ローディング中

Loading...

ちょっとした時間潰しにもぴったりとして、子供から大人まで楽しめる日本の伝統的な言葉遊び「しりとり」。ですが、文字によってはなかなか言葉が出てこない事も。今回はそのなかでも最難関と言われている「る」からはじまる食べ物についてご紹介します。

しりとりの最難関「る」

日本の伝統的な言葉遊びのひとつ、「しりとり」。人数さえ集まればどこでもできることや、「ん」で終わる言葉を言った人が負けという大まかなルールしかないため、手軽にできる遊びとして古くから日本人に親しまれています。

一生懸命その文字から始まる言葉を考えることから、脳にもよい刺激になるとして、医療関係者の間でも注目されているそうですよ。

ですが、当たった文字によってはなかなか言葉が出てこず、ボキャブラリーには自信がある人でもまったく言葉が出てこなかったという場合もありますよね。そんななか、最難関の文字ともいわれているのが「る」です。特に、食べ物に限定すると、すぐに何か思いつくという人はそうそういないのではないでしょうか。

そこで、しりとりで絶対勝ちたい人必見!今回は、しりとり最難関の「る」からはじまる食べ物についてご紹介します。

実はこんなにあった!「る」から始まる食べ物

今回は、聞いた事がありそうだけどなかなか思い出せない、「る」から始まる食べ物をたくさん集めてみました。これを全部覚えれば、しりとりに自信を持って臨めますよ。

それではさっそく見ていきましょう。

ルイベ

ルイベとは

まずは、北海道の郷土料理「ルイベ」です。何となく聞いたことはあるけれど、実際のところどういう料理なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

ルイベとは、魚介料理の一種で、冷凍保存して凍った魚のままの状態で味わう料理のことを言います。もともとはアイヌ料理の一種で、アイヌ語の「ル・イペ(融けた食べ物)」に由来すると言われているそうです。

「凍らせるだけなら家でもできるのでは?」と思われがちですが、ルイベの製造に推奨されている冷蔵庫はマイナス20℃以下の業務用のものとされています。一般的に家庭用のものはマイナス10℃前後にしかならず、これでは寄生虫は死滅しないため、自宅でのルイベ作りは控えてくださいね。

ルイベの食べ方

秋から初冬にかけて捕獲した鮭を雪に埋めて冷凍保存し、食べる際に凍ったまま刀で切り分け、火で炙って融けかけたところで塩をふりかけて食べていたようです。冷凍することで保存性が高まるだけでなく、寄生虫の発生も防げるとして、寒いアイヌでは重宝された保存方法でした。

さらに、冷凍したときに水分が抜けることで脂も落ち、魚介類独特の脂っぽさやニオイも落ちることから普及していった食べ方のようです。

北海道の郷土料理としては鮭がもっとも有名ですが、このほかにもニジマスやヒメマス、イカの沖漬けなどもあるようですよ。刺身のように薄く切り、わさび醤油で食べるのがおすすめです。

瑠璃煮(るりに)

あまり聞いたことがなく、「どこかの郷土料理?」と思う方もいるかもしれませんが、「瑠璃煮」とは、茄子の色(瑠璃色)を活かした煮方で、和食の伝統的な方法のひとつです。この製法で調理された茄子を「瑠璃煮茄子」と言い、「茄子の色煮」と表現することもあるそうですよ。

瑠璃色とは、紫色をおびた紺色のことを言い、瑠璃煮は茄子をミョウバン水に浸して下処理したり、短時間で煮上げて作ることが多いようです。ほかの食材ではなかなか出せないキレイな色合いですよね。

瑠璃煮の方法

1. 出汁に塩を少し加えて冷ます。
2. 茄子を二つ割りにして皮に包丁で目を入れていく。
3. ミョウバン水に塩を足して約1時間「色止め」を行う。
4. 薄く作った味噌汁の上澄み汁でさっと煮る。
5. 軽く水気を絞り、1の出汁につけて味をしみこませる。

ルッコラ

地中海沿岸地域を原産とするアブラナ科の一種、ルッコラ。イタリア語の発音に近い「ルーコラ」と書かれることもありますが、日本ではルッコラが一般的なようです。

英語では「ロケット 」「アルガラ」と呼ばれるハーブです。シャキシャキとした食感とほのかな苦みが人気ですよね。カルシウムやビタミンも豊富で、美容や健康によいとして、女性を中心に人気の野菜です。

また、栄養面だけでなく、風味がよくなり、見ためもオシャレなことからホームパーティーなどのおもてなし料理にもおすすめの食材です。しりとりで「る」が回ってきた際に、「ルッコラ!」と答えれば、「料理上手なのかな?」と思われるかもしれませんよ。

ルイボスティー

ビタミンやミネラルが豊富なほか、抗酸化作用が高いポリフェノールも多く含まれるとして、美容を気にする女性の間で絶大な支持を誇るルイボスティー。

ノンカフェインなため、妊娠中の女性や子供も安心して飲めるのがうれしいですよね。栄養満点なのにクセがなくて飲みやすく、ミルクを入れてもおいしく飲めるのがポイントです。

ルイボスティーの効果効能

ルイボスティーは、女性の悩みをぜんぶ解決してくれるのではないかと思うほど、さまざまな効果・効能が期待できるんです。

高い抗酸化力があるため、美肌やアンチエイジング、デトックスの効果が見込めます。また、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれており、冷えやむくみにも効果があるそう。ほかにも、ダイエットや便秘など、女性が気になるさまざまな問題によいといわれています。

ルーツ

物事の根源や起源を意味する「ルーツ」。日本では、日本たばこ産業株式会社が販売するコーヒー飲料のブランドとしても知られており、コーヒー好きの方であれば誰しも一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。

その時のしりとりルールで、このような商品名もOKとするのであれば、「る」が回ってきた際には「ルーツ」と答えてみるのもよいかもしれません。

こんなのもアリ?「る」からはじまる商品名

固有名詞もOKであれば、かなり選択の幅がひろがります。

まずブルボンから発売されている「ルマンド」。紫色のパッケージは誰もが一度は見たことがあるでしょう。サクサクで甘いクレープクッキーは、どんな世代からも愛される定番のお菓子ですよね。

そしてブルボンからもうひとつ、「ルーベラ」も忘れてはいけません。こちらはラングドシャクッキーをくるっと巻いて焼き上げた、まろやかな甘みが特徴のお菓子です。ルマンドやホワイトロリータと並ぶブルボンの主力商品のひとつです。

そして、不二家から発売されている「ルックチョコレート」も、なじみ深いお菓子ではないでしょうか。大きく“LOOK”と書かれたパッケージが印象的で、いろいろなフレーバーがあり、ついつい買いたくなってしまいますよね。

ルー

ルーとは

ご家庭でカレーやシチューを作る際に欠かせないのが「ルー」です。自身でスパイスを混ぜ合わせて作る本格的なものもおいしいですが、やはりこういった市販のルーは簡単にできてリーズナブル、そして作り置きもできるため、忙しい現代人には欠かせないアイテムですよね。

そもそも、ルーとは小麦粉をバターで炒めて調理したもののことを言います。日本では、ルーと聞くと、市販のカレーやシチューのルーが一般的ですが、このルーはフランス料理にもよく用いられ、基本ソースのうち、ベシャメルソース、ヴルーテソース、エスパニョールソースはルーを用いるソースとされています。

ルーの作り方

あまり家庭でいちからルーを作ることはないかもしれませんが、意外と力と根気が必要なのがルー作りです。

まず、バターを鍋で熱して溶かし、小麦粉を加えたら、小麦粉がバターとまんべんなく混ざるようにかき混ぜます。そのあと、好みの色味がつくまで加熱します。加熱時間の長さによって、白に近いルーから色の濃いルーまで作ることができ、とろみと香りがついたルーができ上がります。

今は市販のルーもたくさん販売されているので楽ではありますが、「市販のものは極力使いたくない」「添加物が気になる」という方はぜひ一度試してみてくださいね。

「る」から始まる食べ物を知ってしりとり王になろう!

しりとりの最難関「る」から始まる食べ物、いかがでしたか。なかなかパッと出てこない「る」から始まる言葉。ましてや食べ物に限定されてしまうと、みんなが「る」で思い浮かべる「ルビー」などが使えず、さらに難しくなりますよね。

今回、ご紹介した「る」から始まる食べ物はどれも聞いたことはあるものの、すぐに思いつかないものがたくさん。語源や由来を知っていると、そのあとの話題作りにもなりますよね。また、知識としても身につくため、もしかすると仕事など意外な場面でも役立つことがあるかもしれません。

しりとりの最難関「る」をマスターして、みんなから一目置かれるようなしりとりマスターになってみませんか。
▼「り」の食材もマスターしてしりとり王者になろう!
▼食べ物のチカラで脳の回転率を向上させよう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

「オランダ煮」をご存じですか?石川県の郷土料理として親しまれているオランダ煮。外国のオランダとは関係があるのか?どんな食べ方をするのかなど、オランダ煮についてご紹介します。ご自宅でも簡単に作れるレシピも参考に…

和菓子 京都

京都の名産品「水無月」という和菓子をご存じですか?なぜこの和菓子には6月を指す水無月の名がついたのでしょう?水無月の名がついた由来や、どんな風に食べるのか、また、京都へ行ったらぜひ立ち寄ってほしい水無月のおい…

専門店

お品書きによく見かける「もり蕎麦」と「ざる蕎麦」。手打ちの専門店などでには「せいろ蕎麦」と書かれていることがあります。みなさんは、3つの蕎麦のの違いをご存じですか?せいろ蕎麦とその他蕎麦の違いと歴史、さらに、…

カクテル

爽やかな飲み口で人気のカクテル、ジンバック。でも、ジンバックの作り方や名前の由来って意外と知らない人も多いかもしれません。今回は、ジンバックの作り方や由来について詳しく調べてみました。バーで注文するとき、ちょ…

大根

身近な野菜、大根。みなさんは大根を英語で何というか知っていますか?海外で大根というと、日本でおなじみの白い大根ではないんです。では、海外の人に伝えるには、大根は英語で何と言えばいいのでしょうか?外国の大根と日…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

ハイブリッドスイーツ スイーツ ドーナツ お菓子 まとめ

最近スイーツマニアたちの間で話題が沸騰中の、未体験の食感が楽しめて、とっても美味しい「ハイブリッドスイーツ」の進化が止まらない!そんな「ハイブリッドスイーツ」を紹介します。さらに今回は、最後に超最新のウォーナ…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

京都 サンドイッチ

鳥丸御池駅から徒歩5分程のところにある昔ながらのおしゃれなお店が「喫茶店マドラグ」です。看板商品の玉子サンドをお目当てに、こちらのお店の素敵な雰囲気を目当てにくる人もいたり。常に人が絶えないお店です。

麻布十番 スイーツ プリン カフェ

ワッフルやパンケーキなど新しいスイーツブームが来ると、ワクワクしてしまう人は必見!これから流行しそうな「ミラノプリン」専門店の紹介です。普段食べているプリンよりも濃厚で、上品な味です。ひと足早くおさえちゃいま…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る