ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

SNSで話題の「kiki麺」って何者?

Photo by akiharahetta

SNSを中心にひそかに話題になっている「kiki麺」。台湾のお土産から人気に火が付いた商品で、インスタントの汁なし麺とのことなのですが……。

それならほかにも似たような商品はたくさんあるはず。なぜ注目されているのでしょう?実際に食べてみようと思い、取り扱いのあるカルディへ向かった筆者。ところが、あいにく在庫切れ。やっぱり人気があるようです。

ダメ元で公式オンラインショップにアクセスしてみると、なんとか入手成功!よかった~。というわけで、さっそくご紹介していきましょう♪

SNSでの人気ぶりをチラリと覗いてみた

Photo by akiharahetta

SNSで人気とお伝えしましたが、どんな口コミがあるのか見てみましょう。おお~!ハッシュタグ検索をすると、500以上の投稿を発見。特定の商品タグ数ではなかなか多い方だと思います。

「台湾のCAさんイチオシ」「台湾旅行のとき必ず買っていた」「まるで生麺みたい」と、気になるコメントがいっぱい。どうやら知る人ぞ知る商品のようですよ。

「kiki麺」の一番人気。花椒チリーまぜそば

Photo by akiharahetta

300円(税込)
無事に入手できた「kiki麺」がこちら!台湾のkiki食品雑貨が手がけるインスタント汁なし麺です。数種類の味があり、一番人気は椒麻拌麺(花椒チリーまぜそば)。赤い文字が目印ですよ。

台湾・四川料理の名店「kiki餐庁」の味をおうちで

四川料理の名店「kiki餐庁」の味を家庭で楽しめるように開発された商品なのだそう。「kiki餐庁」は台湾好きの間では名の通ったお店で、旅行の際は必ず訪れる人もいるんだとか。かわいらしい名前の由来は店名だったんですね。

添加物を一切使わない。3つの材料で作られた本格麺

Photo by akiharahetta

ではでは、さっそく開封して中身を確認。乾麺とタレ、それに一味唐辛子らしきスパイスが入っていました。麺はストレートで、生麺をそのまま干したような形をしています。台南の強い日差しで2日間天日干しする昔ながらの作り方をしているそうですよ。

添加物をいっさい加えず、小麦粉・食塩・かんすいのみのシンプルな材料で作られた本格麺で、ツルツルシコシコした食感なんだとか。最高品質麺とのことで期待値はかなり高めです。さっそく作っていきましょう。

お手軽このうえない。kiki麺の食べ方

1. たっぷりの湯で5分ゆでる

Photo by akiharahetta

インスタント麺というだけあり、作り方はごくごく簡単。ゆでてタレを絡めるだけです。鍋にたっぷりの湯を沸かしてゆでていきましょう。

ゆで時間は3~5分。麺を投入したら自然にほぐれるまであまりいじらないでくださいね。麺からでんぷん質が溶けだしてしまうと食感を損なう可能性があり、実にもったいない。最後の1分でほぐせばOKです。
Photos:10枚
青い皿にkiki麺がのっている
汁なし麺を箸で持ち上げている
木のテーブルの2袋のkiki麺が並んでいる
青い皿にゆでる前のkiki麺がのっている
湯を張った鍋で麺をゆでている
白いボウルに入った中華麺にタレを絡めている
kiki麺とできあがった汁なし麺
汁なし麺にのった卵黄を箸で割っている
kiki麺と貝殻などのテーブルコーディネート
kiki麺とひき肉卵がのった汁なし麺
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS