ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

大切な日のお祝いに。「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ®」のルームサービス

Photo by macaroni

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのルームサービスは、ケーキやお花で、特別な日をお祝いするセレブレーションセットや、ボリューム満点の丼ぶりやリゾットなど幅広いメニューがラインナップしています。 ルームサービスの提供時間は、朝7時から夜24時までと夜中まで注文できるのも嬉しいポイント。今回は、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」に潜入し、ルームサービスを堪能してきました。

「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」について

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(外観)
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタは、海にまつわる物語、伝説からインスピレーションを得た東京ディズニーシーの玄関口であり、7 つのテーマポート (寄港地)のひとつとなるメディテレーニアンハーバーに位置しています。
パークからの外観
ホテル名の“ミラコスタ”(MiraCosta)は、イタリア語で“海を眺めること”を意味しており、その名のとおり、ホテルからはパークのすばらしい眺めや、 遥か東京湾を一望できるほか、メディテレーニアンハーバーで行われるエンターテイメントも楽しむことができます。
18世紀から19世紀にかけてのエレガントなイタリアの建築様式と装飾が取り入れられ、内装には海をテーマにした東京ディズニーシー内という立地にふさわしく、海にまつわる生き物やディズニーキャラクターがさりげなく組み込まれています。

編集部おすすめ!ルームサービスメニュー

Photo by macaroni

ルームサービスは、TV画面、サービスホットライン(電話)で注文できます。注文すると、キャストがお部屋まで届けてくれます。
「ブレックファスト」をはじめ、ディナータイムの「セットメニュー」、アラカルトなど約50種類もの豊富なメニューがラインナップ。今回は、そのなかから、macaroni編集部おすすめの7つのメニューをご紹介します。

セレブレーションセットA(シャンパン付き)

Photo by macaroni

【プラン内容】 ■オリジナルケーキ ■シャンパン ■フラワーアレンジメント 価格:¥13,700 ※サイズは目安です。
まずご紹介するのは、お祝いや特別な日にふさわしい「セレブレーションセットA」。オリジナルケーキ(ショートケーキ W11cm×H7cm)と、シャンパン(ハーフ 375ml)、フラワーアレンジメント(花器のサイズ:直径W12cm×H9.5cm)のセットです。

Photo by macaroni

ケーキには、メッセージプレートが添えられています。今回は、”Happy Anniversary”にしましたが、シーンに合わせて希望のメッセージを描いてもらえます。

Photo by macaroni

フラワーアレンジメントも付いてきます!お花は季節によって異なります。

Photo by macaroni

花器も特別な日にぴったりのデザイン。器ごと持ち帰りが可能なので、お花を変えて自宅でも楽しめます。今回ご紹介した「セレブレーションセットA」のほかに、「セレブレーションセットB」(オリジナルケーキ/フラワーアレンジメント)も用意されています。セレブレーションセットは、下記のオンライン予約・購入サイトにて、希望日の3日前の20:59まで予約が可能です。

ミッキーハンバーガー

Photo by macaroni

価格:¥3,700
ミッキー型のバンズに、シャキシャキの新鮮野菜と分厚いパティがサンドされたミッキーハンバーガー。サンドしきれないくらい、具材がたっぷりでボリューム満点!つけあわせに、ピクルスとチーズがたっぷりかかったポテトが添えられています。ソースは、バーベキューソース、テリヤキソース、トマトソースからお好みで1つ選べます。今回はトマトソースで注文しました。

ステーキ丼

Photo by macaroni

価格:¥3,700
がつんとしたものを食べたい時におすすめな、ステーキ丼。味噌椀、香の物、フレッシュフルーツが付いてきます。

Photo by macaroni

写真の通りお肉がたくさんのっていて、満足感がとても高いどんぶりでした。素揚げしたししとう、たまねぎ、しいたけが添えられており、最後まで飽きずに食べられます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS