ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ミスドの反則級アレンジに挑戦!

Photo by muccinpurin

しっとりふわふわの生地をハニーグレーズでコーティングした、ミスドの人気ドーナツ「ハニーディップ」。そのままでも充分おいしいハニーディップが、あるひと手間を加えるだけで止まらない味になるのだとか。

ミスドファンのあいだで話題になっているという、甘い×しょっぱいの反則級アレンジをご紹介します!

「とろとろチーズハニーディップ」の作り方

材料

Photo by muccinpurin

・ハニーディップ
・ピザ用チーズ……1個につき30~50g
・粗挽き黒胡椒……適量

作り方は…チーズをのせて焼くだけ!

Photo by muccinpurin

まずはハニーディップを半分にスライスします。パン切りナイフがあるとうまく切ることができますよ。ハニーディップはかなりやわらかいので、つぶさないよう気をつけてくださいね。

Photo by muccinpurin

半分にスライスしたハニーディップに、ピザ用チーズをたっぷりのせます。量の目安はドーナツ1個につき30~50g、たっぷりとのせたほうがチーズがよく溶け、おいしく仕上がりますよ。写真では40gほどのチーズをのせています。

チーズをたっぷりとのせたら、トースターでチーズが溶けるまで焼きましょう。このとき上半分のドーナツは、ハニーグレーズがかかっている表面を上にして焼いてくださいね。

Photo by muccinpurin

焼き上がったドーナツに、粗挽き黒胡椒をパラリと振って完成。たっぷりのせたチーズが溶けて流れるビジュアルは、食欲をそそります!

キャラメリゼされたかのように、カリッとろ~ん!

Photo by muccinpurin

アツアツを頬張ると……表面のハニーグレーズがキャラメリゼされたようにカリカリ!温められたドーナツ部分は、通常よりもふわふわ感がアップしていますよ。さらに、焼くことではちみつが溶けて風味が際立ち、香りだけでもごちそう~♪

半分に割ってみると、溶けたチーズが伸びる、伸びる!これぞとろとろチーズハニーディップの真骨頂です。チーズの量を躊躇するとこうはいかないので、ぜひたっぷりのせてくださいね。

Photo by muccinpurin

溶けたチーズに黒胡椒をかけることで、はちみつの甘さとのコントラストが楽しめます。まるでクアトロフォルマッジ(※)のようで、無限に食べられそうな気さえします。胡椒の風味が大きなポイントになるので、できれば挽き立ての粗挽きをおすすめします。

ミスドのドーナツはどれも完成度が高いので、そのまま食べる以外のアレンジなんて考えもしませんでしたが、ほんの少しの工夫でこうも格上げされるとは!

冷めるとチーズが固まって魅力が半減してしまうので、火傷に気をつけながら焼きたてを召し上がれ♪

※4種のチーズをのせて焼いたピザにはちみつをかけたピザ

おつまみにもよさそうなドーナツに変身!

Photo by muccinpurin

とろ~り溶けたチーズに粗挽き黒胡椒のピリリとした風味が際立つ、「とろとろチーズハニーディップ」。

シンプルなハニーディップにチーズと黒胡椒を加えただけで、甘じょっぱい悪魔的な味わいが楽しめます。軽い食感の生地と、 “熱いうちに食べるのがおいしい” という本能が働き、カロリーを気にすることなくあっという間にペロリ。

甘じょっぱい味わいはおやつだけでなく、キリッと冷やした白ワインとの相性もよさそうです。5分ほどでできる簡単アレンジなので、ぜひ試してみてくださいね!
Photos:8枚
皿にふたつ並んだハニーディップ
ハニーディップ、ピザ用チーズ、粗挽き黒胡椒が並んだテーブル
半分にスライスしたハニーディップ
ピザ用チーズをのせたハニーディップ
チーズをのせて焼いたハニーディップに黒こしょうを振ったもの
半分に割ったとろとろチーズハニーディップ
溶けたチーズを伸ばす様子
白い皿にのったとろとろチーズハニーディップ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS