ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

ココット皿の主な素材は3つ

陶器製

陶器製はココット皿に使われる素材として一般的です。粘土で作られているものは粗い手触り、石灰質で作られているものはつるりとした手触りが特徴。定番の白いココット皿から、重厚感のあるデザインのココット皿まで幅広いバリエーションがあります。重みがある素材なので、落として割れてしまわないよう扱いに気をつけてくださいね。

磁器製

磁器製は陶器製と並ぶ、ココット皿の一般的な素材です。耐久性が高く割れにくいのが特徴。吸水しにくい素材なので、洗ったあとは乾きやすいです。使い勝手がよいので、普段から手軽に使いたいという方におすすめですよ。

耐熱ガラス製

涼し気な印象の耐熱ガラス製は中身が透けて見えるので、デザート用のココット皿としておすすめです。夏に使うと季節感のある食卓になり、そうめんを食べるときにも活躍してくれます。ほかの素材と比べて傷が付きやすく割れやすいため、洗うときや出し入れするときは注意しましょう。

ココット皿の選び方

サイズを選ぶ

ココット皿のサイズは、作る料理の種類にあわせて選びましょう。デザートやソース用には6cm以下の小さいサイズ、6~10cmはお菓子、10cm以上はメインの食事用に向いています。

・~6cm:アイスやゼリーなどのデザート用、ソース、ドレッシング
・6~10cm:ガトーショコラやクリームブリュレなどのお菓子
・10cm~:グラタンやラザニアなどの食事メニュー
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ