ライター : macaroni 編集部レポート

macaroni 編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni 編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

スシローがもっと好きになる!8つの食べ方を伝授

Photo by china0515

回転すしチェーンで圧倒的な人気をほこるスシロー。その安さもさることながら、メニューも豊富で鮮度の高い寿司を食べられると、世代を問わず親しまれています。

そんなスシローのメニューをさらにおいしく食べる方法、知りたくありませんか? macaroni 編集部はスシローがおすすめしている8つの食べ方に挑戦!

あらかじめ覚えておくべきポイントは、甘だれや醤油などの卓上の調味料や、レーンで回ってくる塩やわさびの活用。これらを使って、新たな味わいに出会いました……。テイクアウトでも応用できますよ。

食べ方1「まぐろ + 伯方の塩」

Photo by china0515

110円(税込)
スシローのまぐろは、なんと一日に約15万皿食べられている人気No.1のネタです。専門バイヤーの目利きで仕入れた、40kg以上の大型のメバチマグロを使用し、こだわりの解凍方法によりおいしい状態で提供しているのだとか。

そんなまぐろの旨みを最大限に味わうなら、塩がおすすめ!しょうゆで食べるよりも、素材本来の味をストレートに感じられますよ。

直球の旨み!鼻に抜ける香りが違う

Photo by china0515

ひと口食べてみると、まぐろの鉄分を含んだような旨みが引き立っていて、想像以上に驚き。塩をかけただけなのに鼻から抜ける香りや、ふわっと広がる風味が違います。

ちなみにレーンに流れているのは「伯方の塩」。家で食べるときは、岩塩やフレーバー塩を使うとさらに通っぽく楽しめそうですね。

食べ方2「牛塩カルビ + わさび + 塩」

Photo by china0515

110円(税込)
肉寿司ネタの一番人気「牛塩カルビ」は、秘伝のたれの味付けがよく、食べごたえはあるのに、やわらかく食べやすいんですよね。脂もきらっと輝いていて食欲をそそられます……。

そのままでも十分な味付けですが、そこへ気持ち程度に塩とわさびをのせるとおいしさが倍増するのだとか。

わさびのさわやかな辛みでエッジが効いてる!

Photo by china0515

塩が少し加わるだけでエッジが効いて、牛肉の旨みを強く感じるように。わさびが脂っぽさを消し去り、さっぱりとした後味にしてくれます。両者ともにいい仕事をしていますね……。

食べ方3「たこ + 甘だれ」

Photo by china0515

165円(税込)
卓上調味料の甘だれは、うなぎや煮あなご専用だとばかり思っていたのですが……。たこ好きのあいだではたこにかけるのが定番だそう!

これまた斬新な食べ方かと思いきや……。昔ながらの江戸前鮨の手法では、たこの握りに魚介のエキスを煮詰めた “ツメ” と呼ばれる甘だれをかけることがあります。どうやら、この相性は約束されているようですね。
Photos:19枚
スシローの調味料
スシローのまぐろと塩
スシローのまぐろに塩をかけたところ
スシローの牛塩カルビ
スシローの牛塩カルビに塩、わさびをのせた
スシローのたこに甘だれをかけているところ
スシローのたこに甘だれをかけたあと
スシローのカニ風サラダと甘だれ
スシローのカニ風サラダに甘だれをかけているところ
スシローの粉末緑茶、うなぎの蒲焼き、かけうどん
スシローのかけうどんの汁にうなぎの蒲焼きをいれているところ
スシローのひつまぶし風アレンジ
スシローの濃厚えび味噌ワンタンメンと赤えび
スシローの赤えびに濃厚えび味噌ワンタンメンのえびジャンをのせたところ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ