ローディング中

Loading...

夏はもちろん、秋冬にも食べたくなるアイスクリーム。風邪をひいたときにも食べてもよいのでしょうか?風邪のときに食べると得られる効果やその注意点など、真相を詳しくご紹介します。意外にも喉が腫れたときにもおすすめなんですよ。

風邪の時にアイスは食べてもいいの?

皆さんは風邪を引いた時、何を食べますか。おそらく、ほとんどの人がお粥と答えるのではないでしょうか。確かに、お粥は消化も良く、噛まなくても食べられることから風邪などの体調不良時の定番とされています。

それ以外にもすりおろしたりんごやスポーツドリンク、プリンやゼリーなどと言った方もいるのではないでしょうか。ですが、実は風邪の時にはアイスがおすすめなことをご存じでしたか。一見風邪を悪化させてしまいそうなアイス。今回はその理由を徹底解説いたします。

風邪のときにアイスを食べたくなる理由

風邪で熱が上がり、頭もぼんやりしている。何も食べられないほどではないけれど、いつもほどの食欲がないときにアイスが食べたくなることってありませんか。

普段は何気ない「食事をする」という行動も、風邪で寝込んでいる時は「噛む」「飲み込む」という動作すら辛く感じます。そんな時、冷たくて甘いアイスクリームは喉越しが良く、熱で火照ったからだをクールダウンさせてくれることから、風邪を引いたときに無性に食べたくなるのだそうです。

ですが、実際のところ風邪を引いているのにアイスってどうなのでしょうか。その理由についてまとめてみました。

風邪の時のアイスはOK!その理由とは

バニラビーンズの香りで免疫力アップ

アイスクリームの定番とも言えるバニラアイス。なかでも、バニラビーンズの香りはなんだか幸せな気分にさせてくれますよね。

バニラビーンズの甘い香りはリナロールという成分によってもたらされており、このリナロールにはリラックスの効果のほか、ウイルスの侵入を防いで免疫力をアップしてくれるという驚きの効果があるのだそうです。

この効果はバニラビーンズそのもののみならず、オイルやエッセンスでもあるそうなので、アイスの他にもアロマや焼き菓子の香り付けとしてバニラを使用してみるのも良いですね。

体力消耗時の栄養補給にぴったり

風邪を引いて食欲はないけれど、アイスやプリン、ゼリーであれば食べられるという方も多いですよね。これらの食べ物は発熱で火照ったからだをクールダウンさせてくれる効果があります。

また、アイスに含まれる糖分は素早くエネルギー源となってくれますし、アイスの原料である牛乳や卵に含まれるたんぱく質やビタミンも補給することができるため、風邪で食欲がない時の栄養補給源としておすすめなのです。

喉が腫れているときも食べやすい

喉の痛みがあるときにはなるべく温めるのがよいとされており、一見アイスクリームは不向きに思われますが、炎症を起こしているときには何を食べても刺激になることがあります。そんなときこそ喉越しがよく食べやすいアイスクリームをどうぞ。

一般的に風邪をひいたときには乳固形分の多いタイプが向いていますが、このような状態のときには果汁の入ったタイプがおすすめ。但し咳込むようなときはさらに症状を悪化させ、気管支炎を引き起こすことがあるので控えましょう。

子供に薬を与えるときに便利

錠剤にしろ、粉薬にしろ、小さなお子さんはたいてい薬を飲むのを嫌がります。親はあの手この手で飲ませようと試みるものの、せっかく飲ませても吐いてしまったりなど苦労が絶えませんよね。そんな時にもアイスはおすすめです。

冷たくて甘いアイスは薬の苦みを和らげてくれるため、最近では小児科の先生の中でもこの飲み方を推奨する方がいるようですよ。ですが、念のため実際に行う際は主治医や薬剤師に確認を取ってから行いましょう。

風邪の時のアイス、ここに注意!

胃腸風邪のときはNG

風邪の時に食べるアイスで最も心配なのが冷えではないでしょうか。確かに、風邪のためにと思って食べたアイスでさらにからだを冷やしてしまっては何のために食べたのか分かりませんよね。

そもそも、胃腸風邪とは風邪ウイルスが鼻や喉だけでなく、胃腸にまで入り込んだことで起こるもののため、アイスをはじめとする刺激の強い食べ物を食べると、余計胃に負担をかけて症状が悪化してしまいます。

またアイスは消化が悪く、こういった点でも胃腸への負担となりますので、風邪は風邪でも胃腸風邪の場合はアイスを控えておいた方が賢明です。

体を冷やさないよう気をつけて

言うまでもありませんが、アイスにはからだを冷やす効果があるため、熱が上がりきった後であれば体温が下がりやすくなり、本人も楽になります。ですが、熱の出はじめや悪寒がある場合にアイスを食べるのは逆効果です。

本来、この段階ではからだを温めなければいけないにもかかわらず、アイスを食べてからだを冷やしてしまうと体内の細胞が風邪ウイルスを戦うのを妨げてしまい、回復が遅れてしまったり、場合によっては悪化してしまう可能性があります。

アイスクリームには体を冷やす効果があり、熱が上がりきった後なら体温を下げやすくしてくれますが、風邪で発熱し、悪寒があるようなときに冷たい食べ物を摂るのは逆効果。保温しなければならないところに体を冷やしてしまい、風邪のウイルスと戦うのを妨げるため回復が遅れます。また、熱が上がりきった後のタイミングで食べるアイスでも、からだを冷やさないよう十分気を付けてくださいね。

解熱鎮痛薬や風邪薬を飲んだら食べない

薬を飲んだ後にアイスを食べると、からだを冷やしてしまい、薬の効果によって体内の細胞が風邪ウイルスと戦っているのを邪魔してしまう可能性があります。ですが、これは薬によって異なりますので、処方箋の場合は主治医に市販の風邪薬の場合は薬剤師に確認してみると確実ですよ。

熱が上がっているときは控える

先ほど、アイスクリームは熱が上がりきったタイミングで食べるとからだを冷やしてくれるのでおすすめということをお伝えしましたが、一般的に熱があがっている時は風邪の引きはじめであり、からだが体温を上げることで風邪ウイルスと戦っているという証拠です。

この時点でアイスを食べるとからだが冷えてしまい、風邪の治りが遅くなってしまいますので、熱があがり続けているタイミングでのアイスは控えるようにしましょう。

食べ過ぎない

これはアイスに限ったことではありませんが、いくら栄養価が高かったり、様々な健康・美容効果が期待できたとしても食べ過ぎは良くありません。

アイスの場合、食べ過ぎるとからだを冷やしてしまうほか、カロリーの摂り過ぎで太ってしまったり、また、アイスは消化が良くないため便秘や胃の不調を引き起こしてしまったりと様々な可能性が考えられます。食べられるものが限られている分、どうしても偏ってしまいがちな風邪中の食事ですが、適度な量にとどめておきましょう。

風邪の時におすすめのアイスのフレーバー

バニラ

風邪を引いたときのいちおしフレーバーがバニラアイスです。さきほど、バニラビーンズには、ビタミンやミネラル、たんぱく質がバランス良く含まれていることやリラックス効果があることはお伝えしました。

この他にも、バニラビーンズには抗菌作用や抗ウイルス作用があるため、熱が下がり回復傾向にある時や、病み上がりだけれどまだ無理は禁物といった状態の時におすすめです。クセもないのでお子様も食べやすくて良いですね。

チョコレート

チョコレートにも免疫力を高めてくれるポリフェノールが豊富に含まれています。また、チョコレートのほのかな苦みと甘みが薬の味をかき消してくれるため、お子様がなかなか薬を飲んでくれないなどと言うときにもおすすめです。

カカオ含有率が高いダークなものの方がより高い効果を実感できますので、もし選べるのであればダークチョコレートを使用したアイスを選んでみてくださいね。

風邪の時におすすめのアイスアレンジレシピ4選

1. バナナとナッツミルクのアイス

栄養満点なバナナと、ナッツミルクを使用したヘルシーなアイスです。すべての材料をミキサーにかけたら容器に入れ、冷凍庫で冷やして固めます。 食べる際は少し室温で溶かし、なめらかになってから食べるとおいしいですよ。

バナナにはむくみを解消するカリウムも豊富に含まれているため、風邪の時はもちろんですが、妊婦さんにもおすすめです。

2. キウイとパイナップルのアイスクリーム

ビタミンやカリウム、葉酸などの栄養素がバランス良く含まれたキウイとパイナップルの南国感あふれるアイスです。キウイとパイナップルはカットし、ボウルに入れたら砂糖をまぶしながらフォークで潰し、バニラとブランデーを加えます。生クリームに砂糖と卵を入れて泡立てます。ゴムベラで混ぜ合わせ、タッパーなどの容器に入れたら冷凍庫で凍らせます。

シャリシャリの食感をほのかな酸味が風邪の時に食べやすく、ビタミンCもたっぷり摂取できるのでおすすめです。

3. グレープフルーツのあっさりアイス

グレープフルーツジュースに砂糖とヨーグルトを溶かし、冷蔵庫で冷やしておきます。冷やしている間に卵白を半泡立てたら砂糖を入れ、さらに泡立てたらメレンゲを作ります。 アイスクリームメーカーをセットし、グレープフルーツジュースを入れて2~3分したらメレンゲをスプーンですくって注ぎ口から入れます。15~20分すれば完成です。

アイスクリームメーカーを使うことであっという間にできてしまうホームメイドアイスクリーム。グレープフルーツの爽やかな風味とヨーグルトの酸味が風邪で弱ったからだにちょうど良いですよ。

4. アボカドとナッツのアイスクリーム

抗酸化作用や免疫力アップ作用があるビタミンEが豊富に含まれた、ナッツやアボカドが入ったアイスです。皮をむいたアボカドを適当に切り、レモン汁を全体にかけて電子レンジで柔らかくしておきます。砂糖、生クリーム、バニラエッセンスとともにミキサーにかけ冷凍庫で凍らせます。アボカドで風味の良いアイスになりますよ。

風邪のときはアイスもいいかも?

風邪の時に食べるアイスの効果と注意点について、いかがでしたか。一見NGと思われる風邪のときのアイスですが、食べる量やタイミングを守れば火照ったからだを冷やし、風邪の治りを早くしてくれる強い味方です。日々の生活に上手にアイスを取り入れて、風邪に負けない免疫力の高いからだを作っていきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

生姜 しょうが レシピ まとめ ココア

日本テレビの人気番組「解決!ナイナイアンサー」で紹介され、話題沸騰中の「レンチン生姜」。電子レンジで生姜を加熱するだけで、ダイエット効果あり!と人気です。どんなお料理にも使えて、便利なレンチン生姜で、あなたも…

アイスクリーム チョコレート

ローソン限定で、森永製菓から「チェリオ大 人の濃厚ザッハトルテ」が発売中です。アイスの中には生チョコが入っており、とっても贅沢!まるでザッハトルテを食べているかのような食感と濃厚な味わいが楽しめるアイスに仕上…

ガリガリ君の妹「ガリコ子ちゃん」をご存知でしょうか?2012年に一度発売して以来、“まぼろし”とされてきた「ガリ子ちゃん」のアイスが、なんと5年ぶりに復活です!ガリガリ君と違いやわらか…

マンゴー シャーベット

1日1食、新商品や話題の商品を実際に食べてみるこの企画。 今回は台湾で人気NO.1、新食感かき氷で有名な「アイスモンスター(ICE MONSTER)」から発売されている「オリジナルマンゴーシャーベット」をご紹…

プリン スイーツ

ベン&ジェリーズにこの冬にぴったりな濃厚フレーバー「ピースフルプリン」が新発売します。まろやかプリンでピースフルな気分が味わえること間違いなし♩お買い物の途中にぜひ、思わず癒されるアイスを味わってみて…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね?今回は朝に特に何を食べるといいのかについてご紹介したいと思います。海外のニュースを元にお話ししますね。朝食を作るときに是非参考になさってください。

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ヌテラ おやつ

今や200カ国で愛されている「ヌテラ」。日本でも密かなブームとなっていましたが、ここへ来て急速に人気が高まっています。「あの味がたまらない」「クセになる!」と評判の「ヌテラ」とは一体どういうものか、乗り遅れる…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

レシピ

欧米やInstagramで話題沸騰中の「クラウドブレッド」を知っていますか?ダイエットに最適なグルテンフリーの新しいパンなんです。今回朝日新聞出版より日本発ののレシピ本が登場。おいしくてアレンジも豊富なのでこ…

ローストビーフ

油をほとんど使わない調理で、お肉の味をしっかり楽しめるローストビーフ。クリスマスなど特別な日などに作りたくなるお料理ですよね。今回は、ローストビーフのカロリーや栄養、ダイエット中におすすめのレシピも紹介してい…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...