ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

台湾屋台の味!葱油餅を手作り♪

Photo by muccinpurin

海外旅行の旅先として日本でも人気の台湾。距離が近く、時差も1時間と短いため、週末にサクッと弾丸台湾旅行をしたことがある方も多いのではないでしょうか。とはいえ、気軽に旅行に行けないいまこそ、改めて台湾の魅力を発見するチャンス!

くしくもカルディでは、2021年4月1日から台湾フェアを開催中。レトロなパッケージに包まれたローカルフードや、台湾屋台の味を再現できるキットが多数販売されています。

カルディ「葱油餅ミックス粉」

Photo by muccinpurin

「葱油餅ミックス粉」162円(税込)
台湾フェアの噂を聞きつけ、さっそくカルディで見つけたのが「葱油餅(ツォンヨウビン)」のミックス粉です。

葱油餅といえば、台湾屋台でも人気のファストフード。生地にねぎを巻き込み、くるくると巻いて作られる伝統的なスナックです。ねぎと水、油さえ用意すれば簡単に作れるとのことで、さっそくチャレンジしてみましたよ!

Photo by muccinpurin

葱油餅(ヤンツォンビン)はその名の通り、ねぎを使ったおやきのような台湾料理。粉を練って作った生地に刻んだ青ねぎをたっぷりとまぶし、くるくると巻いて成形します。成形する際に油を塗ることから、この名前が付いているそう。

台湾といえば夜市が有名ですが、葱油餅も人気メニューのひとつ。アツアツの焼きたてがおいしいんですよね。

ミックス粉を使って葱油餅を作ってみた!

Photo by muccinpurin

材料(約2枚分)

・葱油餅ミックス……1袋(100g)
・水……50ml
・万能ねぎ(小口切り)……1/2束
・サラダ油、ごま油……各適量

手順

1. 生地をこねて寝かせる

Photo by muccinpurin

ミックス粉に水を加えて粉っぽさがなくなるまで約3分ほど練り込みます。

まとまったらボウルにラップをかけ、30分ほど寝かせましょう。寝かせることで生地を成形しやすくなりますよ。

2. ねぎを巻いて成形する

Photo by muccinpurin

生地を2等分し、麺棒を使って打ち粉をしながら薄く伸ばします。

ねぎを包みやすくするため、これ以上伸びない、というところまで伸ばしたほうがよさそうです。

Photo by muccinpurin

伸ばした生地にサラダ油を塗り、ねぎの半量を全体に散らします。

手前からくるくると巻き、一本の細長い棒状に成形しましょう。このとき生地のフチ1cmはねぎをのせずにスペースを空けておくと、巻いたときにねぎがこぼれません。

Photo by muccinpurin

巻き終わったら生地を指でつまんで密着させます。中心から管を巻いていくように、生地を水平にくるくると巻いていきましょう。

Photo by muccinpurin

巻き終わりを巻き始めの部分に差し込んで、形が崩れないようにしましょう。

巻き終わった生地を麺棒で押しつぶし、さらに伸ばします。これで成形が完了です。(写真は伸ばす前の状態です)
Photos:15枚
手で持った葱油餅
葱油餅ミックス粉のパッケージ
葱油餅のパッケージ
葱油餅の材料
ボウルに入った生地
丸く伸ばした生地
生地にねぎを散らして巻く様子
生地の巻き終わり
くるくると巻いた葱油餅
葱油餅をフライパンで焼く様子
皿に重ねて盛られた葱油餅
手で持った葱油餅
手でちぎった葱油餅
葱油餅ミックス粉のパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ