ライター : 川端葉子

ライター

ライター歴25年。アイス&あんこ&泡ワインがやめられないアラヒフライターです。地元しずおかのグルメや見どころを新鮮な切り口でレポしたいです!

富士山を眺めるなら!話題の「日本平夢テラス」

Photo by 川端葉子

2018年11月にオープンした「日本平夢テラス」。標高300mの丘陵地「日本平」の山頂に建てられた施設です。静岡県産のヒノキやスギをふんだんに使った3階建ての展望施設と、屋外に張り出した展望回廊で構成されています。

駿河湾越しの富士山、眼下には清水港が広がり、伊豆半島や南アルプスまで一望できるパノラマビューは、まさに至福の絶景!

そんな日本平からの眺めもさることながら、夢テラスそのものが放つオーラにも魅了されてしまいます。

Photo by 川端葉子

それもそのはず!設計者は日本が誇る有名建築家、隈研吾さん。東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の設計を手がけた建築家です。

隈さんのサイトでは、「法隆寺の夢殿にヒントを得て、八角形というジオメトリーに挑戦した」と記されています。「このユニークなジオメトリーに、木の枝のような複雑性を与え、外の富士山と呼応する、森のようなインテリアを創造した」とも。

確かに!館内に入ると、森に抱かれているような温もりに包まれます。

日本平について学べる、1階の展示エリア

Photo by 日本平夢テラス

1階の展示エリアでは、日本平に関する歴史や文化、地形の成り立ちについて、グラフィックパネルやプロジェクションマッピングなどを使ってわかりやすく紹介されています。

歴史を知ると景色が違って見えてきますよね。まずは予習してから上階へ。

壮大な眺め!2階のカフェ「茶房 夢テラス」

Photo by 日本平夢テラス

吹き抜けの階段を上がっていくと、2階はカフェエリア。一面ガラス張りの店内は、どこからも雄大な富士山と駿河湾の絶景を眺めることができます。

メニューは静岡県産のお茶をはじめ、静岡生まれのイチゴやミカンなど旬の食材を使ったスイーツやドリンク、お茶漬けなど。舌で静岡を楽しめます。

Photo by 川端葉子

富士山に見惚れていると、ガラスに描かれた富士山のイラストを発見!富士山が見えない日でも位置がわかるようにとの配慮でしょうか。心にくい演出です。

お茶の味と香りを比べて楽しむ「静岡茶テイスティングセット」

Photo by 川端葉子

800円(税込)
おすすめは、3種類のお茶を飲み比べできるセット。写真左から「煎茶」「ほうじ茶」「和紅茶」です。

どれも飲み慣れているはずなのに、こうしてあらためて飲み比べると、繊細な味や香りが際立ち、敏感に感じ取ることができるから不思議。日本一の富士山を眺めながら、静岡茶の奥深さにしみじみ。

静岡イチゴを贅沢にトッピング「夢ワッフル」

Photo by 川端葉子

700円(税込)
「夢ワッフル」はサクフワのワッフルに、フレッシュな静岡産石垣イチゴと果肉ソースがたっぷり。生クリームの甘味とフルーツの酸味が絶妙なバランスです。

静岡県産の和紅茶がよく合います♪ ゆったり幸せなひとときですね。

静岡産の抹茶を使った「抹茶ラテ」「富士山どら焼き」

Photo by 川端葉子

700円、300円(ともに税込) ※抹茶ラテ、富士山どら焼きの順
抹茶の生産量でも全国3位を誇る静岡県。やさしい香りと爽やかな喉越しが特徴の静岡抹茶も、ぜひ味わってほしいです。

お茶のお供は、オリジナルの富士山の焼き印が施されたどら焼き。皮に厚みがあってふっくら。小豆のほっとする甘さに自然と心が和みます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ