ローディング中

Loading...

夏が近づき、スーパーなどには季節の野菜が増えてきました。「とうもろこし」もその一つ。そろそろ甘いゆでとうもろこしが食べたくなってきたのでは?シャキッと食感と、ジューシーな食感。絶対に試したい、とうもろこしのおいしいゆで方を紹介します。

旬のとうもろこしを存分に味わおう

夏が近づき、スーパーや八百屋さんに並ぶ夏野菜。なかでもとうもろこしを見かけると、季節が変わったことを実感します。いよいよ、甘みと塩気が混じった、ゆでとうもろこしがおいしい時期に突入です。季節の野菜は、旬のおいしさを存分に味わいたいものですよね。とうもろこしは、ゆでる際にちょっとした注意をすれば、甘くてジューシーに仕上げることができますよ。

ご紹介するポイントを取り入れて、ぜひ試してみてください。

おいしいとうもろこしの選び方

おいしく食べられる野菜の共通点は、やはり鮮度。3つの点に注意してとうもろこしを選べば、新鮮なとうもろこしを選ぶことができます。

選ぶポイント

1. 皮とヒゲがついたままのもの
皮から身を離してしまうと鮮度が落ちるスピードが増してしまいます
2. 外皮は緑色、ヒゲは茶褐色の濃いものを
ヒゲの色が濃いと完熟の状態です
3. ヒゲは多い状態のもの
1本1本のヒゲはコーンの粒それぞれにつながっているため、ヒゲの量が多いほど、粒が詰まっている状態です

鮮度良く、大きさが揃った粒の多いものが良いとうもろこしと言われています。生のとうもろこしは、鮮度落ちるのが早いので、完熟の状態のとうもろこしは早めにいただくのがおすすめです。

皮ごとゆでることがポイント

ゆでる前の特別な下準備はありませんが、皮を剝がし切らないことが大切なポイントになります。重なった皮の最後1枚だけを残してゆでることで、コーンの水分を守ります。これによって、コーンの甘みとおいしい水分を逃さず、ジューシーに仕上げることができるんですよ。

仕上がりで選べる2種類のゆで方

水の状態からゆでるか、沸騰してからとうもろこしを入れるかによって、できあがりの食感が変わります。水の状態からとうもろこしを入れた場合には、ジューシーな食感、沸騰してから入れた場合には、シャキッとした食感を楽しめます。

水からゆでる(ジューシーな仕上がり)

1. 塩分濃度が2.5〜3%の水を用意する
※とうもろこしがつかるお水の量(ℓ)× 25
2. 皮付きのとうもろこしを鍋に入れ、用意した塩水をひたひたになるくらいまで入れる
3. とうもろこしが浮くようであれば、小鍋の蓋などで押さえる
4. 強火でゆで始め、沸騰してから3〜4分ほどゆでる
塩気を均等につけたい場合は、菜箸などでお湯の中のとうもろこしを転がします
5. ざるに上げたら、皮をむいてできあがり
※熱をとおしたとうもろこしの皮や髭は簡単にむけるはずです

水からゆでるとなぜジューシーになるの?
水からゆでることにより、とうもろこしが糊化(こか)することに理由があります。糊化とは、食材に含まれるデンプンがのり状になることを言うのですが、糊化するには多くの水分量が必要になります。水からゆでることによって、水分を吸収する時間が増えるため、とうもろこしの中のデンプンがのり状化しジューシーな味わいになるというわけなんです。

お湯からゆでる(シャキッとした仕上がり)

沸騰してからとうもろこしを入れる以外は、水からの作り方と一緒です。

1. 沸騰したお湯に塩を入れる
※塩分濃度は、2.5〜3%がベスト
2. 皮付きのとうもろこしがつかるほどの量でゆでる
3. 3〜4分ほどゆでたらできあがり

とうもろこしの保存と解凍

とうもろこしは、買ってきてすぐに食べるのが一番ですが、どうしてもすぐに食べられない時には、ゆでた後に冷凍保存をすることがおすすめです。解凍して食べても、ジューシーなとうもろこしがいただけます。

保存方法

1. ゆでた後のとうもろこしは、熱いうちにサランラップでしっかりと包む
2. 熱がとれたらフリーザーバックにいれて冷凍庫へ

解凍方法

・沸騰したお湯で3〜4分ゆでる
・蒸し器でじっくり10〜12分
・電子レンジ(500w)で1本、5〜6分

冷凍後解凍して食べても、旨味を逃さずジューシーに仕上げられます。
とうもろこしのゆで方に2通りあるって、ご存知でしたか?しっとりジューシーに食べるか、シャキッと歯ごたえを楽しむか、ぜひお好みに合わせて試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和食 まとめ

風邪をひいたときや、あまり食欲がないときに活躍してくれる「雑炊」。定番メニューとして「卵雑炊」が挙げられますが、じつはほかにもさまざまな素材を使って作れるんですよ。今回は、雑炊の人気レシピをたっぷりとご紹介し…

まとめ

パスタ料理にはいろいろな種類がありますが、今回は「スープパスタ」の人気レシピを紹介します。コンソメで味付けする簡単レシピや、酸味がクセになるトマト味など、クリーム味や和風など味付け別にまとめました。あなた好み…

レシピ まとめ

ふんわりとした卵とほんのりカニ風味。子どもから大人まで人気の「かに玉」は、食卓に出てくるとうれしいメニューですよね。おいしさのコツは、ふんわり卵の火加減と、とろ~りあんかけ! 今回は、甘酢でも和風でもよく合う…

カレー レシピ まとめ

カレーを自宅で食べるとき、いつも同じ味、同じ食べ方になってしまっていませんか?特に二日目のカレーはおいしいけど飽きてしまってスプーンが進まないってことありますよね。そんなときはカレーにトッピングを乗せて少し違…

インド インド料理 マッシュルーム おつまみ

気温の高い日が続くと、ちょっと疲れが出てきますね。そんな時食べてほしいのが、暑い国で生まれた料理!スパイスを効かせたインド料理「サブジ」をお腹いっぱいいただけば、疲労も夏バテもきっとふっ飛んじゃいますよ♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

どのご家庭にもある牛乳パック。パッケージがなんとなく生活感にあふれていると感じませんか?そこで牛乳パックカバーでおしゃれに着せ替えさせちゃいましょう。スーパーで買った牛乳も、これでスタイリッシュでリッチな牛乳…

スイートポテト さつまいも スイーツ レシピ まとめ

「進化系スイートポテト」はご存知ですか?今ブームになっている「進化系グルメ」のひとつですが、どうやら「王道よりおいしいかも!」と評判になっているようですよ。今回はお食事向きのものからスイーツまで、思わず試した…

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...