ローディング中

Loading...

日本における庶民の味・焼き鳥。最近は、焼き鳥を一つひとつバラして食べるスタイルが多くなってきたようですが、実際にその食べ方に不快感を表す人も多いのが現状です。果たして、焼き鳥の正しい食べ方とは? そして、どうしても外して食べなきゃいけない状況ではどうすれば良いのか? 今回は、そんな知っているようで案外知らない焼き鳥の食べ方マナーをまとめてみました。

実はフランス料理より難しい!? 知らないと恥ずかしい「焼き鳥の食べ方マナー」を伝授!

料理評論家の山本益博氏によれば、焼き鳥の食べ方のマナーはフランス料理のそれよりも難しいという…。

「フランス料理のレストランマナーは、世界共通です。店に予約を入れ、時間に遅れずに店を訪れれば、
席はすでに用意してあり、座ればサービス係が必ずメニューを持ってきてくれます。そして、料理でも
ワインでもわからないことがあれば、なんでもサービス係やソムリエが教えてくれます。ところが、焼き鳥屋ではそう簡単にはいきません。」

(中略)

「フランス料理のマナーは世界共通ですが、焼き鳥屋は主人が10人いれば10通りのマナーが
存在するというわけです。ただ、わたしたちはフランス料理より焼き鳥のほうが食べ慣れているのと、行きつけの店を持っているというだけで、気楽に食べられていると錯覚しているだけではないでしょうか。」

出典: www.jinzai-soshiki.com

なるほど。焼き鳥屋は気軽に行けるし、料理も簡単。フランス料理と比べると、敷居も低く割安感も感じられるからこそ、焼き鳥の食べ方のマナーにはそこまで気を配りにくいということを言いたいんですかね。

「焼き鳥なめんなよ」ということ。

やっぱり、世界に誇る焼きの文化”焼き鳥”を有する日本人として、ぜひとも知っておく必要があるようです。2020年の東京オリンピックも近づいていることですしね。
なんでも調べてみると、焼き鳥を食べるときによく見かける、女子力高めでお馴染みのあの行為はやってはいけない行為なのだそうですよ…。

焼き鳥を食べるときの基本の「き」

焼き鳥は串から取り外してはならぬ。そのままがぶりと食らいつくべし。

焼き鳥がテーブルにやってきたそばから串から鳥をバラす行為に不快感を表す人も多いですよね。

しかし、女子力アピールが全面に出ている人もいる一方、純粋に食べやすいようにバラすという人もいるはず。つまり、その人の腹づもりが読めない以上は黙認、わかったとしても場の空気が淀まないようイライラを押し殺さなければならないでしょう。
こうして賛否を生み出す焼き鳥をバラす行為。
他方で、女子ががっつり串に食らいつく姿もまた見栄えはいい行為とはいえない、という議論もあるでしょう。んー、どっちがいいのか…。

料理への敬意を忘れないこと。

「料理はなるべくつくられたままの形を尊重して食べるもの。お寿司のネタとご飯を分けないように、焼き鳥も串に刺してある状態で食べるもの」
                               by NHK 「マナーの達人」
ベストな状態で焼かれているにも関わらず、それをすぐさま取り外してしまうのはちょっと焼き鳥に対して失礼な行為です。
もし、どうしても外したいときは一口目、二口目はそのまま食べ、串下部の多少食べづらさを感じてからがマナー的にも見栄え的にもベスト。

でも、外さなきゃいけない状況もあるはず

しかし、どうしても、串から外して食べなければならない状況に追い込まれるときはありますよね。例えば、好きな人に焼き鳥屋に誘われたとき、お前焼き鳥屋は無いだろ?って思ったとしても、好きな人の誘いは断りにくいもの。

そんなときは、「二口目以降をかじるとき」「さらに串を外すとき」もマナーを心得えていた方がベターです。

【その2】二つ目以降は、上半分と下半分に分けてかじるべし。

手にもって食べると、串の奥の方にいけばいくほど食べにくい。そこで、後半は横から食べるのがいい。片側はかじり、反対側を串から外しながら食べる。

【その3】外すときは串を回すべし

串を皿の上に固定し、箸を肉で押さえながら串の方を回すとスムーズ。箸で引っ張ると肉が飛んで行くこともあるので注意。
このくらいの作法を身につけていれば、お慕いする人と焼き鳥を一緒に食べに行ったとしても下品には見えないはずです。
あなたも是非実践してみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

こんにゃく

ヘルシー食材として人気のこんにゃくですが、賞味期限がびっくりするほど長いことをご存知ですか?あまりも長いとたくさんの添加物が入っているのではと気になりますよね。今回は、賞味期限が長い理由や開封後の賞味期限、保…

大根

お店で買った大根を使おうとして切ってみたら、中が青い。こんな経験はありませんか。どうして、こんな色をしてるのかわかりませんよね。もしかして腐ってるの?捨てなきゃダメなのかな。食べても大丈夫なのでしょうか。原因…

お菓子作りはもちろん、コーヒーや料理など食生活に欠かせない砂糖。同じ砂糖でも「上白糖」「グラニュー糖」など、種類はさまざま。どちらも砂糖ですが、その違いについてご存じですか?見た目、味や甘さ、使い方の違いなど…

中目黒 お花見 イタリアン フレンチ スイーツ カフェ 和食 居酒屋 まとめ

寒い季節が終わりを迎え始めたときに、最初に楽しめるイベントといえばお花見。都内で特に人気があるスポットは、川沿いに桜並木が広がっている目黒川ですよね。今回は、目黒側沿いの桜を眺めることができるお店を20選ご紹…

納豆 レシピ

お財布にもからだにも優しい納豆。ご飯に乗せて食べるのはもちろんおいしいけれど、今回は様々な食べ方をご紹介。いますぐ出来るちょい足しレシピから、主役級レシピまで、冷蔵庫には納豆を欠かさない大の納豆好きがおすすめ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

赤坂 ホテル

ANAインターコンチネンタルホテル東京の二階にある、カフェというにはゴージャスすぎるほどの「カスケイドカフェ」。こちらのブッフェは過去にも度々テレビで紹介され常に大盛況ですが、今回は中でもモーニグブッフェに注…

表参道

新ジャンルの生鮮飲料「GREENS」を販売するジュースバー「GREENS OMOTESANDO(グリーンズ オモテサンドウ)」が、期間限定で表参道にニューオープン♪今までの野菜飲料とは異なる新ジャンル…

あれすーぱ

「人はパンのみに生くるものに非ず、されどまたパンなくして人は生くる...