ローディング中

Loading...

独特の香りから好みが分かれる「パクチー」。今や“パクチニスト”と呼ばれるほどパクチーをこよなく愛する人もいると言われていますが、そこで質問。あなたは「パクチー」と「コリアンダー」の違いを説明できますか?

コリアンダーとパクチーの違いって?

パクチーを使った料理やお酒が火つけとなり、パクチーをこよなく愛する“パクチニスト”を大量に生み出したパクチーブーム。

おもにタイ料理や中華料理に使用され、独特な風味が料理にアクセントをあたえます。その独特な風味から苦手な方も少なくはないでしょう。
しかし、実はパクチーは栄養価も高くビタミン類を豊富に含んでいるので、女性の方は積極的に摂取しておきたい食材でもあるんですよ。
また、デトックス効果や解毒作用を持つ硫黄化合物(イオウ化合物)も含むので、内側からのボディケアに欠かせません。これらパクチーの栄養価や美容効果が期待できるという情報は、以前よりも周知されてきましたよね。

ですが、各料理にトッピングされる「パクチー」と、カレーのスパイスとして使われる「コリアンダー」との違いは説明できますか?意外とご存じない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「パクチー」と「コリアンダー」の違いについて、詳しくご紹介します。

名前の違いはルートの違い

じつは、「コリアンダー」と「パクチー」は同じ植物。日本では香辛料として種子や葉を乾燥させてパウダー状にしたものを「コリアンダー」、葉を生のまま野菜として使用する場合に「パクチー」と呼ぶことが多いそうです。

どうして日本では同じ植物由来の食材を、ふたつの名前で呼び分けているのでしょう。それは、多国籍料理がブームとなったころ、エスニック料理と共に「パクチー」が、そして欧米料理と共に「コリアンダー」が、それぞれ別のルートで日本に入ってきたからだとか。

コリアンダーとパクチーについて

コリアンダーとは

「コリアンダー」はパクチーの英語圏での呼び方。カレーにも使われるスパイスです。その由来は、紀元前から重要なスパイスとして使われてきました。古代エジプトでは、薬や香辛料としてだけではなく「幸福のスパイス」として、死者と一緒に墓に入れる習慣もあったそうです。
コリアンダーはよく熟した種子を摘みとって、乾燥させたものです。葉の部分とは違い、クセの少ない風味なので使いやすく、ソーセージやシチューなどの肉料理や、ピクルスなどの野菜料理、パウダー状にしてチャイドリンクやクッキー、パウンドケーキなどの焼き菓子に使用されています。

甘くさわやかで、ほんのりスパイシーなコリアンダーのパウダーは、桃や洋ナシのコンポートとも相性がよく、かけると風味が際立ちますよ。

パクチーとは

そして、コリアンダーをタイ語にしたのが「パクチー」です。タイではパクチーの香りと食感を楽しむために葉の部分をサラダにしたり、生春巻きの具材にしたりして、生で食べることが多いようです。茎の部分は鍋や炒めものに調理するとか。
パクチーは、紀元前2世紀ごろの漢の時代の役人が、南シナ海での貿易で中国に持ち帰ったことで、東南アジアに伝わったと考えられています。その後、東南アジア全土に広がりタイに伝わったそうです。
また、パクチーにも種類があります。

まず、日本でもよく見かけるあのパクチーは、タイではパクチータイと呼ばれ、葉だけでなく種も根も料理に使われています。

第2のパクチーとして覚えていただきたいのが、パクチーファラン。こちらは「パクチータイ」の数倍という強烈な香りが特徴で、トムヤムクンなどのスープや、イサーン(東北)料理など、多くのタイ料理で使われています。

そして、第3のパクチーがパクチーラオ。その正体は、イタリアンでおなじみのディル。西洋から伝わった際、ラオスやタイのイサーン地方を中心に広がったことから、この名前で呼ばれています。さわやかな香りが臭みをおさえてくれるので、肉料理によく使われています。

パクチーの味や風味の特徴はもちろん、成分にも注目すべき点があります。パクチーの効果を詳しく知りたい方は、こちらを合わせてご覧ください。

香菜(シャンツァイ)との違い

「香菜(シャンツァイ)」は、パクチーの中国名。中国の東北地方では、羊肉の臭みを取るために使用されています。独特な香りは食欲を増進させる香辛料として、中華料理に欠かせないものとされているのだとか。ニラの代わりとして、餃子の餡に混ぜることが多く、中華がゆのトッピングにも使用されています。

呼び方の違い

タイ語では「パクチー」、中国名では「香菜(シャンツァイ)」、英語名では「コリアンダー」、和名では正式には「コエンドロ」ですが、あの虫の匂いに似ていることから「カメムシソウ」、スペイン語では「シラントロ」、ポルトガル後では「コエントロ」、ベトナム語では「ザウムイ」とも呼ばれます。こんなにいろいろな呼び方があるなんて驚きですね。

パクチーを使い分けて楽しもう

いかがでしたでしょうか。
日本での「パクチー」と「コリアンダー」の違いは植物の使用部分にあったんですね。空前のパクチーブームのいま、日本でも栽培している地域があるようなので、比較的安価なお値段で購入することもできます。みなさんもスパイスとしての「コリアンダー」と、ハーブや野菜としての「パクチー」の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか?
▼見方が変わる!パクチーは調味料でもドリンクでも楽しめます!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お祭りの屋台などでよく見かけるりんご飴。赤くてキュートな棒つきお菓子ですが、食べ方を知らないって方は多いのではないでしょうか。今回は、手がベタベタにならないオススメの食べ方やコツ、りんご飴の発祥などについてを…

レシピ本に書いてある「しそ」を買いに行ったとき、「大葉」なら売っているのに……なんて経験はありませんか?そもそも、大葉としそって違うものなのでしょうか?この疑問、一気に解決しましょう!じつは意外な答えがありま…

パクチー コーヒー

FELISSIMO PARTNERS (フェリシモパートナーズ)」から、農家直送のローカルなこだわりつまったお取り寄せグルメが登場!作りたての『パクチーペースト』や、鈴木薄荷クリスタルを使った『薄荷珈琲』など…

アイスクリーム

ラクトアイス、アイスクリーム、アイスミルク。みなさんはアイスに種類があるのをご存知ですか?この3種類を見れば、成分や味の違いも想像できるんです。今日からあなたのアイス選びがガラッと変わるかも♩ぜひ参考にしてみ…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

チョコレート ホワイトデー スイーツ

最近ではホワイトデーにも友達どうしでスイーツを交換する人が多いみたい。でもバレンタインに引き続き、たくさんの量を用意するのは大変ですね。そんな人には『チュベ・ド・ショコラ』のおいしい割れチョコがたくさん入った…

カフェ

カフェラテやカプチーノに続く新たなスタイル「フラットホワイト」の人気が日本でもじわじわと高まりつつあります。今回は、エスプレッソでもないカフェラテでもない新しいドリンク、ニュージーランド発の「フラットホワイト…

ページTOPに戻る