ローディング中

Loading...

「全粥」を知っていましたか?体調不良のときや食べ過ぎた翌日などに食べられる「お粥」ですが、いろいろな種類があるんですよ。今回は「全粥」を使ったアレンジレシピをご紹介。さっそくご家庭で実践したくなること間違いなしのおいしさです!

全粥とは?

消化のよさやヘルシーさから、体が弱っているときに食べたくなる「お粥」。実は様々な種類があるんですよ。そのひとつである「全粥」とは、米と水を1:5の割合で炊いたもののこと。

水分が多く含まれているのでカロリーは控えめ(100gあたり71kcal)。ふつうの白米は100gあたり約168kcalなので、比べるとかなりヘルシーなのがわかります。

全粥と五分粥の違い

全粥のほかに、5分粥と呼ばれるお粥がありますが、その違いは水分量のみとされています。全粥は米の量に対して水量が5倍で、五分粥は水が10倍です。ちょっと体調がすぐれない時や胃腸がもたれる時などは、水分が多いぶん消化のよい5分粥を選択するのもいいでしょう。

また、米の20倍の水で炊く3分粥、7倍の水で炊く7部粥があります。加えるお水の量によって米の硬さ、消化に違いがでます。その日の気分や体調に合わせて選んでもよいですね。

全粥のレシピをご紹介

材料

・米
・水
・塩

作り方


1. お米は洗い、土鍋に移す。
2. 水900mlを入れ、土鍋の蓋をする。
3. まずは「強火」にて調理開始。吹く直前で弱火にする。
4. 30分~40分コトコト煮込む。
5. 火を消して10分ほど蒸らす。
6. 塩をお好みで入れ、整える。

シンプルな全粥は、お米のほんのり甘い味がより引き立ちます。かき卵を入れたり、かつお節を入れたりしてご家庭ならではのアレンジを加えても◎。風邪をひいている時の食事でしたら、梅干しを入れるのをおすすめします。塩分と酸味がちょうどよく、食欲も増すでしょう。

全粥のアレンジレシピ

ミティ・ポリッジ

時間のない朝にぴったりのおめざです!

全粥にロイヤルミルクティと生姜を合わせ、溶かしたバター、ティーバッグの茶葉を加えてさらに混ぜます。それを器に盛って、ピンクポワブールをトッピングすればできあがり。

好みで黒胡椒をかけてもおいしいそうですよ♩ぜひお試しを!

コーンクリーム風のお粥

とろっとしたやさしい味わいでお子さまから大人まで人気のコーンクリームスープ。全粥を使って簡単に作れるコーンクリームの作り方をご紹介します。

お鍋で茹でたとうもろこしにクリームシチューのルウを加え、コトコト煮ます。仕上げに三つ葉を添えると彩りもばっちり。さらに、コーヒーフレッシュを加えることで濃厚な味わいになります。ご家庭でとうもろこしやルウ、コーヒーフレッシュの量を調整しお好きな味にアレンジしてみましょう。

簡単!七草粥

お正月を少し過ぎる頃になると食べる「七草粥」。昔ながらの料理は作るのが難しいという印象があるかもしれませんが、こちらの七草粥は炊飯器で簡単に調理できます。

炊飯器にお米を入れ、全粥のメモリまで水を加えて炊きましょう。硬さが気になる七草は、炊飯器に入れ一緒に炊くと柔らかくなりますよ。また、お好みでシャケフレークをかけて食べてもおいしいとのこと。お試しあれ。

土鍋で中華粥

土鍋にご飯と水を入れ、ご飯をほぐすようにしながら鶏のささみと生姜、酒、塩、鶏ガラスープを加えて強火にかけます。沸々してきたら弱火にして蓋を少しずらし、吹きこぼれに注意しながらそのまま10分炊きましょう。その後は火を止めて、蓋を閉めて5分ほど蒸らせばできあがり。

トッピングのおすすめは、ごまや三つ葉、白ねぎ、油揚げなど。いろいろなものを加えて、自分好みな品に仕上げてくださいね。

発酵!納豆チーズのお粥

高い健康効果が期待される発酵食品。納豆、チーズそして味噌の3つの発酵食品を使ったお粥は身体によいこと間違いないでしょう。

お味噌で炊いた全粥に、チーズや納豆そしてアクセントとして海苔を添えてできあがり。和風と洋風のミックスという新たな味を楽しめます。

おわりに

いかがでしたか。コトコト煮込むオーソドックスな全粥から、さまざまな具材が入ったパワーフード系のお粥までをご紹介しました。お粥はシンプルな料理であるぶん、さまざまなアレンジを加える余地があります。自己流で新しいレシピを作ってみても面白いですね。

さまざまな「粥」が存在しますが、身体が「求めている」お粥を食べることが大切なのではないでしょうか。身体のからの声を大切にして、お粥を普段の生活に取り入れてみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ キャベツ まとめ

豚こまは比較的どこのスーパーでも安価で売られている肉です。味もおいしく、さまざまなアレンジもできる豚肉は主婦の強い味方。豚こまを使った料理はボリュームがあり、満足感が違います。お弁当やおかずに使えるレシピを中…

レシピ まとめ

がっつりとスタミナをつけたいなら、豚丼はいかがでしょう?しょうがとにんにくで食欲をそそるレシピがいっぱい!豚バラ、豚こま、豚ひき、部位や用途に合わせた、簡単で人気のレシピ21選をご紹介します。冷蔵庫にストック…

レシピ まとめ

鮭でいただくムニエルはおいしいですよね♩カリッとジューシーな仕上がりにリピートする人も多いはず。ですが、ソースの種類がマンネリになってしまう危険も!今回は基本のムニエルレシピから、ソースのアレンジに注目したレ…

ティラミス アレンジレシピ レシピ まとめ

濃厚なチーズクリームとコーヒーのほろ苦さがたまらない、イタリアのデザート「ティラミス」。人気のデザートをお家で作ってみませんか?マスカルポーネチーズを使った基本の作り方からクリームチーズで代用したものまで、簡…

まとめ

シンプルなのに大人気な丼といえば「しらす丼」。生でも釜揚げでもおいしいしらすは、ごはんに乗せるだけでごちそうに大変身します。今回は、それらのしらすを使った丼ものレシピを20選ご紹介します。今すぐ、コンビニで買…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょとと便利なアレンジレ…

生姜 スイーツ レシピ まとめ

「マツコの知らない世界」2月3日放送分にも登場していた「永谷園生姜部」から、冷え知らずのスイーツレシピをご紹介!火を通すことで身体を温める効果が高まる生姜を使って、ほっこりティータイムなどいかがでしょう。

レシピ まとめ 炊き込みご飯

子どもから大人まで大好きなツナ缶。今回はツナ缶を使った炊き込みごはんの人気アイデアレシピをご紹介します。ツナ+αでとってもおいしい炊き込みごはんに仕上がるんですよ♩早速ご自宅にあるツナ缶で作ってみてくださいね…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

賞味期限が切れてしまった生クリーム…。もったいないから使いたいところですが、乳製品だしすぐ腐りそうで使って良いのか、食べていいのか迷ってしまいますね。そんな気になる生クリームの賞味期限と保存方法についてお教え…

日本人が好んでやまない白米。炊きたてごはんはそれだけでおいしいですよね。ですが、炊飯器の保温の仕方によって「あれ、ちょっと臭う」なんてことありませんか?今回は炊飯器の保温の方法、おいしい保温時間、おすすめ機能…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る