ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

1月22日は “カレーの日”!「ISETAN 冬のカレーフェス」開催

Photo by 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

昨年の夏に続き、好評の「ISETAN カレーフェス」の第3回が開催決定!2021年1月20日(水)より、伊勢丹新宿店と公式オンラインショップにて開催されます。

東京のカレーショップを中心に10店舗以上のさまざまなカレーが登場。また、店頭でおうちでも楽しめるレトルトや、冷凍カレーも多数販売されますよ♪

この記事ではいくつかの注目店舗をご紹介していきます!

完全予約制の話題店!東京・千歳船橋「カルパシ」スリランカチキンカリー

Photo by 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

価格:972円(税込)
2016年、待望の実店舗「Kalpasi(カルパシ)」を世田谷区の千歳船橋にオープン!完全予約制によりオープン以来予約困難の人気店です。店主がカレー屋を開業する前に何度か訪れたスリランカで、もっとも衝撃を受けたカレーだそう。

数種類のスパイスをローストしてビターな仕上がりに。パンチの効いたカレーを求めている方にぜひ味わって欲しい逸品です。

ISETANカレーフェス限定!大阪「旧ヤム邸」あいがけキーマカレー

Photo by 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

価格:1,188円(税込)
2011年に「旧ヤム邸空堀本店」がオープン、ついで大阪に2店舗目を出し、スパイスカレーブームの一躍を担う人気店に。2017年に東京・下北沢に進出し、現在のカレーシーンの中心として人気を博しています。

季節の食材を織り交ぜた「季節の野菜の和風鶏キーマカレー」と約20種のスパイスを効かせた「Spicy牛豚(ぎゅうとん)」キーマを大胆に盛り合わせた2種を一度に楽しめる「あいがけキーマカレー」。

大阪スパイスカレーの特徴でもある、和風だしの隠し味でどこか親しみやすい味わいです。スパイス感たっぷりのキーマカレーは必食!

人気店の味をおうちでも!

東京・荻窪「すぱいす」骨付きチキンカリー

Photo by 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

価格:1,201円
荻窪に店舗を構え、清らかで爽快な余韻が心地よいスパイシーカリーが人気。油脂を徹底して控え、小麦粉も不使用。深い旨味とスパイスの芳香がくせになるカレーです。

佐藤氏こだわりの旬の素材やこだわりの素材が楽しめます。また、冷凍カレーの販売もあり、おうちでも「すぱいす」の味を楽しめますよ。

東京・吉祥寺「ピワン」カレー2種盛りセット

Photo by 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

価格:1,620円(税込)
2012年より吉祥寺にて開業。国、ジャンルに囚われない、店主の石田氏によるオリジナルの創作カレーが楽しめます。店舗で人気の「濃厚海老カレー」と、「ハーブキーマカレー」が見た目も楽しい2種盛りで登場。

カレー以外にもスパイスを感じられる「スパイスチョコグラノーラ」や、「ホワイトチョコ入りカルダモンバナナブレッド」なども楽しめますよ。

「36チャンバーズオブスパイス」レトルトカレー

Photo by 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

価格:432円(税込)
エスニック料理好きの人におすすめなカレーがこちら。「まだまだ知られていないおいしいものをつくる、ひろめる」をモットーに、こだわりのエスニック商材の開発や有名シェフや料理研究家とコラボレーションした商品です。

今回のフェスでは、カレーの名店の味を再現したレトルトカレーが多数販売されます。埼玉・西所沢のスパイスカレーの名店「negombo33(ネゴンボサンジュウサン)」の「ラム キーマカレー」、「ポーク ビンダルー」や東京・吉祥寺「piwang(ピワン)」の「黒胡麻坦々キーマ」、「ど海老カレー」など、人気店のレトルトカレーが勢ぞろいです。
Photos:7枚
数種類のカレーがのった伊勢丹カレーフェスのポスター
銀のおさらにオニオンスライスが乗ったカレーとご飯が半分ずつのってテーブルに置かれている
おさらの真ん中にターメリックライスとサイドにカレーが乗ってテーブルに置かれている
白いおさらに骨つきチキンとカレーとご飯が乗っている
四角いおさらに真ん中にターメリックライスサイドに2種のカレーが乗ってテーブルに置かれている
レトルトカレーが4つ置かれている
紫や水色のパッケージが5つとスパイスが並んで置かれている
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS