ローディング中

Loading...

大豆には、イソフラボンという女性ホルモンと密接した栄養素が含まれています。しかし食べ過ぎると太ってしまうかも……。そこで今回は大豆と女性ホルモンの関係についてご紹介します。大豆を日頃からこよなく愛す方は必見ですよ!

大豆を食べ過ぎるといけない?

大豆には大豆イソフラボンが含まれており、女性ホルモンと構造が似ているため摂るといいと話題になっています。でも、食べ過ぎると問題になるケースもあるみたいですね。

もともと優秀な食材として知られていた大豆ですが、摂りすぎると身体へどのような悪影響を及ぼすのでしょうか?気になる方も、いるのではないでしょうか。

今回はそんな皆さまの疑問にお答えすべく、大豆食べ過ぎによる悪い点をまとめてみました。

大豆を食べ過ぎるとどうなる?

ホルモンバランスの乱れ

大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をすることが知られていますが、それが逆効果となってしまう事があるのです。

というのも、食べ過ぎると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいやすくなるからです。人体に摂ってホルモンの分泌は適量がいいとされてますので、イソフラボンを多く摂りすぎるのは考えものと言えるでしょう。

自律神経の乱れ

先ほど説明したホルモンバランスの崩れですが、これにより自律神経が乱れやすくなるってご存知ですか?メンタル面に悪影響を及ぼす自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)だけでなく、胃炎や腸が過敏になることも起こりかねないと言われています。

本来、女性ホルモンは体の調子を整えてくれる効果が期待できますが、過剰な分泌は体に負担がかかりやすくなります。大豆の食べ過ぎには気をつけましょうね。

体の冷え

大豆はカリウムが豊富な食材ですが、そのため、身体を冷やす特徴を持っていることが知られています。カリウムは上手く使えば老廃物を対外に出してくれるデトックス効果を発揮してくれます。ですが、大豆を摂り過ぎてしまうと身体の冷えを引き起こすから厄介です。

もともと冷え性の方は要注意と言えるでしょう。大豆を食べていて体が冷えてきたと思ったら、それ以上は摂らないようにしてくださいね。

甲状腺作用の低下

ところで、大豆の中には甲状腺の働きを妨げる成分が入っていることが指摘されています。人によっては甲状腺機能をかなり低下させることもあるため、ここに疾患を抱えている人は要注意と言えるでしょう。

甲状腺の病気には、橋本病、パセドウ病などが知られていますが、この病気が心配な人は専門医に受診することをおすすめします。そのとき、大豆食品の摂取についても相談してみるといいのではないでしょうか。

下痢、便秘

不溶性食物繊維が豊富に含まれている大豆は、腸の動きをよくする作用があります。ですが、過剰に摂取してしまうとこの性質が逆効果に働くから用心しましょう。

便が水分を吸収して膨らみ、固くなってしまい便秘になるケースや、腸が活発になったがゆえに下痢になる場合があります。もともと内蔵機能が強くない人は、くれぐれも無理して食べ過ぎないようにしてくださいね。

太る?

大豆だって食べ物です。食べ過ぎればカロリーの過剰摂取につながり、太りやすくなることも。バランスの良い食生活を心がけることが、大豆とうまく付き合っていくポイントですよ!

1日の摂取量目安は?

食品安全委員会で1日に推奨されているイソフラボンの目安摂取量はおよそ70~75mg。このイソフラボンがどれくらい食品に含まれているか、簡単にまとめると以下のようになります。

・味噌汁 1杯(20g)…約6mg
・納豆1パック(50g)…約35mg
・豆腐木綿(150g)…約42mg
・豆腐絹ごし(150g)…約38mg
・豆乳1パック(200g)…約50mg

食べる時の目安にしてくださいね!

効果的に取ると得られる効果

過剰摂取はよくないですが、もともと大豆にはたくさんの「いい成分」が含まれています。タンパク質、ビタミンB群、イソフラボンなど、含有されている優秀な成分をあげればきりがありません。

シワ解消、便秘改善には特に効果的でしょう。腹持ちがいいため、積極的に献立に大豆メニューを入れていくと、食事の量を控えることができるはず。おやつの置き換えに豆乳を飲むなどして、ダイエット中に試してみてはいかがでしょうか?

また、女性ホルモンのバランスが崩れやすい更年期障害を感じる人には、大豆はおすすめの食材となります。最近イライラしやすくて…と言う人は適量食べることで体調を整えてはいかがでしょうか?

大豆は正しく摂取しよう

大豆のいいところ・悪いところをいろいろお話ししてきました。少しだけネガティブなこともお伝えしましたが、1日の摂取量をちゃんと守ればあなたのボディバランスを整える心強い味方になってくれるはず。

あまり神経質にならず、大豆をうまく料理に使っていくことが大切な気がします。あなたが健やかな毎日を送れることが一番大事!それを念頭に置きながら、大豆を食べていきましょうね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

豆腐 レシピ

今、Twitterで3分で作れるヘルシー茶碗蒸しが話題になっています!材料はなんと3つのみ♩火にかける必要はないので、暑い日や急いでるときのおかずにぴったりですよ。スタンダードな作り方とアレンジレシピをご紹介…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

チャーハン レシピ 納豆 まとめ

チャーハンのレシピにマンネリした時は、ひき肉を使ってボリュームアップしてみるのがおすすめ。ひき肉を使ったチャーハンは、コクが出ていつもと違った味わいになりますよ。合挽き肉、牛ひき肉、豚ひき肉、鶏ひき肉それぞれ…

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

麻婆豆腐 豆腐 レシピ まとめ

中華料理の定番レシピである麻婆豆腐。今回は、麻婆豆腐の基本の作り方やアレンジレシピをご紹介します。ピリ辛の本格的な四川風レシピから、時短で簡単に作れるレシピまで、食卓に並べたくなる麻婆豆腐レシピを20選お届け…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

スイーツ 和菓子 まとめ

そろそろお中元の季節がやってきました。贈る側の方は今年は何にしよう?といろいろ考えておられるはず。そこで今回は情報番組『ヒルナンデス!』でもとり上げられたおすすめの進化系お中元をご紹介します。どれもおいしく、…

おやつ レシピ

本日ご紹介するのは料理家・ヒグッチーニさん考案の「おはぎトースト」の作り方です。おはぎでも小倉トーストでもないユニークなこのおやつは、一度食べたらハマること間違いなしのおいしさ!材料やレシピもいたってシンプル…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る