ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

うにくを簡単に再現できる!魅惑の調味料

Photo by muccinpurin

ヘルシー志向が高まる一方で、贅を尽くした究極の料理として数々のレストランで提供される “うにく” 。うにと肉という主役級の2品を組み合わせて作られるうにくは、誰もが一度は食べてみたいと願う憧れの料理です。

そんなうにくを家で手軽に味わえるアイテムをカルディで発見。カルディらしいコストパフォーマンスの高さと使い勝手のよさをレポートします!

“うにく” とは…

Photo by macaroni

うにと牛肉を組み合わせた魅惑のギルトフード、うにく。牛肉にうにをのせるという贅を極めたアイデアレシピは、インスタグラムから火が付いたと言われています。

ローストビーフにうにをトッピングしたり、熟成肉のたたきにこぼれんばかりのうにをオンしたり……どれもシズル感たっぷりでフォトジェニック!その進化はとどまることを知りません。

カルディ「万能うにソース」

Photo by muccinpurin

「万能うにソース」378円(税込)
カルディから発売されている「万能うにソース」は、パッケージに大きく “お肉にあう” と書かれた、まさにうにくのために生まれたようなソース。黄金色に輝くボトルが、売り場でひときわ目を引いていました。パッケージデザインもまさにうにそのもの!

たった378円で手に入る

Photo by muccinpurin

「うにエキス使用」と表記されていますが、気になるその原材料をチェックしてみましょう。砂糖、しょうゆなど基礎調味料のあとにキラキラと輝く「うにエキス」の文字。さらに、ポークエキスや魚醤まで入って、うにの旨みをさらに高めているようですね。

そして特筆すべきはそのお値段。通常、スーパーや鮮魚店でうにを買おうとすると、質にもよりますが1,000円から高いものだと2,000円は下りません。いくら憧れのうにくを食べるためとはいえ、そこまでの投資は気が引けますよね。

その点うにソースは、1本に235gたっぷり入って378円とかなりリーズナブル。賞味期限も比較的長く、使い勝手のよさを加味してもかなりお得な気がします。

香りがすでにごちそう!黄金に輝くソース

Photo by muccinpurin

黄金色に輝くうにソースは、磯の香りがプンプン!ひと匙舐めてみると、うにの香り旨みがブワッと口いっぱいに広がります。たったひと匙なのにこの旨み、うにソースなかなかのインパクトです!これがお肉にかかったことを想像しただけで……♪ むしろ香りだけでごはん1膳いけそうです。

さっそくもうひとつの主役、お肉とマリアージュさせてみましょう。

ローストビーフとうにソースのマリアージュ!

Photo by muccinpurin

何を隠そう筆者、うにくを食べるのは初めての経験。大好きなうにとローストビーフを脳内調理しただけで外さないことはわかっています。が、うにくを前に興奮を抑えるのに必死です。

金色のうにソースをローストビーフにたっぷりと……。せっかくのうにくデビューですから、おしげもなくうにソースをかけさせていただきます!
Photos:12枚
うにソースをかけたローストビーフ
肉にうにがのった料理
万能うにソースのボトル
うにソースの原材料表示
うにソースをスプーンですくう様子
ローストビーフにうにソースをかける様子
うにソースをかけたローストビーフ
ベビーリーフを包んだローストビーフ
ローストビーフをのせたうにリゾット
スプーンですくったうにリゾットとローストビーフ
万能うにソースのパッケージ
万能うにソースのボトルとうにソースをかけたトーストビーフ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS