツファンがSNSで早くも盛り上がっています。リンゴを模した「カスタードホイップとリンゴのケーキ」と、メロンみたいな「メロンとミルクプリンのケーキ」。そ…

和菓子

日本の伝統菓子「落雁」。普段はお茶菓子やお供え物としてよく見かけますよね。でも、落雁って何でできているか説明できますか?さらにおしゃれな和菓子として、再び脚光も浴びているんです。今回は落雁の魅力に迫ります。

中華料理

中華料理に欠かせない点心ですが、そもそも点心とは何なのかご存じですか?餃子やシュウマイなどの印象が強い点心ですが、飲茶との違いは?今回は人気の点心の種類や食べ方、飲茶との違いまで、点心についてのあれこれをご説…

烏賊(イカ)は海の生き物なのに、漢字書くとなぜか烏の文字を使います。この由来なぜなのでしょう?海鳥でもない烏の意味、不思議だと思いませんか?イカだけでなく、タコにも虫ではないのに虫偏のついた「蛸」を使います。…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

西新宿 新宿 ランチ まとめ

今回は西新宿でランチが人気のおすすめ店をご紹介。個室でいただけるお店、ランチでは安く楽しめる高級店、500円の高コスパ、大満足間違いなしの食べ放題レストランなど一挙にまとめましたよ。これを見れば、きっと何度も…

パン

今だ人気の「ちぎりパン」。いろんな形のちぎりパンが沢山アップされています☆ お料理日記の「ペコリ」からハイレベルでクオリティの高いちぎりパンを集めてみました!まるでお店で売ってるかのような高クオリティーの完成…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る