ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

無いなら作ろう!世界にひとつのオリジナル「クッキー型」

Photo by macaroni

日本最大級のクッキー型販売数を誇る、かっぱ橋道具街の馬嶋屋菓子道具店。海外からの輸入品や、職人やスタッフの手作り品など、展示総数は3,000点に上ります。

「クッキー作りの楽しさをより広めたい」という想いのもと、型の販売のみならずクッキー型作りのワークショップを開催しているという噂を聞き、お菓子作り好きな編集部員が実際に体験してきました。ワークショップの楽しさや難易度を細かくレポートします!

ワークショップに参加したのは

Photo by macaroni

(左)macaroni カメラマン / さねやん
広告、報道、雑誌などさまざまな分野の撮影に携わったのち、macaroniに参加。フード撮影も人物撮影さながらに「かわいいね〜!」とほめるスタイルを貫く。“macaroniのクッキーモンスター”の異名をもつほどのクッキー好き。

(右)macaroni編集部 レシピ・ヘルス&ビューティー担当ディレクター / おみず 
関西出身、寿司屋の娘。管理栄養士の資格を持っている。仕事終わりのビールとおいしいパン屋巡りが何よりの楽しみ。お菓子作りは好きだが、どちらかというと食べ専。

教えてくれたのはこの人

Photo by macaroni

モンペラ先生(@monperamickey )
クッキー型アーティストとして活躍するモンペラ先生。JSAサロネーゼアイシングクッキー認定講師の資格をもち、元はアイシングクッキー講師として活動されていたそうです。その後、物作り好きが講じてクッキー型を専門に作るように。

アイシングとクッキー型作りの技術を掛け合わせた繊細な作品が、SNSやメディアで話題を呼んでいます。気になる方は、先生のインスタグラムをチェックしてください。

まずは、簡単な型作りで練習!

1. アルミ板をカットする

Photo by macaroni

まずは、器具の使い方に慣れるために、簡単な型作りからスタート。

使用するのはアルミ板。既製品はステンレスのものが多いそうです。「ステンレスのほうが丈夫ですが、やわらかくて扱いやすく、作品の自由度が高いアルミのほうが僕は好きです」と、先生は云います。

手を切らないように軍手をつけ、物差しとカッターを使い慎重にカットしていきます。ステンレスよりやわらかいとはいえ、結構な力作業です!

2.ペラモンパイプを使って成形していく

Photo by macaroni

次に、カットしたアルミ板をクッキー型に成形していきます。主に使うのは、こちらの筒状の棒たちは、通称 “ペラモンパイプ” といい、モンペラ先生のプロデュース品です。

ちなみに、マトリョーシカのように収納でき、持ち運びにぴったりな仕様です。旅先で突然クッキー型を作りたくなっても、これがあれば安心ですね。

Photo by macaroni

冗談はさておき、教わったペラモンパイプの使い方をご紹介します。初めは、簡単なクローバーの型を作りながら基本動作を覚えます。

写真のように、パイプをアルミ板に押し当て、指で上から力を加えていきます。すると、綺麗なアーチができあがります。これを繰り返しながら、作りたい型のイメージにあわせて、パイプの太さを使い分けていきます。

Photo by macaroni

不器用だからこんなのできるわけがない……!と思ったそこのあなた、ご安心ください。先生がお手本を見せながら、ひとりずつ丁寧に教えてくれますよ。

直角に曲げたいときはペンチを使ったり、緩やかなカーブをつけたいときは指の腹を使ったり。自由に成形していきます。

3. ガイドラインをつける

Photo by macaroni

次に、“ガイドライン”のつけ方を練習します。ガイドラインとは、クッキー生地をくり抜く際に、生地に模様を付けるための部分。

この練習では、上の写真にある型「ハートギュッとクマさん(命名モンペラ先生)」を作っていきます。

ガイドラインをつけるのは、クマの右半身の部分。外枠よりも3ミリほど幅を狭くカットしたアルミ板を使用し、高低差をつけることで、クッキー生地が断裂せず模様がつく仕組みになっています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ