ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

現役女子学生。macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生…もっとみる

第2弾!スシローで「超てんこ盛り」祭りがスタート

Photo by china0515

2021年6月2日(水)に回転すしチェーンスシローにて開催中の「あっぱれ、日本!超すし祭」の第2弾がスタート!今回は「超てんこ盛り」をテーマとして、スシローのほか、京樽、海鮮三崎港、杉玉、むすび寿司の5ブランドで展開されました。

シリーズ史上最大の “超てんこ盛り” な新メニューも登場……!さっそく全種類を試食してきたので、レポートしたいと思います♪

1. 超てんこ盛り!海鮮爆盛りマウンテン

Photo by china0515

528円(税込)
「てんこ盛り」シリーズ史上最大の “超てんこ盛り” メニュー。過去に発売されたてんこ盛りシリーズで最大級とされていた「海鮮爆盛りマウンテン」を超える盛り盛り具合で、ネタの多さはご覧のとおり!

総重量はなんと約168g!シャリはなんと3つ分で、ネタは全部で7種類。上から崩して食べるのがおすすめですよ。すしの下に敷いてあるシートには、登山を模したネタの一覧が記載されています。

山頂:とびこ
七合目:いくら
六合目:かに本身(左)/軍艦甘えび(右)
五合目:青森県産生サーモン
四合目:ねぎまぐろ
三合目:ほたて貝柱
二合目:大葉
一合目:しゃり

Photo by china0515

見た目のインパクトがかなり衝撃的で、運ばれてきた瞬間に思わず「すごい!」とつぶやいてしまいました。どのネタも大きくこれでもか!とたっぷりのせられています。

さまざまなネタの食感と風味が口のなかで合わさり、まるで海鮮丼を味わっているよう……。食べる場所によって、味わいが変わるのも楽しいポイント♪ このひと皿で7種類のネタを楽しめるので、お得感もありますね。

2. 超大切り!中とろ

Photo by china0515

165円(税込)
中トロも今までにないくらいの “超” 大切りに!それでいて165円(税込)という価格設定。赤身と脂のグラデーションがきれいですね。

ネタが大きいので、口いっぱいにまぐろの旨みが広がります。脂の甘みもギュッと詰まっていて、舌の上でゆっくりと溶けていきますよ。この贅沢さをたっぷり味わえるのは、超大切りだからこそ。

3. プチプチまぐろばくだん

Photo by china0515

165円(税込)
数の子の上に、店内でたたいたまぐろ、インド鮪のたたき身、とびこ、たくあんを混ぜたばくだんをのせたひと皿。

まぐろのねっとりとした食感のなかに、たくわんのポリポリ、数の子やとびこのプチプチとした食感があらわれます。トロたく好きにはたまらない寿司ネタ……!数の子は惜しみなく丸々のっていて食べ応えもあります。パクパクと夢中で食べてしまいますよ。

4. てんこ盛りほたて貝柱

Photo by china0515

165円(税込)
北海道産のほたてに、とびこをトッピングしたひと皿。大きなほたてが5個ものっていてボリューミーですね。

ほたての身は想像以上に大ぶりで肉厚。口のなかでとろ~っと溶けていくのと同時に、甘みが広がります。とびこがアクセントになっていて、 食感のコントラストがはっきりしています。口いっぱいにほたてを頬張れる幸せ……この感覚を味わえるのは今だけですよ!

5. てんこ盛りサラダツリー軍艦

Photo by china0515

110円(税込)
ツナサラダと店内仕込みのコーン、かに風サラダを合わせたてんこ盛りなひと皿です。人気のサラダ軍艦メニューが合体!魅惑の合わせ技ですね。

ツナ、コーン、カニ風サラダのそれぞれの風味と食感のバランスが絶妙。考えてみれば合わないわけがありません。サラダ軍艦好きにとっては夢のコラボですよ♪
Photos:21枚
スシローの超てんこ盛り祭りの新商品が並んでいるところ
スシローの超てんこ盛り!海鮮爆盛りマウンテンを横から
スシローの超てんこ盛り!海鮮爆盛りマウンテン
スシローの超大切り!中とろ
スシローのプチプチまぐろばくだん
スシローのてんこ盛りほたて貝柱
てんこ盛りサラダツリー軍艦
スシローのダブル生サーモン
スシローの和牛どでかさしとろ
どっさりかに身てんこ盛り
スシローのダブル赤えび
スシローのジャンボかにカマ天にぎり
わらじグリルチキン
スシローの超肉厚とろ〆さば棒寿司1貫
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ