ローディング中

Loading...

夏が近づき、スーパーなどには季節の野菜が増えてきました。「とうもろこし」もその一つ。そろそろ甘いゆでとうもろこしが食べたくなってきたのでは?シャキッと食感と、ジューシーな食感。絶対に試したい、とうもろこしのおいしいゆで方を紹介します。

旬のとうもろこしを存分に味わおう

夏が近づき、スーパーや八百屋さんに並ぶ夏野菜。なかでもとうもろこしを見かけると、季節が変わったことを実感します。いよいよ、甘みと塩気が混じった、ゆでとうもろこしがおいしい時期に突入です。季節の野菜は、旬のおいしさを存分に味わいたいものですよね。とうもろこしは、ゆでる際にちょっとした注意をすれば、甘くてジューシーに仕上げることができますよ。

ご紹介するポイントを取り入れて、ぜひ試してみてください。

おいしいとうもろこしの選び方

おいしく食べられる野菜の共通点は、やはり鮮度。3つの点に注意してとうもろこしを選べば、新鮮なとうもろこしを選ぶことができます。

選ぶポイント

1. 皮とヒゲがついたままのもの
皮から身を離してしまうと鮮度が落ちるスピードが増してしまいます
2. 外皮は緑色、ヒゲは茶褐色の濃いものを
ヒゲの色が濃いと完熟の状態です
3. ヒゲは多い状態のもの
1本1本のヒゲはコーンの粒それぞれにつながっているため、ヒゲの量が多いほど、粒が詰まっている状態です

鮮度良く、大きさが揃った粒の多いものが良いとうもろこしと言われています。生のとうもろこしは、鮮度落ちるのが早いので、完熟の状態のとうもろこしは早めにいただくのがおすすめです。

皮ごとゆでることがポイント

ゆでる前の特別な下準備はありませんが、皮を剝がし切らないことが大切なポイントになります。重なった皮の最後1枚だけを残してゆでることで、コーンの水分を守ります。これによって、コーンの甘みとおいしい水分を逃さず、ジューシーに仕上げることができるんですよ。

仕上がりで選べる2種類のゆで方

水の状態からゆでるか、沸騰してからとうもろこしを入れるかによって、できあがりの食感が変わります。水の状態からとうもろこしを入れた場合には、ジューシーな食感、沸騰してから入れた場合には、シャキッとした食感を楽しめます。

水からゆでる(ジューシーな仕上がり)

1. 塩分濃度が2.5〜3%の水を用意する
※とうもろこしがつかるお水の量(ℓ)× 25
2. 皮付きのとうもろこしを鍋に入れ、用意した塩水をひたひたになるくらいまで入れる
3. とうもろこしが浮くようであれば、小鍋の蓋などで押さえる
4. 強火でゆで始め、沸騰してから3〜4分ほどゆでる
塩気を均等につけたい場合は、菜箸などでお湯の中のとうもろこしを転がします
5. ざるに上げたら、皮をむいてできあがり
※熱をとおしたとうもろこしの皮や髭は簡単にむけるはずです

水からゆでるとなぜジューシーになるの?
水からゆでることにより、とうもろこしが糊化(こか)することに理由があります。糊化とは、食材に含まれるデンプンがのり状になることを言うのですが、糊化するには多くの水分量が必要になります。水からゆでることによって、水分を吸収する時間が増えるため、とうもろこしの中のデンプンがのり状化しジューシーな味わいになるというわけなんです。

お湯からゆでる(シャキッとした仕上がり)

沸騰してからとうもろこしを入れる以外は、水からの作り方と一緒です。

1. 沸騰したお湯に塩を入れる
※塩分濃度は、2.5〜3%がベスト
2. 皮付きのとうもろこしがつかるほどの量でゆでる
3. 3〜4分ほどゆでたらできあがり

とうもろこしの保存と解凍

とうもろこしは、買ってきてすぐに食べるのが一番ですが、どうしてもすぐに食べられない時には、ゆでた後に冷凍保存をすることがおすすめです。解凍して食べても、ジューシーなとうもろこしがいただけます。

保存方法

1. ゆでた後のとうもろこしは、熱いうちにサランラップでしっかりと包む
2. 熱がとれたらフリーザーバックにいれて冷凍庫へ

解凍方法

・沸騰したお湯で3〜4分ゆでる
・蒸し器でじっくり10〜12分
・電子レンジ(500w)で1本、5〜6分

冷凍後解凍して食べても、旨味を逃さずジューシーに仕上げられます。
とうもろこしのゆで方に2通りあるって、ご存知でしたか?しっとりジューシーに食べるか、シャキッと歯ごたえを楽しむか、ぜひお好みに合わせて試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

そうめん 〆ご飯 おつまみ

夏といえばそうめんですが、同じ味だと飽きてしまいますよね。そこで今回は、鯛あらを使った今までにないそうめんのレシピをご紹介します。鯛の上品な味がしみでたスープは、冷やしても温めても◎。呑んだあとの〆にもぴった…

ホルモン

居酒屋で見かけることもある「ガツ」。みなさんは食べたことがありますか?独特の歯ごたえはガツ刺しで楽しむ方も多く人気の部位なんですが、そもそもガツはどこの部位なのか、ご存じでしょうか?ガツについてや食べ方、おす…

おつまみ

疲れた1日を締めくくる晩酌のおつまみは、おいしさと同じくらい「手軽さ」が大事。そこで今回は、冷蔵庫にあるものですぐにできるレシピをご紹介。お餅のカロリーが気になるという人も多い磯辺焼きも、長芋なら安心♩

ポテトサラダ おつまみ

出番はそこそこあるけれど、毎日は使わないマヨネーズやケチャップ。どうしても残量チェックがあまくなり、いざ使おうとした時に「足りない!」なんて事態になりがちです。今回は、そんな時のお助けレシピをご紹介します。

チーズ オレンジ おつまみ

カマンベールチーズはそのまま切って食べても、フライにしてもおいしいですね。フライにママレードをそえて食べたことがある方ならご存知と思いますが、カマンベールチーズとオレンジの甘みは相性◎。ローストするとワインに…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

パン 東京 パン屋 目黒 お土産

都立大学駅にある「ぱん工場 寛」は、なんと夜にパンが焼き上がり、営業をはじめると話題のお店。夜中にパンを焼き上げている理由は朝食においしいパンを食べてもらいたいだそう。朝に焼き立てのパンを配達してくれるサービ…

豆腐 レシピ まとめ

高野豆腐を粉状にした粉豆腐。今回は女性に嬉しい栄養素が入った粉豆腐を使って簡単に作れる人気レシピを6選に絞ってご紹介します。様々なジャンルの料理に使いやすいので、アレンジ自在♩ぜひ万能食材・粉豆腐をご家庭に取…

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...

ページTOPに戻る