ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ポロショコラの魅力を徹底解剖!

Photo by muccinpurin

カルディで販売されているお菓子のなかでも、王道のおいしさでファンが多い「ポロショコラ」。クラシックなパッケージと変わらぬ味わいで、長く愛されている鉄板スイーツです。

この記事では、ポロショコラの魅力を徹底解剖。じっくり味わってみると、 “売れてる理由” がわかりました。甘いもの好きさん必見です!

ポロショコラとは?

Photo by muccinpurin

どこか懐かしい緑色のパッケージに包まれたチョコレートケーキです。名前だけではピンと来なくても、パッケージを見れば思い出す方も多いのではないでしょうか。

お買い得プライスにもかかわらず上品な味わいでファンが多い、カルディを代表するチョコレート菓子です。

ラグノオ ポロショコラ

Photo by muccinpurin

「ラグノオ ポロショコラ」358円(税込)
ポロショコラの製造者は、青森県に工場を構える「株式会社ラグノオささき」という会社。

カルディのオリジナルアイテムではないのでほかのお店でも扱いがあるようですが、筆者の頭のなかではポロショコラ=カルディの印象が強く残っています。常温保存できるので、買い置きしておくといつでも食べられて便利なんですよね。

カットする手間いらず!

Photo by muccinpurin

ポロショコラの素晴らしいところは、すでに5等分にカットされているところ。しっとりとした重厚なケーキは生地が包丁につきやすく、きれいにカットするのがむずかしいんですよね。その点ポロショコラはすでにカットされているので、あとは皿に移すだけですぐ食べられます。

しかも、しっとりした生地が容器に付かないように、薄いフィルムに包まれているのもポイント。このフィルムを両手で持ってそっと持ち上げ、皿をかぶせてひっくり返せば形を崩すことなく、手を汚さずに盛り付けることができます。この小さな気遣いが愛される理由でもありますね。

魅惑のしっとり感はお値段以上!

Photo by muccinpurin

もう何度も食べてきましたが、改めてじっくりと味わってみると、非常によくできているなとしみじみ。 “ふわふわ” とか “やわらか” が魅力のケーキがもてはやされるなか、ポロショコラの濃密などっしり感はぶれずにずっと貫き通された食感。フォークでカットするにしても、生地の濃密さからしっとり感の強さが伝わってきます。

国内製造のチョコレートを使い、ココアパウダーを合わせることで甘さがしつこ過ぎず、ついつい食べ過ぎてしまいます。

パティスリー並みのクオリティ

Photo by muccinpurin

空気がほとんど入っておらず、パウンドケーキよりもしっとりしているので、どちらかといえばテリーヌに近い食感です。

シンプルでスタイリッシュな見た目もパティスリー顔負けで、白いプレートに盛り付けてホイップとフルーツを添えれば、レストランのデザートで出てきてもおかしくありません。それが1本358円で販売されているというのだから毎回驚かされます。

ひと切れの厚さは2.5cmほどですが、その濃厚さゆえひと切れで充分お腹も心も満たされます。ビターな味わいで、暑い夏でもすっきりと食べやすいポロショコラは一年中食べたくなるスイーツです。
Photos:9枚
小皿に2切れ並んだポロショコラ
袋から出したポロショコラ
ポロショコラのパッケージ
パッケージから取り出したポロショコラ
小皿に盛ってフォークでカットしたポロショコラ
フォークで持ち上げたポロショコラ
フォークでカットしたポロショコラ
袋から出したポロショコラ
フォークでカットしたポロショコラ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS