ライター : はるひ

食&雑貨マニア

子育ての息抜きは雑貨屋めぐりと料理。キッチングッズやアイデア収納の本を読むのも好きです。毎日がちょっとたのしく便利になる、気分を上げてくれる、そんな生活のヒントになるような…もっとみる

電気ケトルの選び方

注ぎ口をチェック

電気ケトルの注ぎ口は、大きく分けて「くちばし型」と「コーヒードリップ型」の2種類です。くちばし型は注ぎ口が広く、お湯を素早く注げるのが特徴。注ぎ口からケトルまでの距離が短く広いため、洗いやすく汚れが残りにくいですよ。

一方コーヒードリップ型は、お湯の量が調整しやすく、少しずつ注げるのがメリット。その名のとおりドリップコーヒーを淹れるのに適したタイプです。

容量をチェック

容量は使用人数を目安に選びます。たとえば飲み物に使う場合、1杯を200ml弱と考え、プラスで少し余裕があると使いやすいです。1〜2人なら600ml以上、3人より多い場合800ml以上がおすすめ。

主に調理用として電気ケトルを使うなら、1L以上だと使い勝手が良いですよ。また、容量が大きいほどケトル本体のサイズも大きくなるので、設置場所を確保しておきましょう。

機能性をチェック

電気ケトルは温める以外に、便利機能が付いているものもあります。

「温度調整機能」はできあがり温度の調整が可能。コーヒーは80〜95度、煎茶は70〜80度にするなど、その都度最適な温度のお湯が沸かせます。

「保温機能」は何回かに分けて熱いお湯を使いたいときに便利です。温かい飲み物をおかわりしたいときや、赤ちゃんの粉ミルクを溶かすときに役立ちます。

「安全機能」も要チェック。うっかり倒してもお湯がこぼれない設計だと安心して使えますよ。

【ステンレス製】おしゃれな電気ケトル3選

ステンレス製は、落としたり倒したりしても傷が付きにくく丈夫です。汚れを落としやすいところもポイント。長くきれいに使えますよ。

メタリックな質感を活かした、スタイリッシュなデザインが多いのも特徴です。

1. ラッセルホブス 「カフェケトル」

ITEM

Russell Hobbs(ラッセルホブス)Cafe Kettle(カフェケトル)7410JP

¥7,600〜

サイズ:約幅25.5×奥行き13×高さ22cm 容量:1L 重量(ケトル本体):約730g

※2021年1月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ