ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

カルディならこれ!押さえておけば間違いないスイーツ

Photo by muccinpurin

数あるカルディの人気商品のなかでも、「これさえ押さえておけば間違いない!」と多くの人が太鼓判を押すポロショコラ。

この記事では、ホワイトチョコレートを使ったミルキーな味わいの「ポロショコラ ホワイト」をレビュー。オリジナルのチョコ味との違いなど気になる味わいをご紹介します。

ラグノオ ポロショコラ ホワイト

Photo by muccinpurin

「ラグノオ ポロショコラ・ホワイト」358円(税込)
「ラグノオ ポロショコラ」といえば、カルディの超売れ筋アイテム。以前macaroniでもその魅力をご紹介しましたが、緑色のクラシックなパッケージに包まれたチョコレートケーキは、どっしりと濃厚な味わいでファンも多いんですよね。

カルディの売れ筋商品とお伝えしましたが、実際に製造しているのは、青森県弘前市に工場を構える「株式会社ラグノオささき」という会社。ポロショコラをはじめ、青森の名産品でもあるりんごを用いたお菓子を製造しています。

Photo by muccinpurin

原材料は、チョコレート(ココアバター、全粉乳、砂糖、乳糖)、小麦粉、マーガリン、などなど。

常温商品で日持ちもするので、ストックしておけばおやつやちょっとしたおもてなしに重宝しそうですね。

カット済だから取り分けラクラク♪

Photo by muccinpurin

筆者もポロショコラのファンで何度も食べていますが、なんと言ってもあらかじめカットされているので、取り分けがラクラク。まな板も包丁も汚すことなく、等分にカットされたケーキを味わうことができます。

1袋5個入りで、100gあたりのカロリーは476kcalと表記されていましたよ。

甘さ控えめ、みっちり濃密!

Photo by muccinpurin

きめ細かで濃密な生地をひとくち頬張ると、ホワイトチョコレートの香りがふわり。以前ご紹介したオリジナルのポロショコラはビターな味わいでしたが、ホワイトチョコレートバージョンはもっとやさしい味わいです。ホワイトチョコとはいえ甘すぎず、ついつい食べ過ぎてしまいそう。

Photo by muccinpurin

どことなくチーズの香りがしたのが気になり材料をチェックしてみると、ナチュラルチーズの表示が。チーズケーキほどの主張はありませんが、ホワイトチョコのミルキーな甘さと、まろやかなチーズのコクがベストマッチ!隠し味のおかげで上品な味に仕上がっていました。

コーヒーはもちろん、紅茶との相性もよさそう。ホワイトチョコレートと相性のいいベリー系のフレーバーティーと合わせれば、センスがいいって褒められちゃうかも!?

軽く温めると風味アップ!

Photo by muccinpurin

そのままでも充分おいしいポロショコラですが、耐熱皿にのせて600wのレンジで20~30秒温めるだけで、しっとり食感がふわふわに変化。温めることでホワイトチョコレートとチーズの風味が際立ち、ひと味違った味わいが楽しめますよ。

ポロショコラホワイトは通販で購入可能♪

Photo by muccinpurin

ポロショコラホワイトはファンが多く、358円というコスパの高さもあり、店頭に並んでもすぐ品切れしてしまうのだとか。筆者も今回倉庫から取り寄せてもらい、やっと手に入れることができました。

カルディの店頭にない場合は、ぜひオンラインショップをチェックしてみてくださいね。
Photos:9枚
木のボードに並んだポロショコラホワイト
ポロショコラホワイトのパッケージ
ポロショコラホワイトの原材料表示
パッケージから出したポロショコラ
皿にふた切れ並んだポロショコラホワイト
フォークで持ち上げたポロショコラホワイト
ポロショコラホワイトをフォークでカットする様子
ポロショコラホワイトのパッケージ
木のボードに並んだポロショコラホワイト
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ