ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコは焼肉用のお肉が豊富!

Photo by akiharahetta

おうちで焼肉を楽しむなら、コストコのアメリカンビーフがおすすめ!種類豊富で大容量。牛タン、ミスジ、骨付き肉など、焼肉用のお肉がそろっています。なかでも王道のカルビはハズせません。

コストコで入手できるアメリカンビーフカルビ肉はどんな商品なのでしょうか?さっそくご紹介いたします。

アメリカ産「ビーフサンカクバラカルビ」

Photo by akiharahetta

278円(税込)/100gあたり
コストコのアメリカンビーフカルビ肉「ビーフサンカクバラカルビ」がこちら!英語表記ではBEEF CHACK RIBとなっており、レシートにはカタカナでビーフチャックリブと書かれています。

Photo by akiharahetta

100gあたり278円(税込)で正味量は1,283g。販売価格3,567円(税込)でした。多少の違いはあるものの、どのパックもだいたい同じ価格です。

見事なサシをご覧あれ

Photo by akiharahetta

肉質は赤く、きれいにサシが入っています。霜降りとまではいかなくとも充分ではないでしょうか。しかも脂身は真っ白。とてもおいしそうなお肉ですよ。

ひと切れの重さは……?

Photo by akiharahetta

ひと切れのサイズが大きく、厚みもあります。パックの中から一番大きなものを選び、計量したところ65gありました。一人前なら3切れで足りる計算です。ボリュームたっぷり。

塩コショウで焼いてみた

Photo by akiharahetta

続いて味の確認です。まずは塩コショウで焼いてみました。脂が溶けていい感じです。肉の味は濃厚で食べ応えあり!カルビを食べているというごちそう感がたまりません。

ちょっと筋があるので、気になる場合は筋切りをしたほうがよさそう。その辺りを踏まえてよりおいしく食べる方法をご紹介します。

さらにおいしく食べるなら丁寧な下処理を

塩水で下処理

Photo by akiharahetta

コストコの「ビーフサンカクバラカルビ」はごちそう肉。そのままでも充分おいしいですが、さらにおいしく食べるには、下処理として血抜きをするといいですよ。レバーの臭み取りと同様です。

方法は、塩水に1時間ほど浸けるだけ。余分な血が塩水に溶けだし、おいしくなります。時間が経ったら、キッチンペーパーで水気を取ってから焼いてくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ