ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ローソンの新作映えスイーツ

Photo by muccinpurin

2021年1月12日(火)、ローソンから新作スイーツ「まるごと苺みるく大福」が発売されました。

ミルキーな練乳クリームとフレッシュないちごをまるごとひと粒閉じ込めた贅沢な大福は、春の訪れを予感させる甘酸っぱさが特徴。とろんとやわらかなお餅の食感にも注目です!

ローソン「まるごと苺みるく大福」

Photo by muccinpurin

「まるごと苺みるく大福」175円(税込)
年が明け、コンビニのスイーツコーナーに目をやると、イチゴ、いちご、苺!寒い日が続き、まだまだ春は先だとわかっていつつも、ピンク色の苺アイテムを見ると、気分が明るくなりますよね。そしてもれなく手に取ってしまいます。

この度発売された「まるごと苺みるく大福」は、その名の通りひと粒のいちごを包み込んだ贅沢な大福。発売当初は珍しがられたといういちごと大福の組み合わせも、いまや誰もが認める王道コンビになりました。

Photo by muccinpurin

通常はあんこと生クリーム、いちごを使ったいちご大福が一般的ですが、ローソンの苺みるく大福はクリームに練乳を使っているのが特徴。

いちごと練乳といえば切っても切れない存在ですもんね。甘酸っぱいいちごとお餅、練乳クリーム……食べる前からおいしいことを予感させる組み合わせに、心が躍ります♪

Photo by muccinpurin

半分にカットしてみると、まるごと苺みるく大福のネーミングの通り、完熟いちごがお目見え。真っ赤ないちごのフレッシュな香りがたまりません!

練乳×いちごはやっぱり名コンビ!

Photo by muccinpurin

新潟県産もち米粉(羽二重粉)を使ったというお餅生地は、やわらかすぎず歯切れがよく、いちごやクリームとちょうどいいバランスです。あまりモチモチしすぎていると噛みきれずにお餅だけ口に残ってしまうので、筆者としてはかなり好みの固さでしたよ。

ほんのりミルキーな練乳クリームの甘さと、いちごのジューシーさが絶妙。やはり練乳といちごの組み合わせは鉄板です!お上品にフォークで食べましたが、まるごとかぶりついたほうが断然おいしいのでおすすめします!

Photo by muccinpurin

いちご大福といえばあんこと生クリームを使ったものが定番になりつつありますが、あえてクリームといちごだけにしたことで、いちご本来の甘酸っぱさや香り、ジューシーさが存分に味わえました。大福とはいえあんこを使っていないので、ぐっと洋菓子よりの印象でした。

いちごも完熟のものが使われていて、粒もほどよく大きく物足りなさがなかったのも高評価。個人的には練乳クリームがもっと入っていてもいい気がしましたが、ここは好みの問題かもしれません。

シンプルイズベスト!いちご推しの大福

Photo by muccinpurin

まるごとひと粒のいちごを使ったローソンの新作「まるごと苺みるく大福」。あんこと生クリームにいちごの組み合わせも捨てがたいところではありますが、いちごの最高の相棒でもある練乳を使ったクリームと歯切れのいいもち生地で包んだシンプルな味わいもかなり魅力的でしたよ。

どちらかといえば洋菓子よりの苺大福は、緑茶だけでなくコーヒーとの相性も抜群。ローソンのまるごと苺みるく大福でひと足早く春の訪れを感じてみてくださいね♪
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:まるごと苺みるく大福
■内容量:1個
■価格:175円(税込)
■カロリー:1個当たり133kcal
■販売日:2021年1月12日(火)
■販売場所:沖縄地域を除く全国のローソン各店
※店舗によって、取り扱いがない場合があります。
Photos:7枚
半分にカットしたまるごと苺みるく大福
まるごと苺みるく大福のパッケージ
パッケージから出したまるごと苺みるく大福
半分にカットしたまるごと苺みるく大福
フォークで刺したまるごと苺みるく大福
半分にカットしたまるごと苺みるく大福
半分にカットしたまるごと苺みるく大福
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS