ローディング中

Loading...

お肉をおなかいっぱい食べたいけど、安いお肉は硬いし…高いお肉は使えないし…。そんな方に朗報♩安いお肉でも、柔らかくなる方法をご紹介します!"重曹"を使った方法をはじめ、意外性のあるあんな物を使った方法も!ぜひ試してみてください。

魔法みたい!「肉を柔らかくする方法」

おいしいお肉を食べたいけれど、高いお肉にはちょっと手が出ない。かと言ってスーパーの特売などで買うと、安いのは嬉しいけど繊維がしっかりしすぎていて硬い……。

安かろう悪かろう……。安いからしょうがないか…と、諦めてはいませんか?そんなあなたに今回は、肉を柔らかくする方法をご紹介します。

みなさんご存知であろう方法もあれば、予想だにしない意外な方法をあるので、次回お肉を調理する際にはぜひ参考してみてくださいね♩

キーワードは「タンパク質分解酵素」!

いろいろなところで、さまざまなお肉を柔らかくする方法をみたことがあると思いますが、結局どれが一番効果的か疑問に思ったことはありませんか?

一番の方法は、「パイナップル」や「パパイヤ」などの南国系の果物を細かく切り、お肉と和えてしばらく置くという方法です。

南国系の果物にはタンパク質分解酵素プロテアーゼという成分が含まれており、その成分がお肉に作用して柔らかくしてくれるんです。

でも、冬場は特に果物の価格があがるため、ご家庭では年中100円程度で気軽に購入できる「舞茸」がおすすめ!

実は、舞茸にも、タンパク質分解酵素プロテアーゼの力でお肉を柔らかくしてくれるんです。家計に負担がなくコスパ的にもこちらがおすすめ。

またお肉との相性も良いので、そのまま付け合せとしても活用できますよ。今回は舞茸を含め、その他の食材や道具を使ってお肉を柔らかくする方法をご紹介します。

酵素の力でお肉を柔らかくする方法

前述した通り、舞茸に含まれるタンパク質分解酵素プロテアーゼという成分がお肉を柔らかくしてくれるというわけですが、いつも冷蔵庫に舞茸があるわけではないため、その他の同成分が含まれる食材を一挙ご紹介します。

タンパク質分解酵素プロテアーゼを含む食材

1. 舞茸
同じきのこ類の中でも、タンパク質分解酵素プロテアーゼを多く含み、お肉を柔らかくしてくれるんです。

ちなみに、茶碗蒸しの中に舞茸を入れない理由は、タンパク質分解酵素プロテアーゼが作用して卵に含まれるたんぱく質が固まらないからなんですよ。
2. 玉ねぎ
すりおろした玉ねぎをバットなどにいれ、お肉を漬け込みます。漬ける時間は15分〜30分程度で十分ですが、前述した牛乳同様、こちらも時間をおけばおくほど良です!

玉ねぎには、お肉の蛋白質を分解してくれる成分を含んでいるので、柔らかくなるんですね!漬け込んだ後の玉ねぎは炒め料理などに使うこともできるので、一石二鳥です♩
3. ヨーグルト
ジップロックなどの袋にステーキ肉、ヨーグルトを入れ、お肉にヨーグルトがしみこむように揉みこんでから1時間から2時間程度寝かせます。

ヨーグルトには乳酸菌がたくさん含まれているので、肉の繊維をほぐしてくれるため、柔らかくなります。

柔らかくした後は、焼く際にはキッチンペーパーなどでヨーグルトをふき取ってから焼いてくださいね♩
4. はちみつ
お肉の表面にうっすらとはちみつを塗り、30分ほどおいてから焼きます。はちみつには浸透性があり、ブドウ糖と果糖が肉の組織に浸み込んで、タンパク質が硬くなるのを防いでくれるんです。

塗り過ぎると甘ったるいお肉になってしまうため、注意してください。
5. キウイ
キウイ以外のフルーツだと、パイナップルやパパイヤでもOK。すりおろしてその果汁にお肉を漬けるだけで柔らかくなるんです。時間は15分程度で大丈夫です。

キウイなどの酵素成分が、お肉の繊維を柔らかくしてくれます♩ただ、フルーツで柔らかくしたい場合は「フレッシュ」のものを使うことが大事です。

炭酸飲料(コーラ・炭酸水)で煮込む

こちらはコーラや炭酸水などの炭酸に含まれる炭酸水素ナトリウムの作用を利用してお肉に含まれるタンパク質を溶かすという方法です。

コーラに10分間くらい漬ける

ステーキなどにする際には、焼く前に約30分程度漬け込んでおきましょう。漬ける際は炭酸は開けたての物じゃなくても大丈夫です。

コーラ味になるんじゃないかと心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、なりませんのでご安心を!

炭酸水に漬けておく

炭酸水素ナトリウムが、肉が持つタンパク質を溶かしてくれます。元々、余分なタンパク質がない肉と近い感触にするのに良い方法ですね。

ちなみに、炭酸を含む飲み物で、牛肉、豚肉、鶏肉などの固い部位に有効ですので、柔らかさが欲しい時に使ってみるといいでしょう。

道具で柔らかくする方法

次は道具を使ってお肉を柔らかくする方法をご紹介します。こちらはみなさんもよく自宅で実践している方法かもしれませんが、包丁の背やミートハンマーでトントン叩く方法です。

まず最初に、お肉の合間にある筋に包丁の先で2、3ヶ所切れ目を入れます。次に軽くトントン叩きます。

この時に強く叩きすぎると、焼いた時に旨味が逃げてしまうため、注意してください。

たったこれだけです、火の通りが早くなり仕上がりがジューシーになる、焼いてもお肉が縮まらないなどの効果があるので、まだ試したことがないというかたは、ぜひ試してみてください♩

肉を柔らかくする方法

お肉を柔らかくするには、漬け込んで時間を置くだけでいいんです!これだけで、今まで食べていた硬いお肉が柔らかく…。

安いのに柔らかくて美味しいお肉なら、いくらでも食べられちゃいますよね。近々お肉料理を作る予定のある方は、ぜひお試しくださいね。
▼お肉のおいしい焼き方はこちら
▼その他の裏技調理法はこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

コンビニやスーパーでもらったレジ袋、適当にまとめて仕舞っていませんか?そこでご紹介したいのが、レジ袋のたたみ方。これを覚えておくだけで、レジ袋はさらに便利に!さらに収納にもこだわれば、あなたの部屋がおしゃれな…

炭酸水で炊飯すると、ご飯の食感が激変!水で炊くよりも、ふっくらモチモチ食感にしあがるんです。秘密は、しゅわしゅわ弾ける炭酸水の泡。実際に炊いて食べてみました。味の感想と一緒に、おいしい炊き方をご紹介します♩

お弁当 おしゃれ レシピ

とってもカラフルでかわいい「レインボー弁当」。今、インスタでも特に注目されている人気のお弁当なんですよ!今回は意外と簡単な基本の作り方から、おすすめのアイデアレシピまでご紹介。お弁当で、梅雨明け前の雨上がりを…

チョコレート

チョコレートアイスや、たっぷりチョコレートソースがかかったパフェを楽しんでいると起こる悲劇!なんということでしょう、お気に入りの洋服にチョコのシミがべっとり……。そんな時に試したいシミ抜きテクニックをご紹介し…

トリュフ きのこ レシピ まとめ

皆さんにも聞き馴染みの多い「世界三大珍味」の一つ、トリュフ。チョコレートにもトリュフというものがありますが、珍味のトリュフとの関係は?さまざまな魅力があるトリュフについて、基本的な食べ方やおすすめレシピなどを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ まとめ

前菜の人気メニュー「バーニャカウダ」。根菜やきのこ類など手軽に楽しめますよね。つける野菜に限らず、いろんなソースを作ればマンネリ化することもありません。今回はバーニャカウダの簡単レシピを15選紹介したいと思い…

レシピ おしゃれ

おつまみにもなりお野菜も食べられるバーニャカウダは女子に大人気!おもてなしにもおすすめです。今回は、バーニャカウダに合う野菜の種類、下ごしらえの方法、おすすめのレシピについてご紹介します。バーニャカウダで野菜…

charlotte

いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます。 これからも、お...

ページTOPに戻る