ローディング中

Loading...

ジューシーでやわらかいステーキは、高級なお店でしか食べられないと思っていませんか?そんなことはありません!じつは、コツさえ押さえておけば、おうちで、しかもフライパンで作ることができるんです。今回は、おうちでのステーキの焼き方をご紹介。

おうちステーキもレストランの味に!

ハレの日やパーティーにふさわしいごちそうメニューと言えば、何を思い浮かべますか?お寿司や高級フレンチ、カニやふぐなど……いろいろありますよね。そのなかでもステーキは、ビフテキと呼ばれた時代から現代に至るまで、ごちそうといって思い浮かぶ料理の代表的な存在です。

しかし、ホットプレートを使った鉄板焼きは食卓にのぼっても、ステーキとなると、上手くできるかちょっと身構えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ちょっとしたコツさえ掴めば、家庭でもフライパンでおいしく焼くことができるんですよ。

焼き方次第でステーキのクオリティーは変わる!

家庭で焼くステーキは、どうしても硬くなりがちだと思っていませんか? 実は、焼き方に注意すれば同じお肉でも、硬くならずジューシーに美味しく焼けるんですよ。
この下ごしらえがとっても大切なので、是非参考にしてみてくださいね。

下ごしらえからしっかりと

あらかじめ冷蔵庫から出しておく

冷蔵庫から出したての冷たいお肉だと、表面だけが焼けて中はまったく火が通らない、ということがあります。ステーキを作るときには、1時間ほど前(夏場は30分ほど前)には冷蔵庫から出し、常温にもどしておきましょう。

そうすることで、熱の通りが早くなり、焼きムラも防げます。冷凍してあるお肉の場合は、まず冷蔵庫で完全に解凍してから常温に戻してください。

お肉をたたく

硬めのお肉を調理するときは、肉たたきやビール瓶などで全体を軽くたたきましょう。こうすることで繊維が切れ、やわらかく食べやすいステーキに仕上がります。たとえ安いお肉でも、この工程をきちんとおこなうことで、クオリティーが高くなりますよ。

塩コショウする

塩コショウは、必ず焼く直前に。特に塩は、早く振ってしまうと、せっかくの旨味成分である肉汁が流れ出てしまいます。コショウは、香り高い粗挽き黒コショウがおすすめ。それぞれ30cm程度の高さからふりかけ、均一に味付けします。

上手に焼くにはフライパンの準備も大切

フライパンは充分に熱く&強火が基本!

家庭でステーキを作るのにネックになるのが、火加減の問題。どうしても弱くなりがちなので、必ず強火でフライパンを充分熱くすることが大切です。そうすることで、肉の表面に焦げ目をつけ、うま味を閉じ込めることができます。

この場合、鉄製のフライパンだと、煙が少しあがるくらいが目安ですが、テフロン加工のフライパンの場合、空焚きするとテフロンが剥がれやすくなり、フライパンの傷みの原因になってしまいます。その場合は、中火にし、徐々に熱くしていってください。

熱くなったら牛脂&にんにくでコクと香りを

フライパンが充分熱くなったところで、牛脂を溶かします。サラダ油でも良いですが、牛脂を使うことによりコクがあっておいしくなります。特に赤身のお肉にはおすすめ。牛脂が溶けたら薄く切ったにんにくを投入し、じっくり揚げ焼きにします。

焼き加減別のベストな方法はコレ!

フライパンの準備ができたらいよいよ焼きに入りますが、仕上がりによって、それぞれ焼き加減が異なります。

レア

1.表になる面を強火で約30秒
2.火を弱め、約1分
3.裏返して強火で約30秒
4.再び火を弱め約1分

表面だけさっと焼き、内側はほとんど生の状態です。

ミディアムレア

1.表になる面を強火で約1分
2.火を弱め、約1分
3.裏返して強火で約30秒
4.再び火を弱め約1分半~2分

ややレアに近い状態で、お肉の旨みを充分に味わえます。

ミディアム

1.表になる面を強火で約1分
2.火を弱め、約2分
3.裏返して強火で約30秒
4.再び火を弱め約2分~3分

ミディアムは中までやや火が通った状態。初心者におすすめの焼き加減です。

ウェルダン

1.表になる面を強火で肉汁が浮き出るまで
2.裏返して再び強火で肉汁が浮き出るまで
3.火を弱め、固くなるまで

ウェルダンは、中までしっかり火が通っている焼き加減。ほかの焼き方に比べ、多少硬い仕上がりです。

どの焼き方も、肉の表面になるほうを先に焼くこと、また裏返しは1回のみ、がポイントです。

フランベでプロの味わいに

お肉が焼けたら、最後にブランデーをふりかけ、さっと燃やしてアルコール分を飛ばすと、ブランデーの香りが肉につき、より本格的な味わいが楽しめます。

※IHコンロの場合は、チャッカマンを使うと便利です。どちらにしても炎が大きくあがるので、注意してくださいね。(火災報知器に感知してしまわないようご注意を!)よりおいしくなる方法ですが、焼き加減に注意すればフランベなしでも充分おいしく仕上がります。

お肉を焼くときの注意点

先ほども書いたとおり、ステーキを焼くときにはフライパンを充分に熱しておく必要があります。そのため、やけどには注意するようにしましょう。

また、お肉を焼きすぎると焦げてしまうほか、ステーキの肝でもある肉汁が流れ出てしまいます。「もっとよく焼かなきゃ」という気持ちは分かりますが、焼きすぎて硬くなってしまうと、せっかくのステーキも台無しになってしまいますよ。

簡単!焼き上がりをチェックする方法

ステーキの焼き加減は、指先で押してみることで簡単にチェックすることができます。

レア:深くへこみ、へこんだ箇所が戻らない
ミディアムレア:少しへこむ
ミディアム:ゆるやかにへこみ、ゆるやかに戻る
ウェルダン:まったくへこまない

また、肉汁からも焼き上がりをチェックできます。表面が少し濡れている程度の肉汁ならばレア、赤い肉汁がいっぱい出ている状態であればミディアムレア、赤い肉汁が表面に浮いているのであればミディアム、肉汁が透明であればウェルダンです。

焼きあがってからのポイント

ステーキが焼きあがったら、冷めないうちにアルミホイルで包み、5分ほど置いてください。こうすることで肉汁が流れ出ることなく、肉をやわらかく保つことができます。また、余熱で火が通りますので、このことも考慮して焼き時間を計算すると良いでしょう。

固いお肉をやわらかくするには?

にんにくの薄切りを加えた油に2、3時間漬けておくと、お肉がやわらかくなります。また、もっと手軽な方法は、玉ねぎのすりおろしにお肉を半日ほど漬けること。これは、玉ねぎに含まれるたんぱく質分解酵素の働きによるものですが、同じお肉と思えないほどやわらかく仕上がります。安価な輸入牛など、硬めのお肉を調理する際は是非お試しください。

ステーキをもっと身近に楽しみましょう♩

ステーキというと高価なイメージですが、お肉の種類によっては思ったよりずっと手軽に作れる料理です。特別な日はとことんこだわって、最上級の味わいを。普段はお惣菜の感覚で、安価なお肉もできるだけおいしく。フライパンでの上手な焼き方をマスターしておけば、とても便利ですよね。

外食するよりずっとお財布にもやさしいおうちステーキ。是非レパートリーに加えて、食卓をよりにぎやかにしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

鶏肉 大根 レシピ

「鶏大根のさっぱり煮」のレシピをご紹介します。皮目からこんがり焼いた鶏肉と大根、れんこんにしっかり味を染み込ませたひと品。お酢のきいた味付けで食欲が刺激されます。具材はどれもごろっとボリューミーで、お腹が満た…

レシピ

カレーやポトフのレシピに登場するローリエ。無いときには代用品でなんとかできるんですよ。たった1枚使いだけなのに、買い物に出るのは面倒ですよね。お肉やお魚の臭みをとってくれる、大切な存在のローリエですが、ご家庭…

スイーツ レシピ ケーキ まとめ

スイーツをおいしくしてくれるバニラの香り。あるとないとでは大分違いますよね。もしバニラエッセングが自宅にないときも、代用できるものがあることを知っていますか?いざ作り始めてバニラエッセンスがないことに気がつい…

豚肉 レシピ

牛肉でなく豚コマで作る「豚コマごぼうのしぐれ煮」のレシピをご紹介します。しっかり味がしみたジューシーな豚コマは、ご飯のお供にぴったり!牛肉のような臭みがないので、誰でもおいしく食べやすいですよ♩お好みで山椒を…

白菜 レシピ

シュウマイの皮でなく、白菜で包んで作るシュウマイのレシピをご紹介します!電子レンジで加熱するだけなので、とっても簡単。プリップリのエビとジューシーな肉汁が溢れ出す、満足度の高いごちそうメニューです。みんなで作…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

少し前から有名な炭水化物抜きの健康法。チャレンジしたい方は完璧を求めずに、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。そんな方に炭水化物がなくても満足出来る美味しいレシピをご紹介♪

パスタ レシピ まとめ

春に旬を迎える「グリンピース」。実は苦手ってひとも多い食材ですが、旬のものはやっぱりおいしいんです。そんなグリンピースをつかったオシャレでおいしいパスタのレシピをご紹介!ちょっと苦手って人も、この機会にぜひチ…

豆腐料理 アレンジレシピ まとめ

この1品でメインにもなるボリューミーな厚揚げステーキのアレンジレシピです!低コストで節約料理にも最適な厚揚げステーキが豪華になるレシピをご紹介します☆

レシピ おつまみ お弁当 アレンジレシピ まとめ

スーパーはもちろん、コンビニでもすぐ手に入るカニカマ。サラダやおつまみにぴったりの食材ですが、実はアレンジレシピがとっても豊富なんです。さっと簡単に作れるものから、メインのおかずになっちゃうものまで、8つのレ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ バジル

みなさんは、「スイートバジル」を育てたことはありますか?育つのが早く、家庭菜園にもってこいの植物なんですよ。今回は、スイートバジルの育て方と、育てる上での注意点、育ったバジルの活用レシピなどをまとめてご紹介し…

ホルモン 牛肉 レシピ

みなさんは、「コテッチャン」を食べたことはありますか?ホルモンだということは、ご存知の方も多いと思いますが、実際にどんなお肉なのか詳しく知っている方は少ないのでは?今回はそんなコテッチャンについて、栄養価やお…

soleil

レトロでかわいい食べ物が大好きです♪ パンケーキよりもホットケーキ...