ローディング中

Loading...

皆さんは食事のあとのお礼のメール、いつ、どんな内容で送っていますか?ありがとうございましただけの短い文章を送っていませんか?お礼メールの仕方次第では、相手との関係も変わってくるかも!今回は、お礼メールのアレコレについてお教えします。

食事をご馳走になったらお礼のメールを

飲み会や会食の場で上司に食事代を出していただいた、というようなことは、皆さん一度は経験したことがあるのではないでしょうか。しかし、問題はそのあと。どうやってお礼をするべきなのかというところで悩んでいる方も、少なくないと思います。

そこで、食事をご馳走になった上司に対して、どのようにお礼をするのか。お礼メールをするのは常識ですが、それはどのタイミングで、どのような文面で送ればいいのかなど、しっかり学びたいですよね。お礼の仕方ひとつで、上司との距離感をぐっと縮めることもできるかもしれません。

ぜひこの機会に相手に愛されるお礼の仕方を覚えましょう♩

お礼メールで押さえておきたいこと

タイミングに注意

食事をご馳走になった際にお礼のメールをすると思いますが、そのタイミングは非常に重要です。

遅くとも24時間以内、次に顔を合わせる前にメールを送ることが大切です。だからといって、夜中にメールをするのはやめましょう。配慮のない人だという印象になりかねませんよ。少し遅い時間のメールであれば、「夜分遅くに失礼します」と一言添えられるといいですね。

そして、お礼メールを送ったあとも大事です!次に顔を合わせる際に、口頭で一言お礼を言うのを忘れないようにしましょう。お礼メールに加えてさらにアフターフォローもできれば、相手に好印象を与えることもできますよ。

お礼メールに書きたいこと

次に、肝心なお礼の内容ですが、どんな内容だと相手に好印象を与えることができるのでしょうか。「ありがとうございました」「ごちそうさまでした」だけの端的なメール内容では、相手の印象にも残らないでしょう。相手にとっても、「またご馳走しよう」と思えるようなメール内容を心がけていきたいですね。

会食時のエピソードを書く

お礼メールの内容として、抑えておきたいのは4点です。

まずは、お礼の言葉。食事の場を設けていただいたことへの感謝、そして食事をご馳走になったお礼は絶対に忘れてはいけません。そして、それだけで終わるのではなく、会食時にした話、料理の感想などあなたにしか書けない文章を付け加えることができると、相手にも印象の残るメールになるでしょう。

また最後に、「一日も早く会社に貢献できるよう精進していきます」など、仕事面の意気込みでメールを終えることができるといいでしょう。ぜひこのポイントを抑えて、相手に好印象を与えることのできるお礼メールを送ってくださいね。

次は避けておきたいポイントをご紹介します!

食事のお礼メールでこれはNG

食事の金額には触れない

お礼の内容を送る際に、触れてはいけない内容が金額についてです。

食事をご馳走した側にとっては、金額をご馳走したのではなく、人に対してご馳走しているという認識のため、「○○円ご馳走になり、ありがとうございました」というのは印象がよくないのです。そのため、ご馳走になった相手に金額に触れたメールを送ることは失礼にあたるということを認識しておきましょう。

かしこまりすぎない

また、かしこまりすぎないように注意しましょう。

食事の場では、お互いが打ち解けあうことで、コミュニケーションを図れることがありますよね。せっかくお互いの距離を縮めたにも関わらず、お礼メールがかしこまりすぎていると、相手に距離を縮められなかったのかと思わせてしまう可能性もあります。

そのため、一定のマナーを保ちつつ、かしこまりすぎない内容を心がけましょう。ただし、普段あまり関わることのない相手に対しては、きちんとしたメールを送る必要があります。

件名はわかりやすさ重視。空欄はNG

相手にお礼メールを送る際には、必ず件名を入れるように心がけてください。

メールを受け取った側も、誰からのメッセージなのかが不明だと、メールを見落とす原因になってしまいます。些細なことではありますが、相手が見てわかりやすく、短い件名を心がけましょう。

文章は簡潔に

お礼メールを送る際に、ご馳走になった相手を思うあまり、ついメールの内容が長くなってしまうことがあります。気持ちを十分伝えたいのはわかるものの、長いメールは相手にとってもプレッシャーです。

読んでいてまとまりがないメールだと、せっかくのお礼メールも苦痛に感じてしまう可能性があります。相手の気持ちを思うからこそ、短く簡潔な文章でお礼を伝えましょう。

こんなときはどうするの?

お礼メールについてご紹介してきましたが、食事をご馳走になるシーンはさまざまです。ときにはご自宅でのお食事であったり、複数人にご馳走してもらったり、ということもありますよね。さまざまな場面に分けて、お礼の仕方をご紹介します!

割り勘だった…

では、割り勘だった……という場合はどうするのでしょうか。たとえ割り勘であっても、お礼メールを送ることによって相手に好印象を与えたり、お付き合いが継続・発展したりするかもしれません。

割り勘であった場合は、相手との食事のご縁に対して、感謝の気持ちを述べるメールを送りましょう。「本日はお食事に誘ってくださり、ありがとうございました」や「楽しいひとときを過ごすことができました」など、お礼の対象を変えることがポイントです。

常に相手に敬意を払い、お礼を忘れないようにすることは、いつ、何のときも大切ですよね。相手が目上の方であれば、必ず自分が先にメールを送るよう気をつけるのも重要です。

相手の自宅での会食だった

相手のご自宅での食事の場合には、奥さまやお子様の時間も邪魔することになり、奥さまに料理の手配をしていただくこと、後片付けをしていただくことにもなります。楽しい時間を過ごせたこと、お世話になったことへの感謝の気持ちは当たり前ですが、手料理を振る舞っていただいたのであれば、料理の感想や相手方の気遣いへの感謝の気持ちも忘れずに書きましょう。

また、会食を終えたら、真っ先にお礼メールを送ることも大事です。酔ってしまっていたら、翌日の朝一でお礼メールを送るようにしましょう。簡潔ながらも、要点をおさえてお礼メールを送れるといいですね。

複数の方にご馳走になった

複数の方にご馳走になる場合もありますよね。この場合は、お礼メールの内容やタイミングには同様に気をつけつつ、ひとりひとり別々にメールを送るのがいいでしょう。全員同じ文面にするのではなく、各人にひと言ずつ添えることでていねいなメールに仕上がります。

「○○様の○○という面が非常に勉強になりました」「○○様と会食を通じて楽しい時間を過ごすことができました」など、相手に対しての言葉だと分かるような文面にすることが大切です。全員に同じ文章を送るのではなく、相手に対して気持ちが伝わるメールを心がけましょう。

複数の方と食事に行ってひとりの人にご馳走になったときも、奢っていただいた方だけに送るのではなく、割り勘のときと同様に、他の人にも感謝の気持ちを伝えられるといいですね。

メールするのを忘れてしまった!

基本的にはお礼メールはすぐにするものですが、ときにはお礼メールを忘れてしまうこともあるでしょう。

ご馳走になってから3日が経ってしまった場合には、お礼メールの始めにお詫びの気持ちを添えることが重要になります。お詫びの一文を入れる場合には、堅い文面にして相手への謝罪の気持ちを表すようにしましょう。

そのあとにお礼を述べ、最後にもう一度謝罪の文を入れていくと、より相手に誠意が伝わります。お礼メールを送ることを忘れていて、結果的にお礼メールを送らなかったということだけは、絶対にないようにしましょう。遅れても、相手に感謝の気落ちを伝えることを忘れないようにすることが大切です。

こんな風に書こう

いかがでしたか?どのようにお礼メールを書けばいいのか、だんだん分かってきたのではないでしょうか。次は、実際に書いてみます!ぜひ参考にしてみてくださいね。

例1(社内の上司に送る場合)

件名:食事会のお礼

本文:○○課長

お疲れ様です。○○部の○○(名前)です。
本日はお忙しいなか、お食事にお誘いくださり、ありがとうございました。

貴重なお話をたくさん伺うことができ、とても勉強になりました。
○○の件で仕事が行き詰まっていましたが、
○○さん(課長や部長など)に相談することができたおかげで、解決できそうです。
遠慮もなく、たくさんの料理をいただき、お酒もかなり進んでしまいました。

ご相談に乗っていただいた上にご馳走になり、恐縮しております。
まだまだ未熟者ですが、少しでも会社に貢献していけるよう、
今まで以上に気を引き締めて業務に取り組んでいきます。
今後とも、ご指導よろしくお願いいたします。
取り急ぎ、メールにて失礼いたします。


上司へのメールは、見やすく改行することも大切です。また、上司の名前のあとに役職名を書くときは、「様」をつけないようにしましょう。

例2(社内の先輩に送る場合)

本文:○○先輩

お疲れ様です。 ○○(名前)です。
本日はおいしい食事をお腹いっぱいご馳走になり、誠にありがとうございました。
ふだんはなかなか口にできない料理の数々を頂くことができ、 心身共に堪能できました。

また、○○先輩との○○の話も、本当に楽しかったです。
まだまだ至らぬところが多い私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
取り急ぎお礼を申し上げたく、メールいたしました。


こちらは、仲の良い社内の先輩に送る場合のメールです。上司に比べて、くだけた文面でも許される間柄の相手に送ることのできる例文ですね。

例3(気になる異性に送る場合)

本文:○○さん

今日はありがとうございました。○○さんのおかげで楽しかったです。
お食事、おいしいものばかりだったので幸せな気分です。
本当にごちそうさまでした。今度何かお礼させてくださいね。

○○さんのことも知ることができて、思わぬ発見がたくさんありました。
○○の話、もっと聞きたかったです!
次はぜひ、○○(話題に出た食べ物など)を食べにいきましょう。


気になる異性に送る場合は、上司や先輩に送るメールよりもくだけた文面でいいですよね。食事中の会話の内容を含ませつつ、次回も行きたいという気持ちをにじませておくと、次に繋がるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?お礼メールは、相手に対して感謝の気持ちを伝えるメールです。ご馳走になったこと、場を設けていただいたこと、そして楽しい時間を過ごせたことへの感謝の気持ちをメールにのせて伝えるのです。感謝の気持ちを伝えることはいつの時代も大切なことですし、受け取った側も嬉しいですよね。お礼メールを通じて良好な人間関係を築き、ビジネスであれば次につなげ、異性であれば好印象を残していけるようにしたいですね。
▼食事のマナー、あなたは大丈夫ですか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

京都 まとめ

春から夏に向けて京都の川床がシーズンを迎えます。 川のせせらぎを聞きながらおいしいお食事に舌鼓。納涼床は一度は味わいたい京都ならではの風情あふれる食文化です。そこで今回は、料亭やレストランのおすすめ川床食事プ…

聞いているときにはどうということもないことばも、いざ文章にしようとすると「あれ?」ということはありませんか?漢字には、同じ読み方をしても、異なる文字を使うことが多いものです。「食事をとる」、あなたならどちらの…

韓国料理

バレンタイン、ホワイトデーと愛のイベントが続いた後にくるのは独り身のための「ブラックデー」!韓国では、4月14日にある食べ物を食べるんですよ。それも、かなりインパクトのある見た目の料理。ブラックデーについてご…

みんなでワイワイ食べる食事、楽しいですよね。おいしそうな料理や大皿の料理が出てきたとき、どうやって取り分けていますか?自分の箸で取り分ける直箸、じつはマナー違反です。おいしい料理を楽しく食べるための箸マナーを…

チョコレート まとめ

セブン&アイ・ホールディングスがバレンタインデーに関する男性心理のアンケート調査結果を発表。その中で、700人の男性に調査したことにより女性がプレゼントを渡すベストな時間が明らかとなりました。今年のバレンタイ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ スイーツ チーズケーキ ニューヨーク まとめ

ニューヨークスタイルのチーズケーキは一般に生クリームかサワークリームを使って作る濃厚さが特徴のリッチでヘビーな味わいのケーキです。レシピはいろいろあり、ヌテラやチョコレートフレーバーのアレンジも楽しめます。

レシピ ランチ お弁当 まとめ

ワンパン、ワンプレートと、忙しい生活に合わせて短時間でおいしく栄養がとれる食事の工夫が進んでいますね。お弁当もワンボウルランチなるものが海外でも人気です。仕切りや小分けは不要で、ご飯の上に一気に全部のせるワン…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る