ローディング中

Loading...

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事をしているときにスマートに食べれたらかっこいいですよ!

パスタの食べ方

数本をフォークですくうようにとってから、くるくると巻くのがよいとされています。コツは、口に入る大きさになるくらいのパスタを巻くことです。

最初にパスタをお皿の向こうに押しやり、手前にスペー スを作るとパスタを巻き取る作業がやりやすくなり、巻きすぎを防げます。

ボンゴレなど貝殻がある場合

手を使っても特に問題はありません。右利きの人の場合、左手で貝を押さえ、右手のフォークでかき出します。手が汚れたら、おしぼりやナプキンで拭けばOK。

食べ終わった殻は皿の隅、または空いたお皿などにまとめておきましょう。

スープパスタの場合

食べる時は、右手でフォーク、左手でスプーンというのはやめましょう。それは右手と左手にパンを持って、ムシャムシャとほうばっている姿のようにみえてしまいます。

必ず右手でフォークを持ち、クルクルとさせて食べ終わってから右手でスプーンに持ち替えて、スープを頂きましょう。

パンの食べ方

パンはそのまま頬張るのではなく、一口サイズにパン皿の上で手でちぎって食べましょう。バターは、ちぎったパンにぬり口に運ぶのがマナーとされています。

パンをちぎらずにバターをパンにまるごとぬることはタブーですので気を付けましょう。ナイフでパンをカットもタブーです。

ソースにつけるのはOK!

他の料理のソースをからめるのはOKですが、スープに浸すのはNGです。しかし、高級感のあるレストランでは空気を読みながら行ってください。パンをちぎって皿の上に置き、ナイフとフォークでソースを塗るとエレガントです。ちなみに料理人としては、ソースをキレイに食べてくれる行為は、一生懸命ソースを作った人にとっては嬉しいことなのだとか。

落ちたパンくずは問題ない

テーブルクロスにパンくずが落ちても、恥ずかしいことではありません。落ちた後に慌ててかき集めるのはエレガントではないので気を付けましょう。デザート前にウェイターが来るまで触らず、そのままにしておいて大丈夫です。

リゾット、ラザニアの食べ方

ラザニアなどはナイフできれいに切り分けてから、フォークですくって食べます。リゾットはスプーンで食べたくなりますが、フォークで食べるのが望ましいです。あくまでもイタリアではスプーンはスープやデザートのために使うものです。

ピザの食べ方

丸型で出されたら、1カット分だけ切って自分の小皿に取りましょう。小皿にとってから1口分に切り分けて食べましょう。1カット食べたら、次は右周り(反時計回り)で食べ進めるのがマナーです。伸びたチーズは、フォークで切って、ピザに巻きつけるようにして食べるのが美しいです。

レストランなどで食べる場合

ピザはカジュアルな食べ物ですが、レストランなどで食べる場合は、ナイフとフォークで食べるのがベターです。イタリアでは手で食べるということはあまりありませんが、ナイフやフォークがどうも苦手という人は手で食べてもOKとされています。手で食べる場合、端っこを丸めるように持つと、具を落とさずにいただけます。
これでイタリアンも大丈夫ですね!みなさん、マナーを守って、美しく楽しい食事を♪

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

マヨネーズ レシピ まとめ

どのご家庭にもある「味噌」×「マヨネーズ」の組み合わせ!そのままディップとしてお野菜につけるのも、もちろんおいしいですが、和え物、炒め物にするのもおすすめです。今回は、味噌とマヨネーズを使ったおす…

レストラン 東京 まとめ

いよいよ待ちに待った桜の季節が到来です。外でお花見もいいですが、今年は桜の見えるレストランで優雅にお食事なんていかがですか?今回ご案内するのは、東京都内で桜を楽しみながらおいしいお食事が頂けるレストラン16選…

まとめ

カトラリーとは、食卓で使うナイフやフォークなど刃物の総称。ヨーロッパの長い食文化の歴史のなかで、伝統的に確立されたブランドがあります。食の情報の専門家であるフードアナリストの私が、日本で人気のブランドやおすす…

レシピ まとめ

初夏が近づき涼しげなデザートに惹かれるこの頃、なかでも和の涼菓「わらび餅」はヘルシーで上品な甘さが人気です。今回はそんなわらび餅の人気レシピ15選をご紹介。わらび粉や家にある片栗粉でも簡単に作れちゃいますよ。…

レシピ

家にコンビーフの缶詰があっても、どんな食べ方をすればよいかわからない、という人も多いのでは?じつは、お肉版のツナ缶のようなイメージで案外使えるんです。コンビーフのおいしい食べ方やレシピをご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

パン

パン作りに不可欠なドライイースト。生のイーストよりも賞味期限も長く、家庭で使いやすいタイプのイーストです。今回はそんなドライイーストの使い方や保存方法、生のイーストとの違い、おすすめのドライイーストの商品まで…

レシピ スイーツ

サツマイモに少し詳しい人であれば、「鳴門金時」がどれだけ甘いかは知っていますよね。フルーツのような糖度と、ほくほくの食感……。その魅力に少しでもふれたなら、もう一度食べたいという気…

BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話...