保存期間・保存方法

ピーマンの肉詰めは冷蔵保存と冷凍保存ができます。ひとつずつラップで包み、密閉できる容器や袋に入れて保存しましょう。

冷蔵する場合は2~3日、冷凍する場合は1ヶ月を目安に食べきってください。

管理栄養士のコメント

ピーマンに豊富な栄養素のひとつが、抗酸化作用がある「β-カロテン」です。β-カロテンは油で調理すると吸収率が高まる性質があります。ピーマンの肉詰めを作る際、調理油を使うことで、栄養を効率よく摂れますよ。

また、ピーマンには、肌の健康維持に役立つ「ビタミンC」も豊富。 ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いため、加熱調理時の損失が抑えられます。(※3)

ヘルシーなピーマンの肉詰めのレシピ3選

1. えのきとおからで低糖質。和風ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰めに酢醤油をかけ、大根おろしを添えてサッパリといただくひと品です。ヘルシーに仕上げるポイントは、肉だねに玉ねぎを使わず、より低糖質なえのきやおからを加えること。糖質の摂り過ぎが気になる方におすすめのレシピです。(※2)

2. 油不使用。コリアンダー入りピーマンの肉詰め

電子レンジで作る、豚ひき肉がジューシーなピーマンの肉詰めの簡単レシピです。肉だねにコリアンダーを加え、風味をよくするのがおいしく仕上げるコツ。調理油を使わずに作れるので、簡単にピーマンの肉詰めのカロリーオフができますよ。

3. トースターで作る。カラーピーマンの肉詰め

Photo by macaroni

さまざまな色のピーマンに肉だねを詰め、チーズをのせてトースターで焼くひと品です。調理油を使わないため、ヘルシーに仕上がりますよ。作り置きできるので、ダイエット中のお弁当のおかずにおすすめ。また、赤や黄色のピーマンには、緑色のピーマンよりビタミンCが多く含まれています。(※2)

低カロリーなピーマンの肉詰めを作ろう!

ピーマンの肉詰めのカロリーを抑えるポイントは、肉だねに使うひき肉の種類です。ひき肉のなかでもっともカロリーが低い鶏ひき肉を使うことで、ぐっとヘルシーに仕上がりますよ。淡白な味わいにならないよう、照り焼き味で仕上げることで、おいしくいただけます。

ほかにも、電子レンジやトースターを使い、調理油を使わずに作るのもおすすめ。ぜひ、低カロリーなピーマンの肉詰めのレシピを試してみてくださいね。
【参考文献】
※2 新食品ビジュアル成分表 新訂第二版|大修館書店
(2021/01/19参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ