ローディング中

Loading...

キラキラと美しい琥珀糖は、寒天に砂糖や水飴などの甘味を加えて作る日本の伝統的な和菓子。見た目がおしゃれでアレンジも楽しい琥珀糖をあなたも作ってみませんか?琥珀糖の基本的な作り方と、Instagramで見つけたアイデアレシピをご紹介。

きらきら、しゃりしゃり「琥珀糖」

いまInstagramやTwitterなどで人気の「琥珀糖(こはくとう)」って知っていますか?
まるで宝石みたいに輝いて見える、このきらきらと美しいものの正体は、寒天に砂糖や水飴などの甘味を加えて作られる日本の伝統的なお菓子なんです。
外はシャリッとした歯ごたえがあり、中はやわらかい不思議な食感の琥珀糖。なんだか、とっても気になりませんか?
琥珀糖は工夫しだいでさまざまな色やかたちを作ることができます。実はおうちでも手作りできるので、まずは基本のレシピをご紹介しますね。

基本のレシピ

〈材料〉
糸寒天・・・5g
水・・・200cc
グラニュー糖・・・350g
色付け用の食用色素・ジュース・シロップ(かき氷用など)・・・適量

〈作り方〉
①糸寒天を7時間〜1日ほど水に浸します。
②糸寒天を水から引き上げ、水気をよく切ります。鍋に移して、水200ccと一緒に糸寒天が溶けきるまで加熱します。
③完全に煮溶かしたら、ざるなどで一度こします。こしたものにグラニュー糖を入れ、糸を引くようになるまで煮詰めます。
④流し固める容器にお好みのシロップを入れ、煮詰めた琥珀糖のもとをゆっくりと注ぎます。
⑤冷蔵庫に入れて、十分に固まってから容器から出して切り分けます。切り分けてからクッキングペーパーに広げ、3〜4日放置します。表面がパリパリと乾燥したら完成です。
切り分ける際に、包丁を使うとこんな感じの仕上がりになります。
いちご、レモン、ブルーハワイ、カルピス……色付けに使うシロップの選び方しだいで、さまざまな色の琥珀糖が作れます♩色をミックスすると、カラフルでとってもかわいいですね。
手でちぎっても、おしゃれです!
こちらのガラスのような透明感は乾燥する前のもの。この段階で食べるとすこし固めのゼリーのような食感に。数日置いてしっかり乾燥させると、琥珀糖ならではのシャリシャリとした食感が楽しめるようになります。

Instagramで見つけたアイデアレシピ

ブルーだけでさわやかに

まるで海の中にいるみたい。ブルーだけで仕上げると、とっても涼しげできれいですね。かき氷用シロップのブルーハワイを使って作る方が多いようです。夏の日にこんな琥珀糖を出されたら、とってもさわやかな気分になれそうです。

見事なグラデーション!

色分けをせず、いくつかの色を一緒にして作るとこんなきれいなグラデーションが楽しめます。ビンに入れておくと、眺めているだけでうきうきしてしまいそうですね。

色みをおさえてもキレイ

シロップなどを少なめにしても、それはそれで透明感があって美しい琥珀糖が作れます。つい手にとって光に透かしてみたくなりますが、この状態からあと数日は乾燥しなければいけません。完成が待ち遠しいですね。

カラーシュガーを散りばめて

固める前に容器にカラーシュガーや金平糖などを散りばめておくと、また違った表情が生まれます。カラーシュガーには星型やハート型などもあり、色のバリエーションも豊富なのでいろいろなアレンジが楽しめそうです。

丸く作るとおはじきみたい

手でちぎったり、切り分けたりとジャリのような雰囲気に仕上げられることの多い琥珀糖ですが、こんな風に丸い形に作ってもかわいいです。こうして並べると、琥珀糖ならではの透明感とあいまって、まるでおはじきのよう。見ていると、つい遊びたくなってしまいます……

型で抜くとこんなにキュート

切り分けるかわりにお好みの型で抜いて作ってみてはいかが?ひょうたん、鳥、ちょうちょう……いろいろな形が混ざっていると、見ているだけで楽しくなります。たくさん作って小分けにすれば、プレゼントとしても喜ばれそうですね。

ドリンクに浮かべて涼しげに

琥珀糖をドリンクに入れちゃいました!寒天でできているので、溶け出すこともありません。サイダーなどに浮かべると、とっても涼しげできらきらとしていておしゃれ。おもてなしのアイデアとして覚えておきたいですね。

アイデアしだいで、こんな形も

琥珀糖を作る際に寒天液を流し込む容器をシリコン型などにすれば、こんなかわいい形の琥珀糖もたくさん作れます。上にちょこんとのっている星がまたニクいです。お手持ちのシリコン型で試してみてはいかがでしょう。

かわいすぎて食べられない…

工夫しだいでいろいろなアレンジが楽しめる琥珀糖。こちらのフクロウ琥珀糖は商品だそうですが、こんなにかわいかったら食べられないかも……。

琥珀糖は冷蔵庫など涼しい場所で保管すれば2週間は持つそうです。だから、すぐに食べなくても大丈夫!しばらくは眺めて楽しむことができますよ。
いかがでしたか?「食べる宝石」「食べられる石」などと呼ぶ人もいる琥珀糖。きらきらと美しいあなたオリジナルの琥珀糖を作ってみたくなった人も多いのでは?乾燥までちょっと時間がかかってしまいますが……長く待つ分、できあがったときの喜びもひとしおです。ぜひ休日などにチャレンジしてみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

卵黄をからめていただく「塩こんぶつくね」のレシピをご紹介します!こんぶが、軟骨のようにしっかりとしていていいアクセントに。枝豆も入っていて、お酒好きにはたまらないおつまみです。もちろん白ご飯との相性も抜群!思…

豆腐 レシピ

バターも小麦粉も牛乳も使わずに作れる、ヘルシーな「なめこと長芋のねばねばグラタン」のレシピをご紹介!ふわふわねばねば食感のヒミツは長芋と豆腐。トースターでこんがり焼いて、たっぷり海苔をのせていただきます。味噌…

寿司 レシピ

ちらし寿司ってどんなイメージを持っていますか?ひな祭りやお祝い事にいただくことが多いので、とってもハッピーなイメージはありませんか?今回は見ためがキュートでさらにハッピーな「水玉ちらし寿司」の作り方をご紹介し…

レシピ クッキー

お菓子づくりやパンづくりに使うショートニング。ご自宅になかった場合、代用品があることを知っていますか?常備しているご家庭は、きっと少ないショートニング。いざパンを作りたい、クッキーを作りたいといったときに、な…

鶏肉 大根 レシピ

「鶏大根のさっぱり煮」のレシピをご紹介します。皮目からこんがり焼いた鶏肉と大根、れんこんにしっかり味を染み込ませたひと品。お酢のきいた味付けで食欲が刺激されます。具材はどれもごろっとボリューミーで、お腹が満た…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ 豚肉

煮込み料理が美味しく作れる女性って素敵ですよね♡でも、いざ作ると味がきちんとしみこまなかったり…そんな経験ありませんか?そんな方に見て欲しい、美味しい豚バラ大根のレシピを8選しました♪

鶏肉 レシピ まとめ ランチ 親子丼

とろっとろの卵の親子丼、個人的にはもう大好きでして。外で食べるより家でつくって食べるほうが好きなんですけども、皆さんアイディアいっぱいに親子丼をアレンジしていますよ。変幻自在の卵ゆえ、いろんな親子丼があります…

レシピ まとめ 炊き込みご飯

皆さんもツナ缶はお好きだと思います。ツナ缶を考案した人は天才!と思ってるんですが(笑)ツナとプラスワン何か付け加えるだけでとってもおいしい炊き込みご飯ができるみたいですよ。アイディアレシピをご紹介しますので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

ひと目を引く写真を撮りたいなら、断然白い鍋がおすすめ!白は引き立て役としては鉄板のカラー。料理をより素敵に見せてくれる優秀なアイテムなんです。今回は、そんな白い鍋で魅力が際立つ料理を3つご紹介!「いいね!」を…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

まとめ ランチ

今回は海が近い茅ヶ崎でランチが人気のおすすめのお店をまとめました。おいしい地産地消の旬野菜や、さまざまな創作料理を味わってみませんか?お子さま連れでも安心してお食事できるお店もあるので、ぜひ参考にしてください…

チョコレート スイーツ

アイスなのにチョコレートのようなパキッとした歯ごたえと、ベルギー産チョコレートを使った本格的な味わいが魅力的な話題の棒アイス「パキシエル」。Twitterでは、パキシエル中毒者までいることが確認できました。

BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話...