ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ローソンからふわふわ×バターの罪なスイーツが登場!

Photo by muccinpurin

2021年3月9日(火)、ローソンから新作スイーツ「Uchi Café Spécialité 3種のバター華ふわケーキ(焦がしバターソース入り)」が登場。

ふんわりとやわらかに焼き上げたバター生地に、焦がしバターソースを閉じ込めた魅惑のスイーツです。かわいい顔して、実は……。

Uchi Café Spécialité 3種のバター華ふわケーキ

Photo by muccinpurin

「Uchi Café Spécialité 3種のバター華ふわケーキ」295円(税込)
この度、ローソンから発売された「3種のバター華ふわケーキ」は、素材にこだわったオリジナルスイーツブランド、Uchi Café Spécialitéのアイテム。

過去にもいくつか商品をレビューしましたが、コンビニのお手軽価格でパティスリーレベルのスイーツが味わえて、ちょっと得した気分に浸れるんですよね。

Photo by muccinpurin

3種のバター華ふわケーキは、はちみつを使ってふんわりと焼き上げた生地、焦がしバターソース、バタークリームという3つのパーツすべてにバターを使ったリッチな味わいが魅力のスイーツ。 “バターの風味は人をしあわせにする” と信じてやまないバター信者の筆者も、発売前からチェックしていましたよ。

最近では、原価を抑えるためバターの代わりにバター風味マーガリンが使われることが多いのですが、原材料をチェックしてみるとしっかり「バター」の文字が。風味づけとしてバターオイルも併用しているようですが、本物のバターを使っていることにひと安心。何しろこのケーキの主役ですからね!

香りがすでにごちそう♪

Photo by muccinpurin

パッケージから取り出すと、ミルキーな香りがふわ~。バターって味もさることながらあの香りが最高のごちそうなんですよね。ほかの素材にはないリッチな香りに酔いしれ、すでに華ふわケーキのトリコになりつつあります。

焦がしバターソースの洪水!

Photo by muccinpurin

食べる前にカットしてみると、焦がしバターソースの洪水が!普通のバターとはまた違った香ばしいバターソースをつけつつ、ふわふわのケーキをひと口。シフォンケーキのようなやわらかくきめ細かなケーキは、しゅわっと儚く消えていきます。残ったのは焦がしバターの香りだけ、なんてリッチなの~!

Photo by muccinpurin

バタークリームのケーキとは違い、メインがふわふわケーキなのでバターのしつこさがないのが魅力。トップのバタークリームは塩気が強めになっていて、ケーキと一緒に食べるとほんのりとした甘じょっぱさが。

ふわふわ生地のおかげでなんとなく罪悪感が薄くなるような、ならないような……。バターをたっぷり使っている点が気になりカロリーをチェックしてみると、1個あたり253kcalとありました。あら、案外控えめ♪

「焦がしバターをもう少し焦がしてもよかったな」と感じましたが、総じてバター推しの満足度が高いケーキでした。

やっぱりバターは裏切らない!

Photo by muccinpurin

生地、クリーム、ソースそれぞれにバターを使ったローソンの新作「Uchi Café Spécialité 3種のバター華ふわケーキ(焦がしバターソース入り)」。

ほんのりと塩味のきいたバターの風味がふわふわケーキとよくマッチし、まるで空気を食べるようにぺろりと完食してしまいました。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:Uchi Café Spécialité 3種のバター華ふわケーキ(焦がしバターソース入り)
■内容量:1個
■価格:295円(税込)
■カロリー:1個当たり253kcal
■販売日:2021年3月9日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:7枚
パッケージから出した華ふわケーキ
3種のバター華ふわケーキのパッケージ
Uchi Café Spécialité 3種のバター華ふわケーキの原材料表示
皿に出した3種のバター華ふわケーキ
半分にカットした3種のバターの華ふわケーキ
フォークでカットした3種のバター華ふわケーキ
半分にカットした3種のバター華ふわケーキ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ