ローディング中

Loading...

その国を代表する花や鳥、国花や国鳥の存在はみなさんご存じかと思いますが、なんとその国の菌、「国菌」というのが存在することは知っていましたか。気になる日本の菌はいったい何なのでしょうか。今回は、日本の国菌についてまとめてみました。

国花は桜、では国菌は?

世界各国では、その国を代表する歌や花、鳥などのさまざまなものが定められています。日本の国花は桜、国鳥はキジ、国蝶はオオムラサキ。これらをご存じの人は多いですよね。そのほかにも国を代表するものはいろいろあり、国石、国酒なども定められているそうです。

ですが、なんと国の菌「国菌」も存在することをご存じでしたか。その名のとおり、日本を代表するものとして選ばれた菌です。日本の「菌」とはいったい何なのでしょうか。

「国を代表する菌」といってもあまり想像ができないかもしれませんが、理由を知ると納得すること間違い無しですよ。さっそくご紹介いたします。

日本の国菌はなんと「麹菌」!

日本の国菌は、実は私たちもお料理でよく使ったり話題になる「麹菌(こうじきん)」なのです。一時期、塩麹がちょっとしたブームにもなりましたよね。

麹菌は、2006年に日本醸造学会によって認定されました。学術的には「アスペルギルス オリゼ」というカビの一種で、黄麹菌・黒麹菌・白麹菌と種類があるそうですよ。

昔から豊かな食文化の醸成に大きな貢献をしてきた菌なので、日本を代表する菌に認定されるのは納得ですね。

麹菌はこんなにすごかった!

これがないと和食は成り立たない!

麹菌は、蒸したお米や麦に生えるカビの一種です。カビといっても毒もなく食べられる体によいカビなので安心してくださいね。

この麹菌が持っているふたつの酵素が、和食のベースとなる、旨くて甘い独特の味を作り出しているのです。まず、旨味を作るのは、たんぱく質を分解するプロテアーゼという酵素。甘味を作るのは、デンプン質を分解するアミラーゼという酵素です。

そして、この旨みと甘みを引き出す麹菌を使用し、作られる代表的なものが日本酒なのです。これはみなさんすでにご存じだと思います。ですが、そのほかに味噌、米酢、みりん、醤油などの調味料も、すべて麹菌を利用して作られているのです。

世界無形文化遺産にもなっている和食にこれらの調味料は欠かせませんよね。

昔から無くてはならないものだった

和食とは切っても切れないこの麹ですが、その歴史はかなり古く、なんと8世紀にまでさかのぼります。その証拠に、8世紀前期にまとめられた「播磨国風土記」に初めて麹の記述がみられたということです。

「神様に捧げた強飯が濡れてカビが生えたので、これで酒を造った」と記されているのですが、 実際にはさらに古いという説もあるそうですよ。

麹菌が繁殖することを「麹の花が咲く」といいますが、日本昔話の「花咲かじいさん」の中の「灰をまいたら花が咲いた」という話は、麹の製造にヒントを得たという説まであるそうですよ。麹菌は古くから日本人にとって身近なものであり、なくてはならないものだったのですね。

凄まじい美容健康効果まで!

古来から日本人の食文化に不可欠だった麹菌。その活躍はおいしさだけにとどまりません。実は麹菌は素晴らしい健康・美容効果があるのです。

和食が体にいい、と言われますがその理由のひとつに麹菌があるのかもしれませんね。さっそく麹菌の凄まじいパワーを見ていきましょう。

麹で疲れ知らずの体に!疲労回復効果がすごい

なんと江戸時代から疲労回復に麹が使われていたそうです。麹で作った甘酒を夏バテのときに飲んで元気をつけていたそうですよ。甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれていますよね。

麹にはビタミンB1・B2・B6などの必須ビタミンがたっぷりと含まれています。特にビタミンB1は、お米などの炭水化物から得た糖質をエネルギーに変える重要な栄養素です。エネルギーが補給されることで元気が出るんですね。

ビタミンB1は水に溶けてしまうので、暑い夏は特に汗といっしょに流れ出てしまいます。すると体にはエネルギーが不足してしまい、いわゆる夏バテがおきてしまうのです。そこで麹菌を取り入れることで、疲労回復どころか夏バテの予防にまで役立つというわけです。

女性にはうれしい美肌効果

ビタミンB2は、皮膚や粘膜を保護してくれる働きやお肌の代謝を助けてくれる働きもあります。そして、コウジ酸はシミの原因となるメラニン生成を抑えてくれる働きをします。ほかにも、ビタミンB群が豊富に含まれているので保湿効果もあるのです。

麹菌は、新陳代謝とコラーゲンの生成を促し、健康的な肌に導いてくれる、女性の強い味方なのです。麹菌はほかにもリラックス効果があったりと、体にうれしい効果がたくさん。昔から日本人はこのような健康美容効果を実感し、食に取り入れていたのですね。

衝撃!なんと日本の国草は、あの「大麻」

国花が桜ということもあり、国草もさぞかし綺麗なものだろうと思いきや「え!大麻?」と驚いた方も多いのではないでしょうか。実は戦前までの日本では大麻の栽培は当たり前であり、広く親しまれていた植物なのです。

もちろん吸引することが目的ではありません。国草に認められるほど日本人に必要不可欠であった大麻、ではかつての日本人はどのように大麻と共存していたのでしょうか。

麻は日本人にとって生活必需品だった

かつては、赤ちゃんが生まれるときのへその緒は麻糸で切ったり、「麻のように丈夫にすくすく育つように」と子供に麻の葉模様の着物を着せていたと言われてます。また、結婚式では夫婦が末永く仲良く幸せであることを願って、夫婦の髪を麻糸で結ぶ儀式が行なわれていたそうです。

日常生活の中では、衣服や下駄に麻が使われていたり、家の壁や天井に大麻の茎が使用されていました。また、畳も麻糸で作ることができましたし、夏は蚊帳(かや)を麻糸で編んで快適に寝られる工夫がされていたのです。

そして、伊勢神宮のお札のことを「神宮大麻」と言ったり、大麻とは天照大神(あまてらすおおみかみ)の御印とされているなど、古くから信仰にも深い結びつきがあったようです。

生活の中にも、そして信仰や縁起物としても大麻は大昔から日本人にとって生活必需品だったのですね。

国菌「麹菌」は身近なところにあった!

国菌「麹菌」について、いかがでしたか。

日本人の和食離れが問題になったりもしましたが、日本の調味料のほとんどのもととなっている麹、私たちが口にしない日の方が実は少ないのではないでしょうか。塩麹や甘酒のブームがあったように、いつの時代も私たち日本人にとって麹は切っても切れない存在のようですね。

和食をおいしくしてくれて、しかも私たちの健康や美容に一役買ってくれる麹菌に、日々感謝しながら、楽しく食卓を囲みたいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

毎日食べてもおいしくて飽きないウインナー。どんな焼き方をするとおいしいウインナーに仕上がるのでしょうか?じつは茹でた後の油がポイントなんです!今回は、フライパンやオーブントースターを使ったおいしい焼き方をご紹…

ハンバーグ

ハンバーグをオーブンで焼くと、ふっくらおいしく仕上がることをご存知ですか?時間や温度、焼き方を覚えて、自宅で本格ハンバーグを作りましょう。今回は、ハンバーグをオーブンで上手に仕上げる方法をご紹介します。

レシピ 中華 まとめ

中華料理の高級調味料「XO醬」。名前は知っているけれど、ご家庭では使ったことがないという方も多いのではないでしょうか!? そこで今回は、XO醬の使い方、XO醬を使った簡単レシピなど、すぐ使ってみたくなる情報を…

レシピ ハム まとめ

日本の食卓で日常的に使用されているロースハム。ロースハムとボンレスハムの違いって何だかおわかりですか?今回は、ボンレスハムに注目し、ロースハムとの違い、おすすめの食べ方、人気レシピまで詳しくご紹介します!

カレー

カレーに入れる人参の切り方は千差万別です。好みのよるもので正解というものはないのかもしれません。レシピによって切り方も様々。人参の切り方一つで、カレーの味も変わってくるかもしれませんね。今回は、切り方による違…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

豆腐 レシピ まとめ サラダ

豆腐は、日本人のわたしたちにとって切っても切り離せない食べ物です。とくに夏は、豆腐を使って簡単に作れる「豆腐サラダ」のレシピが人気ですよね。そこで今回は、そんな豆腐サラダのおすすめレシピをご紹介。この夏をさっ…

レシピ 牡蠣 まとめ

これからの時期旬となる「岩牡蠣」。毎年楽しみにしている人もいると思います。でも美味しいけど毎年なんだか変わり映えしない調理法。岩牡蠣はちょっとひと工夫すればこんなにたくさんのレシピがあるのです☆ぜひ作ってみて…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る